>   > 

加藤ローサ、スピード結婚で危惧されるコト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

matuiktoh0623.jpg
※画像は左『突破力』、右『ar 2010年 01月号』より

 女優の加藤ローサがサッカー選手の松井大輔と結婚したことをオフィシャルサイトで発表した。これによれば、二人は昨年秋に共通の知人を介して知り合い、今年の始め頃から付き合いが始まったという。そして加藤の誕生日である6月22日に入籍。また、所属事務所によれば加藤は現在妊娠4カ月で、いわゆる"できちゃった結婚"だ。

 結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)のCMでブレイクした加藤は、モデル、女優としてこれまで活動してきた。2007年には、銀座ホステスの成長を描いたドラマ『女帝』(テレビ朝日系)で主役である立花彩香を演じ、透明感のあるイメージとやや離れた役柄には話題が集まった。

 片や松井は現在、サッカー日本代表で、フランス2部のグルノーブル・フット38に所属。フランスに拠点を移して活動している。昨年開催された、FIFAワールドカップでは日本代表メンバーに選出され、全4試合に出場。昨年末まではロシア・プレミアリーグのFCトム・トムスクに所属しており、出会いはこの頃ではないかと思われる。松井は今年開催された「AFCアジアカップカタール2011」での1月13日シリア戦で太ももを痛め、チームを離脱。以後、日本に帰国しリハビリを行っているが、2月の松井の日記には「最近は家でご飯作るのが日課になってます☆」とある。故障した松井を加藤が陰で支え、愛を育んだのかもしれない。

 付き合って約2カ月での妊娠、半年での入籍という超スピード結婚となったが、これにはちょっとした心配もある。芸能界、スポーツ界においてスピード結婚を果たしたカップルのその後は、雲行きが怪しいということだ。

 NHK朝の連続ドラマ『ふたりっ子』に出演していた女優・菊池麻衣子は、07年1月に知り合った6歳年上の会社経営者と同年7月にスピード結婚を果たしたが、10年末に離婚している。別居はそれよりも1年半前にさかのぼるといい、長い間離婚に向けて話し合いをしてきた結果というから、実際のところの蜜月期間はさほど長くない。

 また、昨年4月に、有名私立大学に通う女子大生と交際期間わずか3カ月で結婚した格闘家の石井慧も、今年1月に離婚届を提出している。実質的な結婚生活は9カ月半であり、これには石井本人もスポーツ紙の取材に対し「もっと慎重にやらないといけなかった。反省しています」と口にしていた。

 加藤と同じ女優である竹内結子と中村獅童も、共演した映画『いま、会いにゆきます』(04年)がきっかけで交際し、05年にできちゃった結婚したものの、08年には離婚している。さらに古くは1997年、女優の葉月里緒奈がハワイ在住の寿司職人と出会ってわずか数週間で電撃結婚を果たしたが、2カ月ほどで離婚した。

 このようにスピード結婚とその悲しい結末は例を挙げるときりがなく、今回の松井×加藤カップルについても、ひょっとしたら......という心配もわき起こってしまう。しかし、思い出してほしい。昨年行われたFIFAワールドカップ南アフリカ大会、決勝トーナメント日本対パラグアイ戦において、PKまでもつれこんだ末、惜しくも負けてしまった日本。この際、PKを外してしまい男泣きにくれる駒野友一選手のもとへ駆け寄り、長い間、同じように泣きながら肩を抱いていたのは松井だった。何も言わずただ肩を抱き、涙を流す松井、そして駒野の姿に、もらい泣きした日本人は多かったことだろう。松井の優しさ、情の厚さは折り紙付きだ。加藤との新しい家庭もこの優しさを存分に活かし、築いていくのかもしれない。
(文=ひじかた☆さとし)

『女帝DVD BOX』


女帝も家庭入り

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週