>   > 

芸能界の光と影 「変態プレイ」が大好きなタレントたち


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

※イメージ画像 photo by Glasnost! from flickr

 東京都足立区の路上で登校中の女子中学生に下半身を露出したとして、俳優の松原誠容疑者(52)が逮捕された。松原容疑者はNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』などに出演した経歴があり、調べに対し「(女の子に)嫌な顔をされるとスッキリした」と広くは理解されがたい供述をしている。

 かなり高度な変態だったようだが、芸能界には今回のように法に触れることはしないまでも、変態プレイ好きのタレントは多いという。業界関係者や風俗関係者の証言を基に、その“ウラの顔”をお伝えしよう。

 最も有名なのは、無類のスカトロ好きとして知られている俳優E・Y。イケメン俳優として恋愛ドラマで活躍し、大家族ドラマなどで人気を博したEだが、SMクラブの常連で必ず「黄金プレイ」を希望するという。また、渋谷のマニア系ショップで女性の『排泄物』を購入したと一部メディアに報じられたこともあった。

 Eと双璧をなすスカトロ好きといえば、かつては清純派として人気だった女優H・T。歌手としても活動する彼女は、有名作曲家と長年にわたる愛人関係にあり、変態プレイを仕込まれたようだ。あの可愛い顔で食糞プレイまでこなしてしまうというから驚きである。

 超ドSとして知られるのは大物俳優のN・T。映画やドラマでは良い人の役が多く、関西の人気バラエティーの司会も務めている親しみやすいキャラであるが、SMクラブの常連として風俗業界では有名。そのプレイは異常なほど激しく、M女の顔をグーで殴るのは当たり前。「別で料金は払うから、指を折らせてくれ」とお願いしたこともあるという。Nに病院送りにされたM女も多く、いくつかのSMクラブで出入り禁止を食らっているといわれている。

 サーファーのイケメン俳優S・Kは、自身も長身のガッチリ系だが、意外にも筋金入りのドM。長身でクール系の女性に弱く、SMクラブでは聖水プレイがお気に入りだという。プライベートで一時交際していた女優Kもクールビューティー系だが、やはり聖水プレイを懇願されたのだろうか。

 同じくキャラに似合わぬドMなのが歌手のN・T。最近は異常に体を鍛えてコワモテ風になっている彼だが、セフレだった女性によると「赤ちゃんプレイ」をするのがお決まりだという。Nはオムツをつけてもらうのが大好きで「ママ、オッパイ飲みたいでちゅ」と甘えてくるのだとか。この性癖には彼のマザコン気質も関係しているようだが、歌っている時は男らしいイメージなだけに相当なギャップを感じてしまう。

 バイブとキメセクが大好きなのは女優のY・A。元カレの男性が暴露したところによると、彼女はセックスでバイブを使わないと満足しないらしく、いつでもHできるようにバイブを持ち歩くよう命令されたとか。また、ドラッグを使ったキメセクも大好きらしく、現在は離婚した元夫ともクスリを楽しんでいたようだ。

 昔から芸術家や表現者に特殊プレイ好きの者は多いといわれているが、芸能界も例にもれず変態だらけのようだ。


『変態性愛技法―初めてのSMとsex』


別に人の道は外れてないし!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週