>   > 

スポーツ新聞業界内でのAKBを巡る"見えない闘い"


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

akb_shinbun0113.jpg
※イメージ画像:左「報知新聞」、右「デイリースポーツ」(2012年1月13日号)

 「今年こそもう終わるだろう、もう終わるだろう」と周囲から陰口を叩かれていたAKB48だが、昨年末に日本レコード大賞を受賞した勢いそのままに、2012年も天下が続きそうな雲行きだ。

 スポーツ新聞業界を見渡してみれば、数年前からAKB48に最も力を入れていた日刊スポーツの先見の明がひと際光る結果となっているが、昨秋からはスポニチまでもが「Weekly AKB」という新連載をスタートさせた。

「ライバルといわれるスポニチが日刊の後を追っかけたことは、スポーツ新聞業界では衝撃だったそうですよ」と明かすのは別のスポーツ紙デスク。確かに日刊のAKBベッタリ報道は、他紙の追随を許さぬものがあった。1面&終面全面記事広告を展開したり、AKB専門のタブロイド版を発行してみたり。ネット上では、これまで日刊で掲載されたAKBを大きく扱った記事がオークションに出され、ファンの間で売買されるケースも出たほどだ。

「それほどAKBといったら日刊でしたからね。他紙は相当遅れを取っているのに、最大のライバル社であるスポニチもAKB連載を開始した。サンスポや報知、デイリー、東中といった他4紙の動揺は計り知れないものがありましたよ」(芸能プロ関係者)

 そのせいか今月9日にホームグラウンドの秋葉原にある氏神「神田明神」で神前成人式を行ったAKB48の前田敦子、高橋みなみ、柏木由紀、板野友美らの取材現場には、サンケイスポーツが記者を3人も投入するシーンが見受けられた。驚いたのは、その中にサンスポの名物デスクX氏の姿もあったことだ。事情通によれば、これにはいろいろな思惑が見てとれるという。

「X氏は相当、焦っているんでしょうね。どうやら日刊、スポニチもAKBに力を入れている。うちもやらないわけにはいかない、と変な力が入っちゃっているみたいですよ。もともとX氏は日刊、スポニチに対して意識過剰なところがありますから。特にスポニチはバーニングに近いことからスクープが多い。それでいつもX氏はスポニチの動向を気にしています。そのスポニチが連載をやり始めたことは、強烈にX氏を刺激したんでしょう。まあ、でも今さらAKBに力入れても遅すぎますよ。完全に出遅れているのに日刊、スポニチに追いつけるわけないじゃないですか。皆、内心笑っているそうです」

 ここ数年、メディアはAKBに振り回されっぱなしだが、X氏の場合は2回転くらい振り回されているのかもしれない。

『AKB48 Twenty-Four Hours』


ソニマガさん@ビジョメガネは悔しいかも......

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週