>   > 

AKB48の創始者に"ドス黒い過去"!? 二極化が進む芸能メディア


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

813+ybAyW7L._AA1500_Z.jpg
*画像:『AKBがいっぱい ザ・ベスト・ミュージックビデオ(Blu-ray)』より

 週刊誌「週刊文春」(文藝春秋社)が7月7日号で「オフィス48」の芝幸太郎社長のスキャンダルを報じている。

 芝社長はAKB48の創始者の一人で、総合プロデューサーの秋元康氏、AKBの運営会社AKSの社長・窪田康志と共にAKBを立ち上げた。AKSの社名は3人のイニシャルからとったものというのも、ファンの間では有名な話。

 発足当初は全メンバーがオフィス48の所属であり、現在も総選挙11位の宮澤佐江、17位の秋元才加、20位の増田有華、22位の梅田彩佳が所属し、秋葉原のAKB 48劇場の管理も同社が担当している。AKBの中枢の一つである同社だが、文春の報道によると、社長を務める芝氏は"ドス黒い過去"を持ち、背中には緋鯉のイレズミがあるという。

 高校卒業後、後に社会問題となった「商工ファンド」に勤務した芝氏は、営業マンとして活躍し、22歳で山口支店長に抜擢された。だが、その後はヤミ金業を営むようになり、それも融資をにおわせて最終的には貸さず、調査料などだけを騙し取る振り込め詐欺のようなことをやっていたという。さらに、裏カジノの経営、暴力団員と結託したパチンコの裏ロム販売にまで手を出していたというのだ。

 ある日、懇意だった暴力団員に突然「悪いけど、俺、上がるから。これ以上は付き合えない」と漏らしたという芝氏は、違法ビジネスから足を洗い、裏カジノ経営時代に知り合ったという窪田氏、窪田氏から紹介された秋元氏とともにAKBの設立に動いたという。

 文春の報道が事実であるならば、こうした黒い経歴を持つ人物がAKBの運営に関わっていることは、大きなイメージダウンとなるだろう。

 最近のAKBの勢いは止まるところを知らず、テレビでも雑誌でもメンバーを見ない日はない。この人気に迎合するかのように、CGメンバー・江口愛実騒動の"片棒"を担いだ『週刊プレイボーイ』(集英社)をはじめ、AKBがいなければグラビアページが成り立たない週刊マンガ誌などは軒並み"お抱えメディア"となり、仕事の上でAKBとの関係を悪化させられない芸能人やテレビ局にとってもAKB批判はタブー化している。

 だが、AKBをグラビアなどに起用する必要のない週刊誌は、AKB批判でも憶することがない。文春は今回の記事だけでなく、以前にはAKBメンバーが窪田社長の"喜び組"であると報じ、裁判にまで発展した。また、「週刊新潮」(新潮社)は6月9日号で、複数のAKBメンバーとセックスをしたという男性の暴露記事を掲載し、未成年のメンバーが酒を飲む、初対面から5分でラブホテルに行くメンバーもいる、などと報じた。

 AKBを持ち上げるメディアと、引きずり降ろそうとするメディアの二極化が進んでいるようだ。これもAKBの人気ゆえなのかもしれないが、懸命に頑張っているメンバーたちの努力が周囲の大人の醜聞によって水の泡になるようなことがあれば、何とも報われない話と言えるだろう。

(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

『AKB48 マジすか学園2 DVD-BOX』


不完全燃焼気味な最終回...映画化?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週