>   > 

鍵を握るのは淳!? 吉本アメリカ進出に見る芸能界の世代交代と韓流


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yoshimoto0801.jpg
※画像は吉本興業公式HPより

 韓流偏向の番組内容を放送するテレビ局の姿勢を批判した高岡蒼甫が話題になる中、お笑い芸人のふかわりょうが件の騒動についてコメントし話題になっている。ネットなどでも大きく報道されているから、詳細は省くが、ふかわは自身がパーソナリティを務めている『ROCKETMAN SHOW』(J-WAVE)の中で高岡の騒動について触れ、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う」と発言。「本当か分からない」としながらも、韓流人気の一翼を担うKARAの楽曲権利のすべてをフジパシフィック音楽出版という会社が所有している事実から、一企業とは高岡が名指しで批判した"8"ことフジテレビであることは容易に察しがつく。

 高岡の発言に続いて韓流偏重局として批判の的となったフジテレビ。局として現状をどう認識しているかは不明だが、30日深夜に生放送された『YOU vs.7』(フジテレビ系)でメインMCを務めたロンドンブーツ1号2号の田村淳は番組会見時に「韓流ばっかりじゃなくアメリカとも仕事ができるんだということを示したい」と発言。タレント側とすれば、韓流偏重というイメージがテレビについてしまうことを危惧しているのだろう。

「淳さんは芸人の中でもとりわけ向上心の強い人ですからね。将来的にはエンターテイメント全般を扱う総合会社を設立したいと公言しているほどです。事務所側からすれば、そんな淳さんの野望は手放しで応援できるものじゃないでしょうけど、その情熱を利用しない手はないですよね。新しいことに挑戦するには絶対に必要なものですから。そういったやる気に満ちた人材は会社にとっても大きな存在ですよ。今後吉本がさらに大きくなるには欠かせないタレントでしょうね」(業界関係者)

 フジテレビ・吉本興業・米国テレビ制作会社ノーショナルという3社共同で制作された今回の『YOU vs.7』。先日日本で放送された分を担当したフジテレビのプロデューサーは、前出の田村の言葉に続いて「(韓流偏重という)イメージがついてしまうことは良くないと思います。僕らバラエティーチームは、おもしろい番組を作りたいという思いが強いので、どこの国ということではなく、いいものを作っていきたい」「クリエイティブなものをもっとやっていきたい」と語った。

「音楽番組などでは活躍できる韓流スターですが、日本のバラエティー番組で常時活躍するというのは難しいでしょうね。今のところは色物として視聴者も新鮮な目線で見れるのでしょうけど、韓流スターが今後バラエティー番組に進出してくるというのは考えにくいと思います。万国共通の音楽と違って、お笑い文化はその国の独自のものですからね。簡単には習得できませんよ。そういった意味で、純粋に面白いものを作っていくことを使命とするというフジテレビのプロデューサーの言葉は信用できるんじゃないですか。全国放送のゴールデンタイムに放送されるバラエティー番組は全体の約4割弱もあり、音楽番組はわずか数パーセントです。確かにその数パーセントの影響力もバカにはできませんが、まるですべてが韓流にジャックされているような印象は過剰反応と言えるかもしれませんね」(テレビ番組制作会社関係者)

 震災の影響でさして話題にならなかったが、今年3月には吉本の海外進出プロジェクトの一環として、アメリカで活躍する日系俳優のマシ・オカ企画の番組が今田耕司をMCに据えTBSで放送された。さらに吉本所属の陣内智則は6月に世界進出と銘打って韓国での単独ライブを成功させている。これらのことは、芸人やその事務所が自分たちの作り上げたものに誇りを持って世界を見据えていることを示していると言えるだろう。近頃世間を騒がしているフジテレビの韓流偏重放送の理由が、版権云々の企業としてのビジネスライクであるならば、そんな安易な方法より、やる気と情熱に満ちた芸人たちから生まれるコンテンツを商売のネタとしたらどうだろうか。韓流スターから生まれる利益などよりよっぽど儲かると思うのだが。そして、そんな日本独自のバラエティーが世界に進出するような時代がやってきたとき、今の芸能界における本格的な世代交代が始まるのだろう。その鍵を握っている1人が田村なのは間違いない。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)


『よしもとプリンセスシアター オープン記念ライブ6DAYS 吉本新喜劇withアイドル』


手広く商売してますネ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】中井美穂らと浮名を流したフジ・名物プロデューサーの今
【関連記事】お笑い芸人タラレバ予想「あのときこうしていれば今頃は...」
【関連記事】全部見れなかったあなたへ 『27時間テレビ』ハプニングまとめ
【関連記事】嫌われ過ぎ!? 紳助社長が「嫌いな芸人No.1」を獲得!!
【関連記事】上岡龍太郎とは違う!? さんま引退宣言の真意はどこに




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週