>   > 

小雪が「韓国で出産」を選んだ理由とは…ネット上ではあらぬウワサも


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

koyuki0112.jpg
※画像:小雪

 女優の小雪(36)が、10日に第2子となる女児を韓国・ソウルで出産した。小雪の夫で俳優の松山ケンイチ(27)も出産に立ちあい、母子ともに健康だという。小雪は「これからは家族四人、力を合わせて楽しい家庭を築いていきたいと思います」と語っており、松山は「『うれしい』の一言に尽きます。それ以上の言葉が見つかりません」とコメントしている。

 昨年1月には第1子となる男児が生まれており、年子での出産となった小雪。一部では夫婦の不仲説が流れたこともあったが、それを完全に払拭したといえるだろう。だが、気になるのは日本ではなく韓国で出産したという点。芸能界でも異例中の異例といえるが、わざわざ韓国で出産する理由があったのだろうか。

「小雪はテレビ番組で韓国の産後調理院をリポートした際に感銘を受け、現地で出産したいと希望するようになったようです。調理(チョリ)とは韓国語で『養生』を意味し、この施設では出産後に2週間~1カ月にわたって24時間体制で看護師らのサポートを受けられます。授乳方法などのレクチャーや骨盤矯正なども受けられ、部屋はホテル並みの設備で居心地もバツグンです」(スポーツ紙記者)

 日本では5日~1週間程度入院するのが普通だが、韓国では2週間以上もゆっくりと母体を休めることができる専門の施設があるということのようだ。費用は平均的な施設の場合、2週間で10万円ほどとお高め。基本的にはセレブ向けのサービスとなっているが、日本人も全体の1割を占めるほどの利用者がいるという。

 小雪は数年前から韓国料理や韓国の文化にハマっており、よほど産後院のサービスが気に入ったのだろう。小雪の韓流出産によって、韓国の産後院を利用する日本人が増えそうな気配だ。だが、今回のソウルでの出産を受けて、一部ネット上では「小雪は在日だったのか」「本国で生みたくなったんだろ」などといった“在日韓国人疑惑”も浮上している。もし仮に在日であっても問題があるわけではないが、疑惑の真相はどうなのだろうか。

「小雪は、神奈川・座間で有名な地主の家系の生まれですよ。今は両親も座間を離れたようですが、昔から続いているれっきとした日本人の血筋です。ネットはちょっと韓国の文化にかぶれただけで『在日』扱いされますけど、もうちょっと冷静になってほしいですね」(芸能プロ関係者)

 韓国に対しては様々な見方があるが、産後院に関しては日本よりも発達しているのは紛れもない事実だろう。ゆっくりと養生し、母子ともに健康で日本に帰国してほしいところだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


「生きていく力。」


著書によれば「実はアツい女」

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週