>   >   > 

内部告発!? エド・はるみブログに見る芸人像


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

edoharumi1205.jpg
※画像:エド・はるみ公式ブログ「もし芸人エド・はるみが果てなき挑戦をしたら」より

 ダメなマネジャーによって仕事を失くしたと主張するエド・はるみのブログが話題を集めている。「長文です。真実です」と題された12月4日に更新されたエドのブログは現在すでに削除されているが、配信直後には多くのネットメディアで引用転載され、芸能界を干された原因を赤裸々に語った内容が物議をかもしている。

 エドはブログの中で、週刊誌やネットニュースなどが報じている「島田紳助がエドを干した」という主旨の記事に反論。自分と紳助の関係は良好で、「全くの誤報であり、噂と憶測で書かれたもので、まったく事実ではありません」と主張する。そしてエドは自分がテレビの仕事を失った理由として、2008年10月から2009年5月にかけて付いた新入社員の男性マネージャーを挙げる。

 エドによれば、そのマネジャーはテレビ番組の出演に際して欠かせないはずである事前アンケートなども、まったく渡してくれなかったという。そのせいで、彼女は、「天狗になってアンケートも書いてこない」と現場では言われていたという。また、仕事の入り時間を間違えることもたびたびあり、そういったことの積み重ねで、"エドは天狗"という評判が根付き、次第に仕事がなくなったという。

「今までずっと、公には誰にも言わず、自分の胸に抱え込み、今日まで来ました。そして、あっと言う間にTVから声が掛からなくなり、2年近くが過ぎています」
(http://haruhappyharuru.laff.jp/より)

「もう、彼のことを言っても仕方がありません。自分の力ではどうしようもなかった巡り合わせや運の悪さを、今さら嘆いても仕方がありません。ここからまた、一から努力して、這い上がって行くしかありません」(同上)

 自身のブログでそう今の心境を語ったエド・はるみ。真偽のほどは定かではないが、すでに記事が削除されているところを見ると、エドの言い分がまるっきりのデタラメではないと推察できる。うがった見方をすれば、エドのことを好ましく思わない吉本所属の大物芸人が、マネジャーをコントロールしていたなんてことも考えられる。もちろん推測だが、その大物芸人が急速に力を失った今の段階で、エドが今回のような告白をしたのかもしれない。

 とはいえ、吉本のマネジャーといえば、芸人たちの披露するエピソードトークの常連で有名。彼らは、ことあるごとに芸人たちから怒りを買い、「とんでもないヤツがいる」と罵倒されることもあるほどの変わり者ぞろい。しかし、そんな彼らの被害にあった芸人たちは、そのエピソードを披露することによって笑いを得る。いわば、ダメマネジャーはネタの宝庫でもあるわけだ。だが、エドはそれをしなかった。できなかったというべきなのか、彼女は、何の笑いも生まずにブログで過去を嘆いただけである。

 日本最古の歴史を持つ芸能事務所である吉本興業(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)のタレント処遇は他の事務所と一線を画す。契約は結ばず、どんなに大物になっても送迎はしない、ギャラは歩合で完全交渉制、会社を見限るようなタレントは徹底して攻撃し芸能界での生き残りを許さない。もちろん例外はあるものの、吉本のタレントに対する態度は一貫している。それを一言で表すならば「芸人を芸人として扱う」ということだろう。

 そもそも芸人とは一般の物差しでは測れない人々のことだ。何よりも笑いを第一に考える彼らに一般の常識は通じない。そして、そういった人々を商品として扱う事務所は、より常識から外れた芸人を世に送り出すことに専心する。よく吉本の芸人は、海外ロケの仕事で現地集合・現地解散など当たり前という話をするが、事務所とすれば、1から10までマネジャーが手配をするようでは、芸人の芸人たるゆえんを潰してしまうと考えているのだろう。ぬるま湯では芸人の真骨頂である、常人離れした野性味が失われてしまうと思っているのかもしれない。

 マナー講師という経歴から見て、エド・はるみという人間が常識人であるのは疑いようがない。そんな彼女の内部告発とも取れる今回のマネジャー批判には、一定の真実味がある。しかし、芸人として生きる彼女にとってそれが何だというのだろうか。今年の8月に放送された『ロンドンハーツ 憧れの女芸人GP』(テレビ朝日系)で久しぶりにエドの姿をテレビで見たが、かろうじて「グー」を披露するだけにとどまった彼女は痛々しくもあった。「一から努力して、這い上がって行くしかありません」と今後の決意を語るエドだが、どこに這い上がって行くつもりなのだろうか。まずは芸人という肩書きを外すことが先決だろう。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

『グーグー体操』


マネージャーとの関係はグーじゃなかった?.

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週