>   > 

高橋みなみイズムに反旗「努力は必ず報われると言ったのに……」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

takamina0411.jpg
※イメージ画像:CD+DVD『Answer(初回生産限定盤B)』/ノースリーブス/ERJ

 ミリオンヒットを連発し、時代の頂点を極めているAKB48だが、関連グループも絶好調だ。2010年、大阪を拠点に結成したNMB48は、デビューシングルから3連続でオリコンチャート1位に輝くなど、本家およびSKE48と共に人気を博している。彼女たちはAKBやSKE以上に巨乳揃いなのも魅力のひとつで、最新シングル「ナギイチ」(よしもとアール・アンド・シー)では水着で歌い踊るメンバーたちの揺れるおっぱいが堪能できると話題だ。

 そうは言っても、今やすっかり名の通った前田敦子や大島優子ら本体の中核メンバーたちと比較すれば、個々人の知名度は全国的にはまだまだ低い。熱心に彼女らを応援する一部ファン以外は、顔と名前が一致しないどころか街ですれ違っても気付きもしないだろう。それでも少女たちは先輩たちのようにスポットライトが当たる日を目指して夢を追うのだ。

 だが、AKBグループそのものの体制に疑問を呈し、先日卒業を表明したメンバーがいる。NMB48一期生にして研究生の原みづき(14)だ。NMBでは1月にチームMのメンツが発表されたが、多くの二期生がそこに名を連ねる中、原の昇格はかなわなかったため、見切りをつけたようだ。彼女は「Google+」上に長文を綴り、思いのたけを吐露していた。

「研究生とチームで仕事の差が多くなっていってみんなイライラしだしたよな??」
「謹慎になってた子達が帰ってきて公演にあんまり出れなくなったりした。帰ってきてすぐに選抜やチームに入ってるのが凄く悔しかった」
「努力は必ず報われるって憧れてる高橋(みなみ)さんが言ってたけどみづきはそうは思ってません。ここで考えたのが"卒業"でした」

 男性ファンと交流を持ったとウワサされ、謹慎処分になったメンバーたちでさえ順調に階段を上がっていく中、一期生であるにもかかわらず未だに研究生の身分から抜け出せない現状に憤りを感じたということだろう。確かに、自らが真面目に努力を続けている一方で、不真面目なメンバーが優遇されれば失望を禁じ得ない。ちなみに、原みづきの発言を見た総合プロデューサーの秋元康は、すぐさま「Google+」で反応。「努力は必ず報われるが、それがいつかは分からない」とフォローしている。

 スポットライトが当たらないのは何も彼女だけではない。むしろ、大所帯のAKBグループにおいて、何年も劇場公演や握手会に精を出しつつも、テレビの歌番組や雑誌グラビアに登場することはなく、人気の高いメンバーとの“格差”を痛感している者がほとんどではないだろうか。

「いわゆる“干されメン”ですよね。たとえば2010年の『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』で見事優勝した内田眞由美は、センターとしてシングルをリリースしたものの、その人気が急上昇することも、運営側からの推され具合が変わることもありませんでした。同じく準優勝の石田晴香も同様です。しかし全員が前田敦子になるのは無理な話。最近では、数多いるメンバーにそれぞれの活躍の場を与えようと、“○○部”など様々な部活を用意して、徐々に干されメンのメディア露出も増加傾向にある。腐らずに、少しでも光の当たる機会を待っていれば……とも思います」(AKB関係者)

 しかし、このままAKBという枠の中で努力を続けていても、誰にも引き上げてもらえずに沈没する可能性もある、と芸能プロ関係者は言う。

「どんな流行も必ず沈静化する。AKBも例外ではなく、まもなく人気に陰りが出ます。アイドルグループとして生き残ることは可能ですが、社会現象としてのAKBは今年~来年で終了するでしょう。そうなったときに、膨らみすぎたメンバーたちの処遇に困らないよう、バーニング系など大手事務所にも続々と移籍が進んでいる。大島優子や篠田麻里子、板野友美に渡辺麻友といった、すでに存分に顔を売り出せたメンバーはまだいいとして、『AKBです』と名乗っても『見たことない』と言われてしまうようなコたちはどうなるのか」

 メディアで名前を取り上げられることがないメンバーたちも、深夜のレギュラー番組出演や劇場公演に全国ツアー、毎週末のように開催される握手会やイベント、海外公演と、多忙を極めている。人知れず懸命に頑張る彼女たちの努力が、いつか報われればいいのだが……。

『ナギイチ』


おっぱい!おっぱい!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週