>   > 

週刊誌業界との全面戦争突入!? 島田紳助&吉本興業が講談社を提訴したウラ事情


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

gendai1025_05.jpg
長らく島田紳助関連の特集を組んでいる「週刊現代」

 暴力団関係者との交際が原因で芸能界を引退した島田紳助(55)と元所属事務所の吉本興業が24日、「週刊現代の虚偽の記事で名誉を傷つけられた」として、発行元の講談社と同誌編集長に総額1億6,500万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴えを起こした。

 紳助と吉本が問題にしているのは、10月3日発行の週刊現代の「切っても切れない『島田紳助と暴力団』」「紳助、あんたはヤクザだ」などと見出しが書かれた記事。記事では、紳助が暴力団関係者と共に不動産取引の交渉をしていたと指摘しており、紳助が極道の世界の一員であることを知りながら吉本はタレント契約を結んでいたとも報じている。

 紳助は引退会見で「これからは一般人。週刊誌にウソを書かれれば告訴できる」と3回も発言し、マスコミを牽制する姿勢を見せていたが、ついに実際に"反撃"を開始したといえる。紳助側と吉本側を合わせて8人もの弁護士が代理人として名を連ねる"大弁護団"を組織しての満を持しての提訴だ。

 対する講談社側も「記事の内容には自信を持っている。今後も紳助さんと暴力団の関係を取材し、特集を組んでいく予定」とコメントしており、真っ向から対決する姿勢を見せている。

 それにしても、なぜ現在は関係ないはずの紳助と吉本が連名で提訴するに至ったのか。

「現代の記事は、紳助と暴力団の関係を裏付ける内容でしたが、吉本が暴力団との交際を知りながら紳助を所属させていたという指摘が最大の問題だったといえます。これが事実なら、暴力団との交際に厳しく臨むと言っていた吉本の立場がなくなるばかりか、他の所属タレントが"潔白"であるという根拠も失ってしまう。事実であろうとなかろうと、企業として何かしらアクションを起こさなければならない記述だったといえます。紳助にすれば、あえて現代である必要はなかったのでしょうが、吉本と一緒に動くことでマスコミへの牽制を強める意図があったのでしょう」(芸能関係者)

 現在、紳助はマスコミを避けて沖縄、大阪、東京を行き来しているが、沖縄のマンションに吉本興業の社員が出入りする姿が何度も目撃されており、大阪や東京でも吉本関係者と会っているといわれ、いまだ両者の関係は強固なようだ。

 「暴力団排除条例」の施行で芸能界が揺れている中、吉本が暴力団との親密交際が発覚した元タレントといつまでも関わり続けるのは、決してプラスにならないように思えるが......。

「紳助が芸能界やサイドビジネスで培ってきた人脈は、吉本にとっては捨てるに惜しい価値があります。芸能界で一大勢力を築きながらも、芸能以外でも幅広い商売をしてきた吉本ですから、テレビの斜陽とともに他業種参入路線を拡大していくことも考えている。その時に役立つのは、紳助のような"裏の世界"にも顔がきく人物の存在です。もちろん、紳助にとってみれば、吉本のような大企業とのパイプは貴重な財産になる。不動産や飲食業のサイドビジネスをしてきた紳助ですが、今後は芸能事務所の設立など裏方として芸能界に携わるという野望も抱いており、その点から考えても吉本との関係は絶対に切らないでしょう」(前同)

 今回の紳助と吉本の提訴は"紳助叩き"を激化させるマスコミに対する牽制の意味も大きいと思われるが、その効果はいかほどか。

「はっきり言って、効果はあまりないでしょうね。問題の記事が事実かどうかは別にしても、紳助が引退会見で『絶対にない』と言っていた暴力団幹部との同席写真が次々と見つかるなど、彼の闇は深い。週刊誌の報道はウソばかりだ、と言えるような状態ではないでしょう。それに、現代を黙らせたとしても、他の週刊誌は裏取りを強化する程度のもので、紳助報道をやめるとは思えません。訴訟にひるんでいたら週刊誌は商売になりませんし、例え自宅や編集部に実弾を撃ち込まれても引きさがらないような記者も、まだいますからね」(週刊誌記者)

 吉本側は「紳助さんと協力のうえで、他の虚偽報道についても追加の訴訟提起を検討しています」として、さらに牽制を強めている。このまま、週刊誌業界と紳助&吉本の全面戦争に突入するのか、週刊誌側が言い逃れを許さない"切り札"を出してくるのか、今後も目が離せない状況が続きそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『週刊誌編集長―週刊現代・フライデー・Web現代編集長が明かす、スキャンダル、事件報道現場の3300日』


元・編集長元木氏はどう思っているのだろうか?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週