>   > 

1位返り咲きでAKB48大島優子が楽屋全裸盗撮の憂き目に!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

20120615yukoO.jpg
※イメージ画像:「an・an(アン・アン)2012年 6/13号」マガジンハウス

 6月6日に行われたAKB48「第4回選抜総選挙」で10万8837票を集め、2年ぶり2度目の1位に返り咲いた大島優子。昨年トップの前田敦子が参加を辞退して順位の変動が注目されていただけに「この順位で『優子、頼むぞ』と言われた気持ち」と語り、ファンに向けては「いつまでも太陽の存在でいてください」と感謝の気持ちを表した。

 大島といえば、個性あふれるAKBメンバーの中でもエロ路線をひた走ることで知られ、彼女がセンターを務めた「ヘビーローテーション」の衣装は下着姿。若年女性向けの下着メーカー「ピーチ・ジョン」の通販カタログでも下着姿で豊満な胸の谷間を披露、最近も総選挙当日に発売された「anan」(マガジンハウス)の表紙をセクシーな下着姿で飾って話題になった。その他、シングル「GIVE ME FIVE!」のPVで風俗嬢を演じたり、8月公開の映画『闇金ウシジマくん』では出会い系カフェで働くフリーター役で出演するなど、“汚れ役”を一手に引き受けている感すらある。楽屋では全裸で過ごす裸族であることを明かしており、そのバストはお椀型で張りのあるキレイな造形であることも広く知られている。

「スピーチでは『私は秀でた才能もないけれど……』と言っていたものの、小柄ながら主張する爆乳と、エロ仕事をいとわない姿勢はある意味立派な才能といえるでしょう。それだけに、今後気をつけなければいけないのは、盗撮などのターゲットにされることです。その真偽は別として、過去の流出系の例を見ると2種類のタイプがあります。ひとつは一般人からのタレコミ系で、元カレなど以前に関係を持った人物からネット上や週刊誌に流出するパターン。もうひとつは、AKB人気をよく思わない方面の妨害的なものです。いずれにせよ、楽屋を全裸で歩き回るなど、無防備な姿は狙われる危険が高いので、油断禁物ですよ」(芸能ライター)

 発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)でも、彼女の楽屋での裸族ぶりは有名だとして「何らかの方法でトライする輩が出てくるのは間違いない」と伝えている。同誌で昨年報じた「セックス映像流出騒動」は本人であるという確証は持てなかったが、今後はますます盗撮を狙う不届き者が増えていくだろうという内容だ。

「そもそも盗撮はれっきとした犯罪なので、本来許されるべき行為ではないんですけどね。しかし、今はTwitterやFacebookでいとも簡単に芸能人のプライバシーが暴露される時代。ちょっとした夜遊びの目撃談や会話の切れ端がすぐに拡散してしまうので、言動には細心の注意を払わなくてはならないでしょう。それがまた芸能人にとってストレスになるという悪循環にならなければいいのですが……」(同)

 過去には“ウッズ病”とささやかれるほど、どんなに多忙でも合間を縫ってセックスを欠かさないと噂された大島。また、楽屋ですっぽんぽんになる理由を「全裸になるとストレス解消になる」と語っていることからも、人の目を気にせず裸になることで、ある種の解放感を求めていることがわかる。

 絶対的エースといわれた前田が抜けた後のAKB48を引っ張っていかなければならない立場の大島には、今後さらに重責がのしかかり、多忙になることが予想される。その反動から、脱ぎっぷりがエスカレートするようなことになれば、赤裸々な盗撮画像が流出してしまう可能性もある。彼女が卑劣な盗撮野郎の餌食にならなければよいのだが……。
(文=津本ひろとし)


『かがやくきもち 大島優子写真集』


14歳の優子が!! すでにほんのりエロい?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週