>   > 

「いつかは奥さんと別れて、私と…」甘い夢を実現させた略奪婚女優たち


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

adachi0830main.jpg
※イメージ画像:『安達祐実写真集「私生活」』集英社

女性向けWebサイト【messy】オープン記念とって出し!

 9月2日にセミヌード写真集『私生活』(集英社)を発売予定の安達祐実(31)が、同作品を撮影したカメラマンの桑島智輝氏(35)と交際中と報じられた。写真集には、安達の自宅や八丈島などで2年半にわたって撮りためた写真がおさめられているが、撮影にはマネジャーも同行せず、プライベートな空間で安達とカメラマン二人きりで行うことも多かった。結果的に、二人の間に恋愛感情が芽生えた……と、発売中の「女性セブン」(小学館)が伝えている。

 安達は2005年にスピードワゴンの井戸田潤(40)と結婚したが、09年に離婚。現在小学生になった長女の親権は安達が持っている。ところが元夫婦は結婚後も関係が完全に切れたわけではなく、子供の父親・母親として11年5月から再び同居。事実婚状態にあることを、昨年報じられていた。井戸田は再婚を望んでいたが、安達は「父親としてはいいけど、パートナーとしては無理」と、元夫への信頼を取り戻していない様子だった。そしてこの同居も昨年5月にわずか一年で再び解消されていたという。

 離婚を経験した安達が、あらためて信頼に足る素敵な男性と巡り合えた、というのならば素直に祝福したいところだ。だが、撮影を開始した2年半前、桑島氏は既婚者だったと同誌では明かされている。そして昨年末に離婚。「結果として、祐実ちゃんが奥さんから略奪した形で交際がスタートしたと思われたとしてもしかたないですね」と安達の知人は語るが……。

■「その人にたまたま家族があっただけです」

 「人妻なのに不倫」をした矢口真里が糾弾されたことは記憶に新しいが、「他人の旦那に手を出した」女性には実は世間は寛容だ。表舞台から姿を消した葉月里緒菜や、どんなに走ってもダーティなイメージが拭えない長谷川理恵のような例外もあるが、不倫の末に前妻から夫を略奪する結果となっても、「イメージ商売」の芸能界において意外なほどダメージを受けない。

 たとえば、大御所演技派女優となった田中裕子。今クール、『Woman』(日本テレビ系)で満島ひかりと二階堂ふみの母親役を演じている彼女だが、実生活では昭和の大スター・ジュリーこと沢田研二の妻である。沢田は田中と交際を始めた1983年、元ザ・ピーナッツの伊藤エミと結婚していて息子もいた。だが沢田は不倫を公に認め、田中も「必ず彼と一緒になる」と宣戦布告。87年、伊藤は離婚届けに判を押し、89年に沢田は田中と再婚したという経緯がある。

 高視聴率女優と名高い人気者・篠原涼子も、24歳年上の夫・市村正親とは01年に舞台共演で出会っているが、当時市村は既婚者だった。その後03年に離婚、05年に篠原と再婚している。 ソフトバンクのCMで「お母さん役」を演じる樋口可南子は、糸井重里との不倫密会が発覚した時に「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです」と言い放ったことで有名だ。

 元プロ野球投手の“大魔神”佐々木主浩の妻となった榎本加奈子の場合は、まだ佐々木が前妻と離婚していない段階で榎本が妊娠し、05年3月に離婚成立、4月に出産、5月に再婚という流れだった。また、石橋貴明と鈴木保奈美も、不倫略奪かつデキ婚だった。そのほか、GLAYのTERUとPUFFYの大貫亜美、今井美樹と布袋寅康なども、女性が妻帯者の男性と不倫を経て結婚したパターンだ。

 しかしここで挙げている面々は、いずれも現在は円満家庭を築いていると言われており、前妻から夫を奪ったという経緯はあれども「今は夫婦そろって幸せそうだからいいか」と温かい目で見られているのかもしれない。また、おしどり夫婦そのものという印象を抱かせる野村克也・沙知代夫妻はダブル不倫からの再婚。愛川欽也とうつみ宮土理も略奪婚だった(キンキンは前妻と離婚した翌日にケロンパと再婚というウルトラCをキメている)。

 一度は神に愛を誓った女性と別れ、別の女性との愛を誓い直すことは、どんな男性にとっても「めちゃくちゃメンドクサイ」に違いないだろう。「離婚」そして「結婚」という煩雑な手続きをわざわざ実行してまで一緒にいたいと男性側が願ったほどの関係だからこそ、今度は短命に終わらず、何年何十年と続いているのかもしれない。

 とはいえ、一般に「離婚」は相当なエネルギーを要するものであるし、そもそも不倫行為自体、勧められるものではない。それこそ「たまたま好きになった人が妻帯者だっただけ」というパターンもあるだろうが、「そのうち妻とは別れるよ~」と言いつつのらりくらりと遊びの関係を持つ既婚男性に翻弄されると、叶わぬ結婚・出産願望を抱き続ける不毛な数年間を過ごすことになる。略奪が成功するか否かは、既婚側が「めちゃくちゃメンドクサイ手続き」をしてまで不倫相手と一緒になる覚悟をしているかどうか、それ次第なのだろう。
(文=天秋あゆみ)

<messy人気記事>
不倫略奪のバッシングから10年、不死鳥のように復活した内村光良
顔がパンパン激太り…あの番組で「不倫」を認めることが矢口真里復活の鍵!
夫の盗撮癖に悩んでいます…身内にわいせつ犯罪者を持つ女子たち
もはやホラー!! 不潔な手マンで激痛、まんこが真っ赤な毒花に…
なぜ川合俊一はゲイ呼ばわりされるのか? 「六本木 ホモ」で検索すると出てくる


『太郎スペシャル5枚組 人妻調教・不倫旅行』


不倫はよくないっす!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週