>   > 

【連載】本多圭のオトコとオンナの芸能恥話

酒井法子、主演映画が白紙に! 女優生命を握るのは中国


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

sakainori0315.jpg
※イメージ画像:『碧空の狂詩曲~お市の方外伝~』
ワニブックス

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、芸能界の裏側に横たわるオトコとオンナの深い業を掘り起こします。

 昨年12月に、舞台で女優復帰した酒井法子。とはいっても、ドラマや映画といったメジャーな舞台への復帰の目処は立っておらず、まずは中国を拠点に本格的な活動を再開していくのではないかと見られてきた。一部で報道されてきたが、香港映画への主演打診もあったようだ。しかし、その後、この作品を手がける中国人の監督から「中国の映画だから、主演は酒井法子ではなく、中国人の女優で」と、打診が白紙になり、またしても復帰が暗礁に乗り上げていることが関係者の取材で明らかになった。

 昨年の復帰舞台『碧空の狂詩曲~お市の方外伝~』での観客動員数は約7割と、決して成功とは言えなかった酒井。しかも、公演中に実弟が脅迫の疑いで逮捕。さらに年が明けてから、この実弟が覚せい剤取締法違反容疑で再逮捕されるというアクシデントに見舞われ、酒井の復帰の足を引っ張るかたちになった。しかし、ドラマ関係者は「実弟の事件がなくても、酒井の日本での復帰は難しいといわれていたんです」という。「ドラマや映画に起用しようとしても、スポンサーが酒井の再犯を怖れて、なかなか寄り付かない状況が続いているんです」

 ところが、日本と違って、中国での酒井人気は衰えなかった。1月8日には北京で開催された中国大手インターネット会社主催の『ファッションアワード2012』の“アジア・ファッション優秀女優賞”に選ばれて、授賞式に出席した。その際に中国側から、香港映画への出演オファーがあったようだ。酒井サイドはその後、中国進出を意識してか、2月12日に六本木ヒルズアリーナで行われた映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』の公開記念イベントに出席した際、記者会見に中国、香港、台湾のメディアの出席することを認めた。このイベントのニュースは、中国国営の新華社通信まで報道したというから、中国での人気はいまだに衰えていないことが証明されたのだ。

 しかし、酒井をデビューから知る芸能関係者は「酒井の3年間のブランクは大きかった。しかも、覚せい剤事件でですからね。酒井もすでに42歳。中国での復帰はうまく行かなかったら、このまま、女優生命が終わるかもしれませんよ」という。

 覚せい剤事件で、清純派女優という仮面が剥がれ、一方で再犯の可能性が拭えないというレッテルが貼られた代償は、想像以上に大きかったようだ。
(文=本多圭)


『一条綺美香写真集「KIRARI48」』


やっぱ脱ぐっきゃない?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週