>   >  メンズサイゾー的”実用的”グラドル写真集2011

メンズサイゾー的”実用的”グラドル写真集2011


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  

 長らく続く”平成の大不況”から一向に復活する気配が見えない日本経済。それも相まってか、深刻な出版不況は年々進み、特に経費がかかるとされるグラビア写真集などは出版するのも一苦労なのだとか。しかし、そんな状況の中発売された写真集だからこそ、よりすぐられた話題の美女たちが出演している。そこで、メンズサイゾー的”これは買い”の写真集をご紹介! 今年頑張ったご褒美がわりに手に入れてみてはいかがでしょう?

【後藤真希】

goto1226.jpg※イメージ画像:『go to natura …』/ワニブックス

 1999年にモー娘。にただひとりの3期メンバーとして加入し、絶大な人気を誇った後藤。2002年にグループを卒業し、ソロ活動を始めたが思うようにヒット作は出なかった。それどころか、弟(元「EE JUNMP」ユウキ)は逮捕収監され、母親は変死してしまうなど身内の不幸が重なり、2011年で活動休止する旨を発表。これを受け、今年はメディアへの露出も急増した。

 そんな彼女の写真集はフルヌードとまではいかないが、十二分にセクシーさを感じさせる出来栄えだ。今作では、バストトップが見えそうな艶かしい下着姿や大きな乳房を腕で隠しただけの横チチ丸見えの入浴シーンなどヌキどころが満載。特に、入浴シーンは、”風呂の水に性器が写り込んでいるのでは?” と話題になっている。来年からの動向は不明だが、そのボディーの衰えないうちに芸能界復帰を決意していただきたい。

 
【小島慶子】

kojimakeiko1226.jpg※イメージ画像:『カメラマンたちが見た小島慶子』/集英社

 TBSアナウンサーとして『回復!スパスパ人間学』などに出演していた小島慶子。昨年6月にTBSを退社し、現在はラジオパーソナリティ-へと華麗に転身し、ラジオを主戦場として活躍している。

 小島が今年発売した写真集は、熊谷貫、橋本雅司、沢渡朔ら著名カメラマン3名が撮影したもの。凛々しいドレス姿から華やかな色合いのビキニまで、小島の艶姿を堪能することができる。この撮影では、ありのままの自分を見せようとしているため、控えめにしか修正をしておらず、シワもほとんど残ったままだ。また彼女のボディーは、自身のラジオ番組『キラ☆キラ』(TBSラジオ)でも自虐的に話しているとおり、貧乳で骨が浮かんで見えるほどの痩せ型。それでも二児の母でありながら、ウエストなどにたるみがないのは、もはや”奇跡的な美”すら感じさせる。言葉は悪くなってしまうが、”Aカップしかない39のおばさん”の写真集のはずが、そこには失望は感じられず、むしろ生々しく絡みつくようなオトナの色気がある。

 
【安めぐみ 】

yasumegumi1226.jpg※イメージ画像:『Sweet Dreams』/ワニブックス

 そのムッチムチの抱き心地良さげなボディーと、おっとりした話し方で世のオジサマたちを魅了して止まなかった安めぐみ。これまでリリー・フランキーや石田純一などと浮名を流していたが、今年の10月に東貴博との交際が発覚。12月に東のプロポーズを受け入れ、21日に婚姻届けを提出した。

 そんな安が、独身最後に出版したグラビア写真集『Sweet Dreams』は「自分らしく」をテーマに、気心の知れたスタッフで撮影に臨んだもの。彼女の素顔に肉薄しながら、露出が多いものに仕上がっている。肉付きが良い柔らかなボディーラインに定評のある安。昨年出版した写真集では、全体に肉が付き過ぎな印象を受けたが、今作は全盛期のころと見劣りしていない。そんな中、特筆すべきなのはヒップだ。ボディーこそ、ふくよかながらも張りのあるカタチに仕上げているが、ヒップだけはだらしなく垂れ気味。しかしその垂れ具合が、熟女の香りを漂わせ、妙に艶かしい。グラビア引退を撤回し、これからも”人妻熟女グラドル”として活躍してもらいたいのだが……。

 
【小野真弓 】

onomayumi1226.jpg※イメージ画像:『Switch』/ワニブックス

 通例として芸能人のスリーサイズは、計測結果よりもバストは大きく、ウエストは細く書かれがちだ。そんな中、偽ることないウエストサイズを維持していたことがテレビ番組で判明し、話題となった小野真弓。これまでは、毎年コンスタントに写真集やイメージDVDを出していたが、今作の発売記念イベントでリリースの休止を発表した。そんな小野が「これが究極」とまで言い切った今作は、すっぴんの入浴シーンや自前の下着でのセクシーショットなどにも挑戦。またベッド上の写真などでは、わざと手が写り込むように撮影され、まるでハメ撮りのようにも感じられる仕上がりに。

 ”フルヌードよりエロい”とされる写真集を出版し、充電期間を置いた後は『いよいよのフルヌード写真集か!』 との気運も高まった。しかし、11月下旬に行われたイメージDVDの発売記念イベントで、5月に熱愛が発覚した歳下彼氏とまだ交際していることを公表。さらに今年のクリスマスも仕事の予定がなければ、彼氏と過ごすとの発言が飛び出している。来年は写真集ではなく、婚姻届を出すこともありえるか!?

 
【逢沢りな】

aizawa1226.jpg※イメージ画像:『人魚』/ワニブックス

 08年に元AV女優・及川奈央が出演したことで、オトナの男性の注目も集めた『炎神戦隊ゴーオンジャー』(テレビ朝日系)。同作にヒロインとして出演し、一躍脚光を浴びたのが逢沢りなだ。同年には、高校在学中の女性タレントが起用される全国高校サッカー選手権の応援マネージャーにも抜擢された。これは正統派美女が選抜されており、以前は堀北真希や新垣結衣、北乃きいなどが務めていた。

 そんな美女の系譜に名を連ねた逢沢は、B78cm・W58cm・H80cmというスレンダーなプロポーションの持ち主。”薄すぎる”と評されるボディーと、大きな瞳にロングヘアーが、彼女を儚げな美少女然とさせている。しかし彼女は、ふっくらとした丸みを持つボディーラインに憧れがあるようで、「ハト胸が良かった」、「ヒップにボリュームがない」、「夜にカップ麺を食べるが太らない」など、肉が付かない自身の身体を嘆いているようだ。

 そんな”華奢カワイイ”逢沢の写真集最大の見どころは、きわどいローライズのビキニ! 特にヒップは若干ハミだしており、その張り具合は身悶えもの。また意外と胸も丸く肉がつき始めており、大きく胸の開いたワンピースなどでは、若干の谷間なども見て取れる。もう少しバストが成長すれば、スレンダー巨乳としてグラビア界のトップに君臨することも……。期待したい!!

 
 2011年も依然低迷を続けた日本経済だが、来年こそ景気回復を願いたいもの。そのために、我々庶民もすこしばかり財布のひもを緩め、”景気回復のため”を大義名分に、お気に入りの1冊を購入してみてはいかがだろうか?
(文=木嶋陽介)

『本仮屋ユイカ 写真集 「AIR」』

 
ユイカちゃんの透明感も捨てがたい!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週