>   > 

みのもんた「報道番組完全引退」か…否認から一転、次男が容疑認める


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

minomonta1002main.jpg
※画像:みのもんた

 路上で酔って寝ていた男性からカバンを盗んだとして窃盗容疑で逮捕された、みのもんた(69)の次男で日本テレビ社員の御法川雄斗容疑者(31)が、警察の調べに対し「カバンにお金があれば盗もうと思った。出来心だった」などと容疑を認めたことが分かった。みのは現在、次男逮捕の責任をとって『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)など報道番組への出演を自粛中。10月にも再登板の予定といわれていたが、これで復帰は完全に白紙になった。それどころか、業界内では「報道番組引退は避けられない」との声が上がっており、番組の打ち切りもウワサされ始めている。

 御法川容疑者は他人名義のキャッシュカードで現金を引き出そうとしたとして9月11日に逮捕されたが、当初は容疑を否認し調書への署名すら拒否していた。被害者のカバンやサイフに御法川容疑者の指紋がなかったこともあり、一部では「ハメられたのでは」との陰謀説まで噴出。一流弁護士をそろえた御法川容疑者サイドは証拠不十分による不起訴を狙っていたようだが、今月1日に再逮捕されたことで状況が一変した。

「当局側は、御法川容疑者が容疑を認めなかったため勾留期間を延長。さらに、カバンを盗んでいる場面を目撃していた人物の存在を明らかにし、トドメを刺した。当初、弁護士は御法川容疑者に否認を指示していたようですが、状況を覆すことは不可能だと判断し、容疑を認めて示談狙いにするよう作戦を変更したようです。当局側は手を抜かず、窃盗の容疑をしっかりと取り調べてから窃盗未遂と合わせて起訴するつもりのようです」(週刊誌記者)

 これで窮地に追い込まれたのは息子だけでなく、親であるみのも同じだ。一部では、不起訴に持ちこんで10月中にみのが復帰という青写真を描いていると報じられていたが、完全に計算が狂ってしまった。

 みのは騒動後に自身のラジオ番組で「私が何かやったわけでもない」と開き直り、「降りるつもりはなかった」と出演自粛が本意でないことを表明。さらに、メディア報道に対して「イジメ、中傷が酷い」と恨み節を展開し、出演自粛を促したというTBSプロデューサーについても「どこで達観したのこいつは、というような素敵なプロデューサーでね」と皮肉を炸裂させていた。これだけ毒づいていられたのは、TBS上層部との強固なつながりがあるため早期復帰が可能と踏んでいたからだ。

 だが、その頼みの綱のTBS上層部も方針を変えざるを得ない状況だという。

「TBSの井上弘会長ら上層部の意向もあり、みのさんは少なくとも降板は免れるはずでした。しかし、各局で次男の逮捕が大きく報道され、不起訴に持ちこむことも不可能になったとなれば、さすがに早期復帰は世論の反発が避けられない。それどころか、局内ではみのさんの横暴ぶりに不満を抱いていたプロデューサーやディレクターらが『みの不要論』を堂々と口にしています。みのさんに世話になった幹部たちは、いまだにかばっているようですが、現場は全く復帰を望んでいませんね。一部では、次男が薬物にも関わっているというウワサがあるくらいですから、余計に復帰は歓迎できない。局にとっての生命線といえるスポンサー筋も、次男の逮捕以前からセクハラ騒動を問題視しており、イメージを気にして復帰には否定的です」(テレビ局関係者)

 視聴率さえとれれば多少の不祥事は…というのも上層部のホンネだろうが、かつての“視聴率男”の神通力も怪しくなってきている。一時は朝の情報番組で視聴率のトップ争いをしたこともある『朝ズバッ!』だが、ここ数年は6%前後に下がっており、NHK『あさイチ』、フジテレビ『めざましテレビ』、日本テレビ『ZIP!』に次ぐ4位が定位置。しかも、みのが出演自粛した後も視聴率に大きな変動はなく、むしろ司会代行を務めるフレッシュな井上貴博アナ(29)の評価が上がっている。

 このままでは「みの不要論」が強まるばかりだろう。不祥事や視聴率だけでなく、破格のギャラも不要論の一因になっているようだ。

「みのさんが社長を務める水道メーター会社が談合事件で家宅捜索された時に随分とギャラを下げたようですが、それでもTBS側は年間で数億のギャラを支払っています。ここで手を切れば予算的には随分と楽になる。逆にいえば、このタイミングしか関係を断ち切るチャンスはないといえます。ケジメをつけるために番組の打ち切りは確定という情報もあり、みのさんの降板は避けられない状況です」(前同)

 もし『朝ズバッ!」降板、番組打ち切りとなれば、他局の報道番組で起用される可能性は皆無に等しい。そうなれば「報道番組から完全引退」となるだろう。その流れが現在もレギュラー出演中のバラエティー『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)にまで波及すれば、テレビ業界から消えることも予想される。いずれにせよ、みのにとって今が芸能生命を左右する正念場といえそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『口説きながら麻布十番 duet with みのもんた』


夜遊びも自粛中!?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週