>   > 

"吉本ゴリ推し"は存在する!? テレビ局と芸能事務所の関係


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

yoshimoto0911.jpg
※画像は『吉本興業の正体』より

 FUJIWARAの藤本敏史あたりが千原ジュニアやピースの綾部祐二などをイジる時によく使うのが、「お前なんか吉本のゴリ推しで売れたくせに!」というセリフ。中堅ガヤ芸人らしい、爆発的に売れない自分への悲哀と同期のジュニアや後輩のピースに先を越されたことによる嫉妬のこもった言葉は大きな笑いを誘う。そんな彼の叫びを聞いて視聴者が笑うのは、そこに切実さがにじんでいるからだ。彼の悲哀と嫉妬の叫びには、真実味を感じさせる切実さがある。そしてさらに、彼の言葉が笑いを生むのは、「吉本のゴリ推し」という言葉の曖昧さではないか。つまり、ありそうでなさそうで、またありそうな、「吉本のゴリ推し」というワードの微妙さが、彼の切実さとギャップを生み、笑いを起こしていると言える。そこで、今回の記事ではそんな曖昧模糊とした「吉本のゴリ推し」について考えてみたい。

「私が担当している番組に関してですが、吉本さんがゴリ推しをしてきたようなことは一切ないです。同業者に聞いても、あんまりそういった事情はないようですよ。例えば、一社の提供で成立している番組なんかは、スポンサーサイドが『このタレントを使ってくれ』と言ってくることはあるようですけど。そういった事情以外で、どこかの事務所に肩入れするってことはないんじゃないでしょうか。もちろん、番組出演者との関係で出演タレントを決めることはあるでしょうから、メインMCによってゲスト陣の事務所が偏ることはあると思います。特に誰を使っても同じような場合はありがちなことでしょうね」(放送作家)

 多くの番組制作に直接携わった経験のあるこの放送作家は、起用タレントについて、吉本に限らず芸能事務所の"ゴリ推し"というものに遭遇したことはないという。しかし一方である制作会社関係者はこんなことを漏らしてくれた。

「俗に言う"ゴリ推し"というものが存在するかは分かりませんが、局側が吉本のタレントを使いたがる雰囲気を感じることはあります。どうしてそこにそのタレントが必要なのかまったく理由が分からないのに、とりあえずみたいな感じでキャスティングしてくることがあるんです。そういったタレントには吉本が多い気がしますね。まあ、吉本の株を持っているキー局としては、やはり吉本というブランドをぞんざいにはできないのでしょう。こっちは請け負う立場なんで何も言うことはできませんし、言うほどのことでもないんですけどね」(制作会社関係者)

 金融ジャーナリストの伊藤歩氏は、島田紳助の引退騒動を引き合いに出しながら、2009年に突然宣言された吉本興業の非上場化を皮肉な言い回しで「メリットがあった」と指摘する。(東洋経済オンライン http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/2a19f93f6931d499a2c7984c4a140936/page/1/

 記事の中で伊藤氏は「(紳助の引退で)今後の収益そのものも後退するであろうから、吉本興業が上場会社のままだったら、少なくとも業績予想の下方修正を余儀なくされた可能性は高い」と言い、「上場会社のままだったら、どれほどの説明責任を問われたかわからない」と分析。「(2009年の)非上場化は吉本興業にとって実に賢明な選択だったといえる」と指摘する。

「09年の上場廃止で、吉本の株主は大手広告代理店や全国ネットのテレビ局など、吉本と密接な関係にある巨大企業に集約されました。これによって吉本は大手メディアの完全な子会社となったわけです。株を持っている側が、その株の価値を下げるような真似はしませんよね。つまり大手メディアと組んだ吉本は、何があってもメディアから追い出されることはないというわけです。暴力団関係者との交遊で紳助さんが引退しましたが、さほど問題になっていないのは、こういった関係があるからと言えるでしょう。まさに先手を打った吉本の勝ちというわけです」(芸能ライター)

 「メディア関係者との資本関係強化により、目新しい仕掛けをスピーディに展開するため」と言って個人株主1万6,000人から強制的に株を買い上げ、株主全体をメディア関係者という応援団に変えた吉本興業。現場で働く人間には"ゴリ推し"を感じさせてはいないようだが、関係会社に株式を譲渡するというやり方は、暗に"ゴリ推し"を実行しているのと同じかもしれない。それとも、さすが関西商人と言って吉本興業の経営手腕を褒めるべきなのか。ともかく、稼ぎ頭の紳助を失っても吉本帝国の牙城は崩れそうにない。

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

『有名になりたいモデルの卵は
過剰なエログラビア撮影を拒みきれない!』

こんなこともあるのかも!?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週