>   > 

浜崎あゆみがバックダンサーのマロと破局 孤高の歌姫の悲しい決断


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

hamaayu0107.jpg
※イメージ画像:CD+Blu-ray Disc『LOVE again』avex trax

 昨年11月、歌手の浜崎あゆみとダンサー・内山磨我(まろか)の熱愛が発覚した。内山が浜崎のバックダンサーを務めたことが縁で親密になり、二人のツーショットがCDのジャケット写真に採用されていたことも判明した。ところが、発売中の「女性セブン」(小学館)が早くも二人の破局を報じている。

 交際発覚直後、「マロちゃん(内山)とは真剣にお付き合いしています」と堂々宣言した浜崎だが、当時内山は前妻と離婚裁判中の身であり、さらに浜崎と付き合う前の恋人で 人気モデルのA子さんとの間には長男(1才)も生まれていた。

 あまりにも不安要素の多い恋だったが、浜崎は周囲の心配の声に全く耳を貸そうとしなかったという。

「メディアに面白おかしく書き立てられ、スタッフからも内山との交際を反対する声がありましたが、批判があればあるほど浜崎は『この人の味方は私しかいない』という気持ちになっていったようです。内山は浜崎にとって、芸能人としての自分でなく、一人の女として接してもらえる貴重な存在でもあった。交際宣言したのも、浜崎が本気で彼に惚れていた証拠です」(週刊誌記者)

 しかし、「公私混同」といわれても仕方ない内山との関係を不安視するファンの声も増加。交際発覚当時、まだ内山の離婚が成立していなかったことで「不倫」と一部で書き立てられ、イメージダウンにもつながった。

 このファンの声が浜崎に重大な決断を下させたようだ。昨年末、浜崎にとって大事なステージであるカウントダウンライブのメンバーから内山が外されることが発表された。プライベートでも浜崎は内山と別れ、同棲も解消したと報じられている。

 浜崎は自身のサイトで「皆がくれた多くの声を真摯に受け止めさせてもらった結果、マロちゃんはプレイヤーとしてステージには立たず、コリオ(振付師)としての役目のみ、しっかりと果たしてもらいました」と綴っており、ファンの声が内山との別れを決断させたことをにおわせている。

「浜崎は一人の女である以前に、多くのスタッフやダンサー、スタイリストらを抱える“チームあゆ”のリーダーという意識が強いようです。自分の恋愛が原因でファンが離れてしまえば、チームのメンバーを路頭に迷わせることになりかねない。ファンの反対が強まった12月中旬には、彼女の中で答えは出ていたのでしょう」(音楽関係者)

 表舞台からは降板した内山だが、浜崎は彼を完全に切ることはせず、振付師として起用し続けていくようだ。本来ならば、別れた男の顔など見たくもないだろうが、何よりもステージを大事にしている浜崎は個人的感情よりも仕事を優先したのだろう。

 だが、最近の浜崎は人気の凋落ぶりが著しく、全盛期はミリオンクラスを連発していたが、昨夏に発売したベストアルバムは売上8万枚程度。昨年11月に発売した最新アルバムも低調でレギュラーCMなども定着していない。この焦りがファン離れを必要以上に心配させ、内山との別れを決断させたのかもしれない。大切なパートナーを捨て去ってまで仕事に専念する姿勢を見せた浜崎だが、今年は巻き返すことができるのだろうか。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『LOVE again(CD+DVD+ayupanフィギュア+PHOTO BOOK)』


againならず!?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週