>   > 

日本で爆売れ中のK-POP 意外とフトコロは寂しい?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

karashojo1220.jpg
※イメージ画像:左『K-POP Girls vol.2』右、少女時代1stオフィシャルフォトブック『Holiday』

 K-POPの勢いが止まらない。来週付のオリコン週間アルバムランキングでは、5人組女性グループ・KARAの2ndアルバム『スーパーガール』がトップ、2位に5人組男性グループ・BIGBANGのベストアルバムがランクインし、韓国勢の1・2フィニッシュとなることが明らかになった。

 2011年のCD・DVD売上総合ランキングでも、KARAは49億2,600万円で4位、少女時代は40億4,900万円で5位。6位の安室奈美恵、7位のaikoを抑え、3位のEXILEの56億円に迫る勢いだ。韓国芸能界にとっては「韓流ブームの日本に行けば誰でも売れる」といった状況であり、次から次へと韓流アーティストが日本に上陸し、売り出しに躍起になっている。

 その背景には、日韓の市場規模の違いがある。

 音楽市場が冷え込んでいるといわれる日本だが、約3,400億円の市場規模は世界トップクラス。だが、韓国はコピー商品や違法ダウンロードが横行している影響もあり、日本の30分の1程度しかない約120億円。市場が頭打ちだったところに、日本の韓流ブームが降って湧いたのだから、韓国の芸能事務所が一発当てようと歌手を送り込んでくるのは当然だ。

 韓国芸能界にとっては"ゴールドラッシュ"といえる状況であり、なりふり構っていられないというヤカラも出現している。今月12日には、韓国の5人組グループ「GREAT」が、短期滞在ビザで入国しながら東京・新大久保でライブをするなどしたために摘発された。彼らは韓国では「G.IAM」という名前で活動していたが、韓国紙では「無名アイドルグループが日本で摘発」と書かれており、韓国で売れる前に日本に来たようだ。

 ここまでして日本に来たいというのだから、日本での活動は相当においしいのかというと、金銭的にはそうでもないようだ。

「メンバーと事務所の間で金銭トラブルがあったKARAの裁判で明らかになった分配率によると、日本での活動収益は日本のマネジメント会社が85%、残りの15%のうち7割が所属事務所、3割がアーティストの取り分になります。日本に来たからといって、荒稼ぎできるわけではありません。しかし、天井が見えてしまっている韓国だけで活動するよりは、はるかにマシでしょう。それに、日本での人気を確立してしまえば、条件の交渉やマネジメント会社の移籍などが可能です。日本での人気を足がかりに、国家を挙げて韓流ブームの世界拡大も狙っていますし、今は下地をつくっている段階でしょうね」(芸能関係者)

 韓国側にいいように利用されているかに思えた日本のレコード会社だが、サイフはしっかりと握っているということか。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

『KARA VACATION 2』


K-POPはブームは終わらない!?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週