>   > 

すべては金、金、金? 恋よりも愛よりも金を求めたAV女優の独白


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

1021smbijo_fla.jpg
※イメージ画像 photo by Luciano Mello Photographer from flickr

女性向けWebサイト【messy】オープン記念とって出し!

 あるときは高級ホステス、またあるときは潜入取材ライター……好奇心の赴くままに動いてきた20代女子・アスモデウス蜜柑が、「短期集中連載・彼女がAV女優になったワケ」をお届けします!

序章 【AV女優というお仕事の謎に迫る】
第一章【A子の場合…元カレから逃げたくて始めたAV女優という仕事、私には向いてた】
第二章【B子の場合…AV撮影で処女喪失した童顔×Jカップの元単体女優】

■セックスしてる女の子、好き

 C子は元企画モノAV女優。活動期間は、ほぼ毎日働いていた。

 前職はエステティシャンである。都心に実家があり、大手のエステサロンに就職していたというのに、なぜAV女優になったのか? C子は真顔で、「セックスが好きすぎて」と答えた。

 物心ついた頃から兄のエロ本やAVを見る習慣があったC子は、女性の裸体を美しいと感じ、エステティシャンという仕事を選んだ。ところが、仕事をするうちに、自分の好きだったのは女性の裸体ではなく、セックスをしている女性を美しいと感じていたのだと気付いたそうだ。憧れのAV女優も多数存在し、エロの世界そのものにも興味があったというC子は、20歳になってすぐ、2年勤めたエステサロンを辞めた。

「『AV女優になりたいのでプロダクションを紹介してください』って、新宿で他の女の子のスカウトをしていた男の人に声をかけて、この道に入りました」

 物凄い勇気だ。スカウトマンは万々歳だったであろう。C子はハーフのような顔立ちをした、とても容姿の優れた女性だ。

 それから8年。

 企画女優としてのC子は、朝7時~終電超えの時間まで、ほぼ毎日のように働いていた。当時は企画女優も数が少なかったので、ギャラが今のキカタンくらい高かったという。しかし、なぜ企画女優にこだわっていたのか。

「セックスは好きだったけど、顔バレや世間体を気にしていたので、どんなに単体転身を勧められても企画モノにしか出ませんでした。単体女優のAVにエキストラ出演したり、女優が男を犯してるのを見てリアクションをするだけの仕事、フェラチオのみの仕事なんかもありました。複数の企画女優でM男をボコボコにしたり、きわどい衣装をきてポールダンスを踊ったりといった、比較的ライトな仕事だけでも、拘束時間4時間で6万円くらいもらえていたので、企画でも十分稼げていたんです」

 業界の景気が良い時代だったのね。でも、今までで一番高かったお仕事で1本25万円だそうだから、やっぱり単体とは桁が違う。もちろん、仕事内容やパブ(広告宣伝の露出)が異なるのだから当然のこと。

「裸で歩くだけとか、絡みなしの場合もあったけど、一番多かったのは、顔にもモザイクが入る複数プレイのお仕事。面白かった企画は、多数の女優が潮吹きをして、それがどこまで飛ぶか比べるというやつ」

■豊胸は本意じゃなかった

 エロ要素というよりバラエティ要素が強いものは、ばかばかしすぎて楽しかったそうだ。彼女が企画にこだわる理由がもうひとつある。

「デビュー前、私はあまりにもガリガリな体型で、胸がAAカップだったんです。さすがにフェチ系しか需要がないというので、豊胸をすることになったんですよ。そのことも知り合いにばれたくなかったから、ずっと企画。周りの人がどんなにホメてくれても、ルックスには自信がなかったし……」

 整形や豊胸の費用って、企画だったら事務所が負担してくれるわけじゃないんじゃない?

「そうですね……だから自費で。先に事務所からお金を借りて整形して、ローンで返済していました。っていうか、豊胸でAAからEにさせられて、毎日ずっと違和感というか、なんとなく痛みがあったのも嫌でした。我慢して仕事をしていましたけど。仕事は、事務所からメールで現場の『ギャラ、時間、内容』が送られてくるので、行けるやつだけ行くって感じでした」

 豊胸手術を経て、初めて撮影した時の内容って覚えてる?

「ホテルでのハメ撮りでした。1対1で、相手はカメラマン兼男優。『初めてのAV』を売りにしたノーマルプレイで、緊張は全然しなかったんですけど、ヤッてる最中、今後どんどん過激になってくんだろうなー、ばれなきゃいいなーという思いがずっとぐるぐると頭の中を駆け巡っていました」

 それからあっという間に月日が経って、今ではAV女優を引退。現在のお仕事は?

「実は、ハードSMクラブの女王様をしています」

 やっぱりエロは切っても切れないのね。女王様のお仕事も高給なの?

「普通の仕事よりは……。AVを引退した理由は、いつか知人や家族にバレるのではないかという不安が大きくなったからでした。でも、お金がない状況を想像すると怖いんです。うち、実家がすごい貧乏で。お父さんが働かないので、いつも少ない母のパート代だけで家計をやりくりしていて、一週間おかずがないこともあったくらい。昔から、お金への執着が激しいんです、私」

 心のゆとりを得るためにお金がほしいというC子の目標預金額は2千万。現在は半分貯まっているという。AV女優という職業を経験したことで、金銭感覚は変わった?

「そうですね。もう、普通の結婚はできないだろうな、と思います。普通のサラリーマンとは、やっぱり感覚が違う。彼氏とのワリカンなんて絶対にイヤだし、セックスの価値観も変わったと思います。企画モノは大人数のプレイが多かったので、感覚が麻痺しちゃったんですよね。3Pなんて普通のプレイだし。あと私はイマラチオやSMが好きだったんですけど、現場で何度も経験したから、今は逆に萎えちゃいますね。セックス自体は相変わらず好きで、丸一日セックスしていることもありますけど」

 SM好きだから、女王様の仕事も苦じゃない?

「基本的に、ばれずにお金になる仕事ならなんでもいいんです。とにかくお金が欲しい。個人的に会ってお金をくれるM男のパトロンもいます。結婚願望もあるけど、お金に困らず贅沢をできることが条件なので、なかなか……」


『壇蜜 仮面を脱ぐとき~映画「甘い鞭」より~』


色んな理由がありますね

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週