>   >   > 

ブッ壊れすぎ! だがそれがいい!!

大原麗子の【封印映画】がゲス・エロ・カオスな展開で素晴らし過ぎる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

RE-OOHARA.jpg


【怪奇・不思議サイトトカナより】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!


 1964年に女優デビューし、『網走番外地』シリーズ(東映)、『男はつらいよ』シリーズ(松竹)など、実に多くの人気作品でマドンナを演じた大原麗子。

 個人的には、テレビドラマ『雑居時代』(73~74年・日本テレビ系)で、居候の主人公(石立鉄男)と言い争いをしながらも、徐々に惹かれ合っていく夏代役に、たまらなく胸キュンしたものだ。

 また80年代には、「少し愛して、長~く愛して」の名台詞で知られるサントリーレッドのCM(演出・市川崑)に、心をときめかせたお父さん世代も多いことだろう。

 そんな昭和を代表する大女優・大原麗子だが、『雑居時代』放送終了後に発症したギラン・バレー症候群で長い闘病生活を経たのち、2009年8月6日に自宅で孤独死(死因は、不整脈による脳内出血)……と、その末路はショッキングなものだった。


■大原麗子出演作品の汚れタイトルが壮観!

 さて、ホームドラマでお茶の間の好感度を得る以前の彼女が、銀幕の上でさまざまな汚れ役をこなしていたことは、巷間であまり語られることはない。

 劇場作品デビューした1965年の出演作品を最初から順番に並べると、『いろ』『ダニ』『かも』(笑)。何となくその内容が計り知れるが、さらに『夜の悪女』『夜の牝犬』『女犯破壊』『非行少女ヨーコ』『赤い夜光虫』と、ビッチなタイトルの作品に連続して出演。そして経験を積んで頭角を現した大原麗子が、ついに手中に収めた初主演作品が『マル秘 トルコ風呂』だった。


■封印映画『マル秘 トルコ風呂』のあらすじを開封!

 19歳の卵子(大原麗子・らんこ)は、東北の温泉町で団体客相手の芸妓(げいぎ。要は売春婦)をしていたが、ある日、気持ちよくしすぎて客を腹上死させてしまう。

 町を去った卵子は上京し、トルコ風呂を経営している高利貸しのナミと知り合う。

 だが彼女はレズで、卵子は関係を結ばれ、ナミの前夫・西条達(全盛期の梅宮辰夫)にもヤラれ、挙句の果てに乱交パーティー要員にされてしまう(嗚呼、麗子さま!)。

 だがナミは、卵子を西条に渡すまいと豪邸に監禁し、レズ三昧の日々。これに西条は怒り心頭! 「ナミのトルコは違法売春させている!」と警察にタレこむ。

 そんな2人に挟まれ面倒臭くなった卵子。ここで彼女に恋愛感情を持つナミの秘書・高原が、逃亡の手助けをする。しかも高原は、ナミから1億円を盗んでいた。卵子は高原が不能であることを知り、男の機能を甦えらそうと一所懸命にがんばる(手コキ? お口? 詳細不明!)。

 だが幼い頃に母親が男と駆け落ちし、引き取って育ててくれたオッサンの息子(淳)が小児麻痺であることを思い出し、高原の金を奪って郷里へと向かう。しかし帰郷してみると、すでに淳は亡き者になっていた。茫然自失の卵子……。

 大原麗子はヌードこそ披露はしなかったが、売春相手を腹上死、レズ行為、乱交パーティー、インポの手助けなど、次々と体当たり演技を披露。僕ら50代前後の世代は、ホームドラマや2度もマドンナを務めた『男はつらいよ』などで観た、セクシー度抑えめ演技でもマイッていたのに、あの潤んだ眼差しとハスキーボイスで、そのような艶技をやっていたのかと想像するだけで悶々とする。観てみたい! 

 しかし、作品のソフト化は、これまで1度もされていない。これはあくまで噂だが、大原はそのような役柄を恥辱的と感じているためか、再上映されないよう東映に働きかけていたという説もある。よって、ソフト化も難しいのだろう。

 真相は、彼女の死をもって闇の中へと消えてしまった。

 さらに現在は、性風俗として現在使用禁止の「トルコ風呂」が冠された題名という要素もあり、ソフト化はより困難を極めている。その経緯を簡単に述べると、1981年にトルコ留学生から名称の変更を直訴され、全日本特殊浴場協会連合会は「トルコ風呂」の名称を廃止。公募により、現在の「ソープランド」に変更したのだ。

 最後に、この作品のキャッチコピーで締めくくろう。「おいで! ベッドがあくびしているよ……梅宮ムードがねっとりからむと、めす猫がのどを鳴らす」。う~ん、「梅宮ムードがねっとり」って(笑)。
(文=天野ミチヒロ)

■『マル秘 トルコ風呂』(1968年公開/東映)
監督:村山新治
脚本:下飯坂菊馬、播磨幸治

■天野ミチヒロ
1960年東京出身。UMA(未確認生物)研究 家。キングギドラやガラモンなどをこよなく愛す昭和怪獣マニア。趣味は、怪獣フィギュアと絶滅映像作品の収集。総合格闘技道場「ファイト ネス」所属。著書に『放送禁止映像大全』(文春文庫)、『未確認生物学!』(メディアファクトリー)、『本当にいる世界の未知生物 (UMA)案内』(笠倉出版)など。新刊に、『蘇る封印映像』(宝島社)がある
ウェブ連載・「幻の映画を観た! 怪獣怪人大集合」

■メンズほどエロくないけど、変な話題が詰まったサイトトカナを覗きませんか?

【この記事よりも、もっと…】
・エロいのが好き→「【牛裂き】解禁されたエロ・グロまみれ映像!
・エグいのが好き→「人肉しゃぶしゃぶ・食人史
・そんなことより、心を洗いたい→「96歳のおじいちゃん、亡き妻への歌が泣ける
・もっと笑いたい→「SMAP・草なぎ剛、実は全裸で除霊してた
・知的なのが好き→「エジプト・吉村作治先生の教え


『網走番外地 南国の対決』


シリーズ第6弾! 舞台は沖縄!!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週