>   > 

アイドルはアイドル好き! お互いを高め合うアイドルの相互リスペクト事情


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

morning_akb0916.jpg
※画像は左『アロハロ!5 モーニング娘。』
『AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら...公式ガイドブック』より

 ちまたのメディアいわく"戦国時代"、あるいは"生き馬の目を抜く"など、熾烈な状況が取りざたされるアイドル業界。

 AKBに追いつけ追い越せということで、ファン同士の一部もネットを主な舞台として、粗探しや誹謗中傷でいがみ合うことに日々余念がない。特にモーニング娘。をはじめとするハロープロジェクトのファンとAKBファンの反目は顕著だ。当のアイドルたちもそんな状況は当然わきまえているはずだが、互いにライバル心を燃え盛らせてばかりかというと、さにあらず。

 アイドルシーンのトップをひた走るAKB48では、指原莉乃がハロプロ好きであることが有名だ。指原はAKBメンバーが歴代パーソナリティーを務めてきたラジオ番組『AKB48今夜は帰らない...』(CBCラジオ系)の5代目パーソナリティとして、2011年の4月25日の回まで小森美果、佐藤すみれとともにレギュラー出演していたが、ハロプロの曲を何度となくプッシュして番組でオンエア。他のふたりから「またハロプロ!?」的にあきれられていた。

 同番組の4代目パーソナリティーは、高橋みなみ、柏木由紀、倉持明日香の3人だったが、この中では柏木が元ハロプロの石川梨華の大ファン。石川も以前、CBCラジオの番組『ちゃんちゃかチャーミー!』を持っており、CBC東京支局の同じスタジオで収録するという状況に「あの石川梨華さんと同じ場所でお仕事できるなんて!」と、柏木が妙に興奮していたのが記憶に深い。

『AKB48今夜は帰らない...』の現在のパーソナリティは、AKBチーム4の島田晴香、島崎遥香、市川美織だが、この中では島田がやはりハロプロの矢島舞美(℃-ute)が好きなことを明かしている。

 これに対してハロプロでは、モーニング娘。の道重さゆみがアイドルマニアであることを公言。あるトーク番組では同じくモー娘。メンバーの新垣里沙から、「(レッスンの時に)女のコがプリントされているTシャツを着ているな、私たち(モー娘。)の新しいTシャツかなと思ったら、アイドリング!!!さんのTシャツで、どうせ着るなら自分たちのを着ようよ!」と指摘された。しかしそれでも道重は、「でも、アイドリング!!!のTシャツを着ると気分がアガるんです!」と言い切った。

 一方、AKBの松井咲子もアイドリング!!!ファンであることが有名だが、彼女の場合はその思いが伝わり、8月20日にはアイドリング!!!16号の菊地亜美のラジオ番組『1ami9』(ラジオ日本系)に出演するに至った。その菊地もやはりアイドルマニアで、モー娘。、AKBから、K-POPアイドルに至るまで、幅広く網羅しているツワモノ。

 アイドル好き同士のトークが異様に盛り上がったのはいうまでもないが、菊地は「自分でラジオ番組のパーソナリティーを担当させていただくに当たって、モー娘。の道重さゆみさんの番組『今夜もうさちゃんピース』(CBCラジオ系)を聞かせてもらい参考にしました」とのこと。東京までは電波が届きにくい名古屋のラジオ局の音源を入手するとは、タダならぬリスペクトぶりである。

 他にもアイドルが好きなアイドルは数多く、AKBでは小嶋陽菜は熊井友理奈(Berryz工房)、島崎遥香は東京女子流。アイドリング!!!では13号の長野せりなが福田花音(スマイレージ)、21号の橋本楓がももいろクローバーZ。SKE48研究生の鬼頭桃菜は嗣永桃子(Berryz工房)。......と、アイドル同士の"推し合い"は枚挙にいとまがない。

「AKBにはハロプロの旗手・モー娘。のオーディションを受けている者が多い。現モー娘。メンバーの光井愛佳が加入したハッピー8期オーディションにはAKBの柏木由紀と佐藤すみれがエントリー。佐藤はファイナル審査まで勝ち残りました。峯岸みなみは小学生時代にハロプロキッズのオーディションを受けた経験があります。晴れてアイドルとなってハロプロを凌駕する人気と知名度を得た今でも、ココロに染み付いたあこがれはぬぐいきれないといったところでしょうか」(アイドルライター)

 考えてみれば、アイドル好きな女のコというのは沢山いる。その中からアイドルを目指して夢を実現させたコたちが、そのままアイドルを好きでいることには何の不思議もないのだ。

 多数のアイドルグループが合同で行うライブの会場では、推し以外のグループが少しでも持ち時間をオーバーすると、聞こえよがしにブーイングするやからをたまに見かけるが、アレは非常に見苦しい。互いにリスペクトし合って切磋琢磨するアイドルたち。そんな形でアイドルシーンがさらに盛り上がれば、これ以上に美しいことはないだろう。
(文=ルート666)

『グループアイドル進化論~「アイドル戦国時代」がやってきた!~』


時代を彩ったアイドルたち

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週