>   > 

まるで腫れ物!? あまりにも痛々しすぎる河本は復活できるのか


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

komoto20120625.jpg
“河本”で笑える日は再び来るのか…

 年収数千万円という高額の所得がありながら、実母が生活保護を受けていたとして世間から激しいバッシングを受けた次長課長の河本準一。しかし、そんな一般視聴者からの非難の声もどこ吹く風、テレビなどのメディアを見る限り、河本はコンスタントに芸能活動を続けている様子だ。

 しかし、そんな河本も、先日発売された東京スポーツ新聞によると、「テレビから完全追放秒読み」だという。記事では、23日に放送された『土曜プレミアム・人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)に河本が出演しなかったことを例に挙げ、初回から出演している河本が出ないなんて絶対にありえないとし、「あの超人気番組を降ろされたとなると、テレビ局は『もうバラエティーでは使えない』とこぞって判断しがち」と指摘し、「最終的には仕事がなくなりかねない」という。

 騒動以降もそれなりにテレビ出演している河本。だが、そのテレビ画面から伺える彼の様子はどこか違和感に包まれている。たとえば22日に放送された『くりぃむナントカ』(テレビ朝日系)でのこと。ひな檀芸人の一人として出演していた河本だったが、番組開始当初は、ほとんど見切れる程度でしか映らず、よく注意してみなければならないほど薄い存在感。番組が進むにつれ、例のごとく共演者の一人の竹山隆範がイジられる場面があっても、いつも率先してイジる河本の姿はまったくない。遠慮しているような、ぎこちない姿だけが印象に残る。

 大喜利形式での番組で、河本の発言はことごとくカットされていた。単純に河本の発言が受けなかったという可能性もあるが、もちろんその受けないという理由も、生保問題とは切っても切れないだろう。そんな状況を察してか、体を張った企画になってようやく河本は画面に目立ち始めた。レスリングのユニフォームに着替えて相撲を取るという企画になった途端、河本は、いの一番で着替えを終え、ようやく画面を独り占めにすることができたのだ。

 あくまでも推測に過ぎないが、やはり河本は今の状況をかなり深刻に捉えているのではないか。つまり、今の自分がカット候補の第一になっていることを河本は知っている。しかしだからといって、これまでのように誰かをイジったりする笑いは望めない。だから、彼は、どうにかして画面に映ろうと体を張った企画を精一杯こなすしかない。ヌルヌル相撲に代表されるように、もともと河本は体を張った企画が得意ではある。とにかく今の彼とすれば、そこにすがるしかない。

 絶対にカットできないように仕向けなければならないほど、今の河本は追い詰められている。それは、最近の彼のテレビでの姿を見れば一目瞭然だ。そんな彼の姿には賛否両論あるだろう。しかし記者はガムラシャらにテレビに映ろうとする河本に潔さのような好感を持つ。

 前述した『すべらない話』の冒頭で、松本人志は河本の不在を、「単純にすべるから」と言って笑いを取っていた。まさに今の河本は何をしてもすべってしまう状況にある。それはどうしようもないことだし、たとえ体を張った企画で笑いを取っても、そこにはどうしても、「何やってるの?」という「?」が付きまとってしまう。しかしだからといって、今の河本に他にできることはない。自ら生保問題を話題にして自虐的なギャグを披露して受けるほどの技量はないし、ましてそんなことは誰も許さないだろう。火に油を注ぐようなものだ。

 となれば、唯一の救いの道は、周りの芸人が生保問題を話題にして、それを笑いに変えるしかない。それすらも笑えないという人々もいるだろうが、きっと、その話題を振られアタフタしている河本の姿に笑う人間もいるに違いない。そういうことを繰り返すうちに、いつの日か、これまでと同じように河本で笑えるときがくる。そのためにも、周囲の芸人は、腫れ物に触るように河本と接するのではなく、率先して生保問題を振ってあげるほうがいい。ただ、当然ながら、河本の席を狙っている芸人も多い。河本の今後がどうなるかは、ひとえに周囲の芸人がどう振る舞うかが鍵になる。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)


『一人二役』


この本を出した頃には戻れない…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週