>   >   > 

芸人の鑑かただの愚か者か!? 猫ひろし五輪出場の行方


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

nekohiroshi1116.jpg
画像:『猫ひろしがやってくる ニャー! ニャー! ニャー!』

 16日未明、ロンドン五輪の男子マラソンに出場するためカンボジア国籍を取得したお笑い芸人の猫ひろしが、インドネシアのパレンバンで行われた東南アジア競技大会に出場した。カンボジアの今期国内記録に匹敵する2時間31分を切ることは出来なかったものの、全体で5位となる2時間37分39秒の自己記録を更新。カンボジア人選手の中では1位を獲得し、今後に一縷の望みをつないだ格好となった。

 同日午後、『ひるおび!』(TBS系)に電話出演した猫は、「カンボジア人の猫ひろしです」と挨拶した後、レースの結果に関して、「ベストじゃない状態での自己記録更新には満足してますが、残念です。今の実力を素直に認めて、次はがんばりたい」と語り、司会の恵俊彰が「なぜカンボジアを選択したのか?」と質問すると、「3年ほど前から考えていたことで、当時、カンボジアで行われたレースに参加して、周囲の人々や選手仲間にとてもよくしてもらったから」と回答。レース後の映像でも、ユニフォームを脱いだ猫に対して、ほかのカンボジア人選手がカンボジア・ナショナルチームのTシャツを着せる場面などが見られ、信頼関係の厚さを感じさせた。

 番組中、恵やペナルティのヒデとの会話では、まるでアスリートのように、「応援してくださった皆さんのためにも、ぜひがんばりたい」「オリンピック出場は諦めていない」「認めてもらいたい」と語った猫。それでも、恵やヒデに「1度も"ニャー"と言ってませんけど?」とツッコまれると、思い出したように自身の代名詞ともいえる"ニャー"を披露した。そして、「外国人タレントにはならないようにしたい」と猫が言うと、スタジオはようやく笑いに包まれた。

 以前、猫はカンボジア国籍取得の際、「僕が本当にカンボジアのユニフォームを着て、オリンピックの舞台に立ったら絶対笑っちゃうでしょう」と語っている。もともと走ることが趣味だったという彼が、本格的にマラソンに取り組み始めるきっかけとなったのが『オールスター感謝祭』(TBS系)の赤坂マラソンであったというのは有名な話。番組の1企画から発した猫のマラソン人生。やはり、彼にとってはカンボジア人になってオリンピックを目指すという選択は、芸人活動の一環として捉えるほうが適切なのだろう。

 しかし、そんな猫の行動に冷ややかな視線を送る人も多い。特に、近年日韓問題や日中問題でナショナリズムの高揚が見受けられるネットユーザーたちは、猫のカンボジア国籍取得を快く思っていない様子で、今年の2月ことから徐々に話題になってきた猫のカンボジア国籍取得ニュースには、「ただの売名」「カンボジアに骨を埋める覚悟があるのか」「3流タレントのあがきw」「スポーツを侮辱している」など、批判的なコメントが散見する。もちろん、猫の行為を擁護する人々も見受けられるが、そのほとんどが「人の人生だからとやかく言うべきではない」という消極的な賛成意見ばかり。ぜひがんばってほしいというのは極少数に限られる。

 そんなネットユーザーたちからの激しい批判を猫自身がどう感じているかは分からない。しかし、彼の走る様を見ていると、それがたとえテレビ番組の1企画であっても、どれだけ本気かは誰の目にも明らかだろう。どんな批判にも負けないで走るのが猫ひろしという芸人だ。記者は数年前に1度、猫ひろしと仕事を共にしたことがあるが、とても実直な人柄であったのを覚えている。どんな要望にも応え嫌な顔1つしなかった。もちろん、それが当たり前という意見もあるだろうが、腰が低く、笑顔を絶やさない彼の素顔はとても好感の持てるものだった。いい人だからなにをしてもいいというわけではないが、そんな彼の素養が、同じ競技でオリンピックを目指しているカンボジア人選手たちの心を動かすのも時間の問題だろう。16日に行われた選考会での様子を見る限り、すでに猫はカンボジア人選手たちに仲間として認められている気がした。

 ネットユーザーたちが叫ぶ、「カンボジアに骨を埋めろ」や「スポーツを侮辱している」という批判は論点がずれている。なぜなら彼は芸人だからだ。芸人にとって、唯一の目的は笑いをとること。彼も言っているように、その手段としてマラソンでのオリンピック出場を目指したわけだ。もしそんな彼を批判するなら、「そのギャグつまんない」というのが適切だろう。猫にとって国籍云々やスポーツの崇高な精神などという問題は関係ない。そんな彼を記者は心から応援したい。是が非でもロンドンオリンピックの男子マラソンのスタート地点に立つという一世一代のギャグを披露して、笑わせてもらいたい。

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

『猫ひろしのマラソン最速メソッド』

是非オリンピック出場を実現してほしい!


amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週