>   > 

AKB48からホリプロ撤退? 仁藤萌乃の卒業は英断か


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

nito0215.jpg
※イメージ画像:
『AKB48公式生写真 Theater2013.January 【仁藤萌乃】』
AKS

 2月14日、AKB48劇場で行われたチームA公演で仁藤萌乃(20)が卒業を発表した。仁藤萌乃といっても、AKBファン以外の人は彼女の存在を知らないだろう。指原莉乃、北原里英と同じ5期生として2007年からAKBの活動をしてきた彼女は、10年から続く選抜総選挙では29位→31位→55位と年々順位を下げ、シングル選抜に選ばれたのも「涙サプライズ!」と昨年のじゃんけん大会で2位に輝きゲットした「永遠プレッシャー」だけ。AKBの中では“干され”“中堅”の代名詞的存在でもあるが、一般人からはほとんど知られていないメンバーである。だが、劇場公演では研究生や年下メンバーのまとめ役として、なくてはならない存在であった。劇場を支えてきた仁藤の卒業は、ファンやメンバーに衝撃を与えた。のみならず、これを「業界内でAKBからの“撤退”が本格化している」と見る向きもある。

 昨年から今年にかけて、河西智美、板野友美、そして仁藤と、ホリプロ所属のメンバーが立て続けに卒業を表明している。偶然だという声もあるが、やはり事務所の意向がまったくないとは言い切れない。

「AKBのメンバーは、いわゆる握手会、劇場公演、多くのメンバーがひな壇に並ぶ冠番組、新曲PV撮影やレッスンといった『AKB仕事』だけで、かなりのスケジュールが取られてしまう上に、ギャラそのものが低い。そのギャラも当然ながら全部が事務所の取り分になるわけではないから、忙しいわりに儲けが薄いんです。選抜常連だったがソロCMを多く取れるようになった板野、握手会などAKB仕事に前向きでない河西が卒業を決めたのは『本人の意向』としても納得でしたが、仁藤まで…となると、ホリプロ側の戦略的撤退が考えられる。新世代組の山内鈴蘭はともかくとして、旧世代で今後AKB運営から推される見込みもない宮崎美穂、佐藤すみれ、石田晴香あたりも今年中に卒業となるかもしれません」(週刊誌記者)

 いくらAKBが国民的アイドルグループになったとはいえ、前田敦子や篠田麻里子級の活躍を期待できないタレントならば、いっそAKBから離れさせ自分たちで育てた方が早いということか。確かに板野・河西がAKBを抜ければ、他のホリプロメンバーでシングル選抜に入り一般知名度を上げられそうなのは山内くらいしかいない。

「今のAKBを仕切っているのはバーニング・尾木プロ・太田プロがメイン。昨年からの猛プッシュで前田敦子に代わって“新センター”の座につくことが決定的になったと見られる島崎遥香は、中山美穂らが所属するバーニング系事務所・ビッグアップルです。先述以外の事務所は撤退の時期を見計らっていると考えておかしくない。つまり今年中に多くの中堅・古参メンバーが卒業することが予想されます。まだ2月ですが、4月の武道館公演までにあと数人は発表を予定しているのでは」(前同)

 これはAKB運営側にとってみても、膨らみ過ぎた人員整理の好機ととらえられる。だが視点を変えてみれば、仁藤萌乃の卒業は、「AKBは個人の夢を叶えるためのプラットフォームである」という、結成当初のコンセプトに沿った、しごくまっとうな卒業であることも事実だ。AKBというグループが大ブレイクしたことで、「踏み台」「プラットフォーム」であるべき場所が、目標や終着点になってしまっている現状に一石を投じるための卒業であるともいえる。

 頭を丸めてもAKBの肩書きにしがみつく峯岸みなみ、写真も押さえられたスキャンダルに一切触れず沈黙する柏木由紀とは対照的なこの決断を、『世代交代』や『干され排除』の言葉で流してしまっては、あまりにも虚しい。

 仁藤は先日Twitterで『私のことを尊敬するといってくれる後輩が一人でもいるならその子が幻滅しない後ろ姿をみせられるようにがんばる』という趣旨の発言をしている。華々しく卒業していく人気メンバーとはまた違った、厳しい世界への意気込みであると同時に、居心地の良いぬるま湯につかっている現役メンバーやそれを良しとしている運営への“喝”ととるべきだろう。芸能界に羽ばたくための学校に、二十歳を超えてまで何年も在籍するのは、留年するようなものなのだから。

 蛇足になるが、仁藤萌乃の卒業が意味することがもうひとつある。一部ファンから未だに反発の強い9期以降の新世代メンバーの成長と奮起が、AKBのベテランメンバー内では認められてきたということだ。「ゴリ推し」を叩かれ、そっけなさすぎるファン対応だけでなく未熟なパフォーマンスも批判されてきたぽんこつ・島崎遥香は、徐々に「推されメン」の自覚を持ち始め、テレビ番組でのトークの受け答えもテンポがよくなり、AKBドラマで見せてきた演技も著しい進化を遂げている。チーム4リーダーに指名されながら直後のスキャンダルで謹慎した大場美奈も、劇場公演MCでの切れを取り戻し、グラビア活動も増えてきた。がさつだと叩かれた島田晴香もダイエットに成功しルックスが格段に向上した上、テレビ出演でもタイミングのいいガヤやツッコミを入れるようになり、本来の魅力が開花しつつある。「推され」組であるアンリレの川栄李奈・入山杏奈らのキャラクターもファンに浸透、岩田華玲はNHKドラマの出演も決まった。

 後輩たちがやがて自分の夢をつかむためにも、先に夢を実現させるための中堅メンバーの卒業は意義が大きい。今後の仁藤萌乃の芸能活動が実りあるものになるよう応援したい。
(文=潜水亭沈没)


『第2回 AKB48 紅白対抗歌合戦』


不人気メンをリストラ中?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週