>   > 

「カッコ良すぎ!」「激ヤセしてトカゲっぽさが…」3年ぶりにバラエティ出演で話題の水嶋ヒロ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

kuroshituji0910main.jpg
※イメージ画像:水嶋ヒロ-HIRO MIZUSHIMA OFFICIAL WEB SITEより

 9日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に水嶋ヒロ(29)が出演した。およそ3年ぶりとなる水嶋のバラエティ出演には、多くのネットユーザーが注目していたようで、番組放送直後から掲示板サイトにはスレッドが立ち上がり、現在の水嶋についての書き込みが飛び交っていた。

 この日、水嶋は来年1月に公開予定だという映画『黒執事』の宣伝で番組に登場。とはいえ、まだ先の話ともいえる時期での番宣に、番組内で映画についてほとんど触れられることはなく、もっぱら近況やプライベートについて語った。気になる妻の絢香についての発言はなかったが、それでも結婚や芸能界引退といった過去を持つ水嶋は、ネットユーザーたちにとって、格好のネタになったようだ。

 そんなネット上での反応は、「カッコ良すぎ」や「劣化なんてしてなかった」といった、久しぶりに表に出てきた水嶋を賞賛するものから、「激ヤセしてトカゲっぽさが増した」「爬虫類顔健在」というアンチ意見までさまざま。中には「そもそも興味ない」「引退したんじゃないの?」といったコメントも見られるが、3年ぶりのバラエティ出演でこの反響はさすが水嶋ヒロといえる。

「俳優として人気の絶頂にあった時期に、結婚と事務所離脱という、これまでの芸能界でもあまり例のない過去がありますからね。その後には、匿名で小説を投稿して新人賞を獲得して作家デビューまでしていますし、水嶋ヒロというブランドは、なかなか簡単には廃れませんね。当時の事務所離脱にしろ作家デビューにしろ、いろいろ憶測は飛び交っていますが、そういった騒動も含めて、水嶋ヒロという名前に付加価値がついたんでしょう。ネット上で話題になるというのも、そうした経緯があったからといえます。良くも悪くも話題になる人物ということです」(業界関係者)

 幼少時代をスイスで過ごし、そのため英語が堪能な水嶋。サッカーも得意で、その実力は、全国高校サッカー選手権に出場するほど。さらに、慶応大学出身で元モデルという水嶋は、芸能界デビューすると、『仮面ライダーカブト』(テレビ朝日系)や、小栗旬・溝端淳平・生田斗真らの同世代を代表するイケメンたちと『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)に出演し、その知名度を全国的なものにした。

 180㎝という長身で、運動神経抜群、頭も良く、英語までペラペラという水嶋。もちろんルックスも申し分なく、作家として文才も持ち合わせた彼は、まさに才能の塊といえる人物。そんな水嶋だからこそ、トラブル覚悟で、かつて所属していた芸能事務所と離別したのかもしれない。もちろん、その大手の芸能プロとのいざこざは彼の順調だった芸能生活に大きな穴を開けたといえる。しかし、3年という月日がようやく彼を表舞台に戻した。来年公開される水嶋主演の映画『黒執事』がどういった評価を受けるかはわからないが、1度バラエティに出演しただけでこれだけの反響を生んだ水嶋にしてみれば、来年こそが第2の芸能活動の幕開けとなるだろう。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)


『SWITCH Vol.29 No.1』


変わんねぇなぁ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週