>   > 

ゴマキはゲーム廃人、松浦亜弥は妊活中? 活動休止中の元アイドルの現在


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

gomatsu.jpg
※イメージ画像:『後藤真希&松浦亜弥in Hello!Project 2006 Winter 』
竹書房

 「子宮内膜症」を患っていることを公表し、活動を縮小中の松浦亜弥(25)が、22日、芸能事務所「長良グループ」会長の長良じゅん氏(享年74)の本葬が営まれた東京・青山葬儀所に訪れた。昨年9月にレギュラー出演番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)を降板して以来、およそ半年ぶりに公の場に姿を現した松浦は、同様に長良会長に世話になっていたというプロデューサーのつんく♂と共にマスコミ取材に応じ、「『結婚する時は俺が相手を見てやる。まあ、俺よりいい男はいないけどな』と言われていた。(結婚相手を)紹介することが叶わなくて悲しい」と故人を偲んだという。

「松浦は長良会長の大のお気に入りだった。会長が美空ひばりの遺した詞を松浦にプレゼントして出来た楽曲が8枚目のシングル『草原の人』。もっとも、売り上げは8.8万枚と伸びませんでしたが。その後、彼女がアイドルから本格歌手に転向をはかるものの思うようにファンがついて来ず悩んでいた時期にも、会長は相談に乗っていた。彼女にとって芸能界のおじいちゃんのような存在だったと思います」(スポーツ紙記者)

 2001年に「ドッキドキ! LOVEメール」(ゼティマ、以下同)でデビュー以降、「桃色片想い」「Yeah! めっちゃホリディ」「ね~え?」などヒットを連発し、トップアイドルの座についた松浦。しかし本人はいつまでも“ぶりっ子アイドル”を続けることに限界を感じていた。デビュー10周年を記念したインタビューでは「あのひと(=あやや)っていつも笑ってなきゃいけないし。だんだん『嘘笑い』が得意になってて」と当時を振り返っている(「週刊プレイボーイ」集英社)。07年には病気を患い、思うように歌手活動をすることも難しくなってきた。そんな中、コワモテで有名なバーニングの周防郁雄社長も恐れる芸能界の重鎮だったという長良会長は、彼女にとって最も頼れる人だったに違いない。会長のためにも、歌手として再び輝く姿を見せてほしいものだが……。

「昨年8月に病気を公表した際、事務所も本人も『無理はしない範囲で活動は続けていく』と宣言していました。確かに現在は、無理のないよう細々と仕事をしているようで、ラジオ番組のゲストなんかが多いです。正月にはBSの歌番組にも谷村新司や坂本冬美と一緒に出演していましたし、昨年末、10周年記念ベストアルバム発売を記念したライブも3日間にわたって行いました。ファンクラブも継続中ですよ。ただ、早期に完全復活する見込みはないと思います。病気治療のためにも、“妊活”を始めているらしいのです」(芸能プロ関係者)

 というのも、彼女の患う「子宮内膜症」は、手術で卵巣と子宮を全部摘出するのが根本的な治療法であるが、これから妊娠・出産を希望する女性に対してそれら臓器の摘出は避けたいところ。病巣だけを削り臓器を温存することもあるが、病変が周囲と癒着していることが多く、この方法では再発の可能性も否定できないという。そのため、鎮痛剤で痛みを抑えたり、ホルモン分泌を低下させる薬を飲み月経時の負担を軽くしたりという処置が取られるが、やはりそれでは悪化を防ぐことができないそうだ。

「基本的には早期受診して、早めの局所治療をすることが最善なのですが、彼女はもう5年もこの病気と闘っている。再発を繰り返しているのかもしれません。この病気に罹ると将来不妊症になることも多くなるのですが、一方で、妊娠すると症状が改善するとも言われるのです。病気が発覚したら早めに妊娠するのが賢明なんです。発症からだいぶ経ってしまいましたが、今仕事をセーブしているのは、このためではないでしょうか」(前同)

 もちろん妊娠には相手が必要だが、かねてより交際している「w-inds.」の橘慶太と現在も港区のマンションで半同棲中だという声もあり、そのあたりの心配は無用そうだ。出産後は女性の支持を獲得し“ママドル”として活躍する道もある。

 一方、松浦とほぼ時期を同じくして芸能活動を休止している元モーニング娘。の後藤真希(26)は、浮いたウワサもなく自宅に引きこもっているという。何をしているのかと言えば、もっぱらゲーム。もともと、芸能界でもトップクラスのゲーマーとして有名だったゴマキ、WiiやPS3、XboxにPSPなど数多くのゲーム機を所有し、自宅の「ゲーム部屋」で思う存分ゲームを堪能しているというのだ。好きなことにはいくらでも熱中できる性格で、人気ゲーム『モンスターハンター』(カプコン)のレベルを、上限の999まで上げたという逸話もあるほど。

「かつてハマッていたホストクラブ通いもピタッと止めて、外の世界と距離を置いているようです。外出はスーパーやパチスロぐらいで、ほとんどゲーム廃人状態だとか(苦笑)。13歳から華やかな芸能界に入り、常に周りを意識せざるを得ない環境に身を置いていたので、今は大好きな家でのんびりしたいのでしょう」(前同)

 だが後藤の場合、松浦と違い、治療を迫られる病に罹っているわけではないため、近いうちに社会復帰しなければならない時が来る。所属事務所のエイベックスも彼女を解雇しているわけではないため、復帰の意志がなければこのまま飼い続けるわけにはいかないだろう。復帰の時期については、服役中の弟・ユウキが出所してから、というのが有力だ。08年に懲役5年6カ月の判決を受けたユウキは、早ければ今年中、遅くとも来年には出所する。「弟を家で待っていてあげたい、という想いがあるのだろう」と前出関係者は言う。

 トップアイドルとして一時代に君臨し、奇しくも同時期に活動休止となった二人。04年には、「後藤真希&松浦亜弥」として第55回NHK紅白歌合戦にも出場していた。10代の頃から無我夢中で走り、やっと束の間の休息を得た彼女たちだが、人生80年、まだまだ前半戦だ。パワーを充電し、元気な姿でファンの前に帰ってきてほしいものである。


「ごまっとう SHALL WE LOVE ?」


結局ミキティの一人勝ち?

amazon_associate_logo.jpg

「GAM Thanks!」


ミキティ……

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週