>   > 

ついに破局か 西山茉希と早乙女太一が同棲解消


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

nishiyama0121.jpg
※イメージ画像:『西山茉希 ファースト写真集』ground

 昨年2月に交際が発覚した「流し目王子」こと大衆演劇の若手スター・早乙女太一(21)とモデルの西山茉希(27)が同棲を解消し、事実上の破局を迎えていたと21日付の日刊スポーツが報じている。

 一昨年に友人の紹介で知り合った二人は、昨年2月に交際が発覚した直後、滞在先のハワイから手つなぎツーショットで帰国し、ラブラブぶりをアピール。早乙女は自身のブログで「深く愛してます」と記すほどの熱愛ぶりだった。しかし、交際発覚から3カ月後の同年5月、早乙女が酔った西山に対して路上で暴力をふるった様子が「メッタ打ちDV」などと女性週刊誌に報じられ、不仲説が浮上。だが、早乙女は釈明会見を開いて交際継続を強調し、西山も別の会見で「ケンカして仲直りをして…を繰り返している幼い私たちです」と説明した。

 その後も路上痴話ゲンカが報じられたことはあったが、同年9月に早乙女が舞台公演中に2階席から飛び降りてカカトを骨折し重傷を負った際には、西山が献身的に看病をしていると伝えられていた。だがケンカは絶えず、我慢を続けてきた西山の気持ちが年末にかけて離れていったようだ。

「原因は早乙女のDVと束縛。当初はラブラブで周囲の反対に聞く耳を持たなかった西山ですが、秋ごろから徐々に彼に対して疑問を抱くようになったようです。早乙女は結婚の意思を示していましたが、親が運営する所属劇団の経営が苦しいこともあり、踏みきれずにいた。看板役者が結婚してしまったら、女性ファンが大量に離れることは目に見えていますからね。結婚願望が強い西山にとって、それも大きなマイナス要因でした」(芸能関係者)

 DV騒動発覚によって大激怒した西山の所属事務所はもちろん、早乙女の両親も西山との交際には反対しているといわれ、誰からも歓迎されない厳しい交際だった。それが逆に結束を強めていたのかもしれないが、ふと冷静になった時に西山の心にスキマ風が吹いたのかもしれない。一方の早乙女も、恋人の発覚に加えてDV癖がバレてしまったことで多くの女性ファンを失い、ファンクラブの会員数が激減するという痛手を負っている。両者にとって、今回の恋愛は深い傷を残すものになってしまったようだ。

 西山は元KAT-TUNの赤西仁の元カノとしても知られているが、その次がDV男の早乙女とは何とも波瀾万丈な恋愛遍歴である。立て続けに“だめんず”と交際してきた彼女だが、次こそは幸せになってくれることを祈りたい。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『西山茉希写真集 Femme』


だめんず・うぉ~か~ですな

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週