>   > 

【連載】本多圭のオトコとオンナの芸能恥話

紗栄子の司会投入も機能せず! 『超再現!ミステリー』打ち切りは時間の問題


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

20120521saeko.jpg
※イメージ画像:『超再現!ミステリー』公式サイト:日本テレビより

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、芸能界の裏側に横たわるオトコとオンナの深い業を掘り起こします。

 紗栄子が司会を務めるということで多少なりとも話題になった、4月からスタートした日本テレビのバラエティ番組『超再現!ミステリー』が、低視聴率で早くも打ち切りが決定しそうだという声が上がっている。
 
 昨年、日テレは松嶋菜々子主演のドラマ『家政婦のミタ』の最終回視聴率が40%という驚異的な数字を記録したことも追い風になり、フジテレビを抜いて、ゴールデン(午後7~10時)、プライム(午後7~11時)、全日(午前6時~翌午前0時)と9年ぶりに“視聴率3冠王”に返り咲いた。フジの視聴率不振の一因は、日中、主婦向けに流してる韓流ドラマの不人気だといわれている。

 今年のフジは3冠王奪還を至上命令に番組制作に取り組んでいるが、オダギリジョー主演のドラマ『家族のうた』が大コケし、打ち切り決定で早くも苦戦を強いられている。ところが、“3冠”を死守しなければいけない日テレも今年に入って、視聴率がいい番組が見当たらない。なんと、4月の月間視聴率を見ると、テレビ朝日が全日が8%で、ゴールデンが12.4%、プライムが12.8%、プライム2(午後11時~深夜1時)が8.6%と、日テレ、フジを抜いて3冠どころか4冠を制覇。5月の第1週も4冠を維持している。

 日テレは制作関係者によると「7月の改編で、6本が打ち切りの対象になってます。中でも『超再現!ミステリー』が平均6%台と低く、打ち切りは時間の問題」だという。

 『超再現!~』の前身は、昨年8月と今年1月の深夜枠で放送された『超再現!ベストセラー』。その番組を4月から『超再現!ミステリー』として火曜の夜9時からスタートさせた。司会はお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実とピースの綾部祐二。さすがに、このキャスティングだけでは弱いと思ったのか、元ダルビッシュの女房でタレントの紗栄子も司会に据えたが、まったくといっていいほど機能していない。

 内容はといえば、毎回ゲストを呼んで、ミステリー小説や推理マンガの再現ビデオを見て、謎解きをするというもの。出版コンテンツを二次使用し、サスペンスドラマの旨みを低予算で得ようという魂胆なのだろうが、陳腐かつ中途半端で、どう考えても視聴者の興味を引くとは思えない。しかも、なぜこの番組の司会に、どの番組にでも出てくるようなお笑いタレントが必要なのか。『超再現!~』に限らず、お笑いブーム終焉後の、お笑いタレントの救済策としか思えないような番組が多すぎる。

 『家族のうた』の低迷ぶりばかりに目が行きがちだが、テレビ業界全体が閉塞感に覆われているといっていいだろう。他のコンテンツの流用と芸人頼みの番組づくりを続けているようでは、視聴者のテレビ離れはますます加速するだろう。
(文=本多圭)


『アイドルの穴2011 日テレジェニックを探せ! テレビでは放送しなかった究極のお宝映像125分大放出!コレ見てあなたもジェニック穴リスト!DVD-BOX! 』

紗栄子にもこういう時代があったのにね

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週