>   > 

有吉カミングアウト!? 「チ○ポを切ろうとしたことがある......」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

ariyoshihiroiki0518.jpg
※画像は『オレは絶対性格悪くない!』/太田出版より

 人気お笑い芸人の有吉弘行が『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)の中でカミングアウトした。といっても、その内容は過去に犯した犯罪やハレンチな失態というたぐいではない。もしかしたら自分の中にはまだ知らぬ自分がいるのではないかというもの。つまり、遠回しながら、自分の中にオネエの要素があることを告白したのだ。

 17日深夜に放送された同番組の中で、有吉は、深夜に自転車に乗っているとき、お巡りさんに止められたという話をした。彼はその中で、自転車のチェックが済んだお巡りさんから「もう行っていいぞ」とお尻をたたかれた瞬間、急に泣きだしてしまったという。普通に考えれば男のお巡りさんから男の有吉の尻を軽くたたくなど、よくあるスキンシップ以外の何物でもないが、当の有吉はお尻をたたかれたことがショックで急に涙があふれてきたというのだ。

「なんでいきなりこんなセクハラされなきゃならないんだ」と有吉は涙の理由を説明。共演者のマツコは「アタシならお巡りさんのチンチン触っちゃうけど」とギャグにしながら、有吉の発言に深くうなずいていた。

「そういえば......」と何かを思い出したような有吉は、猿岩石以降芸人として売れていなかった時代を振り返り、「女にモテるどころか、食うにも困るほど仕事もないんだから、いっそのことチ○ポ切ってニューハーフになってやろうとしたことがある」と発言した。そんな有吉のカミングアウトに、マツコは「アタシですら落とそうとしたことはないのに......」と絶句。「有吉さんにはそういう素質があるのかもしれないわね」と有吉のオネエ宣言を容認するそぶりを見せた。

 本人いわく「自分の中にあるモヤモヤしたもの」という発言を象徴するように、「36歳から目覚めるってことはあるんですか?」と真剣なまなざしで質問する有吉に対し、マツコは「よくある話よ」と即答し、「セックスがレズビアン的なものになったりすることがあるんじゃない?」と有吉の性癖を確かめる。そんなマツコの質問に有吉は無言でほほ笑みながら「(女性に攻められると)顔を隠しちゃったりする」と発言。そんな有吉を、マツコは「女性性が濃いのね」と、彼の胸をもんで「ちょっと膨らんできてるんじゃないの?」と意味深なツッコミを見せた。

 もちろんマエケン(前田健)のような完全なカミングアウトというわけではない今回の有吉の発言。本人も「女性が好きだ」と公言し、「たとえこの放送の後に変なウワサが流れたとしても、それをダシに女性が近寄ってきてくれればうれしい」と語っている。きっと今の段階での彼は、女好きの男という一般的な男性なのだろう。ただ、番組中にマツコが指摘したように、有吉の顔は丸顔で女性的な部分が多いというのはうなずける。そして有吉は、それを強く否定しない。

 そんな有吉が出演する番組には、『有吉AKB共和国』(TBS系)や『アイドルの穴2011』(日本テレビ系)のように、アイドルたちを束ねる有吉という構図のものが多い。数多くいる芸人の中で、そこに有吉が抜てきされた理由は、彼が決してアイドルに手を出さないからだと考えていたが、もしかしたら、別の意味だったのかもしれないと勘繰ってしまうのは早計だろうか。

 偶然にも『怒り新党』と同じ日に放送された『バカなフリして聞いてみた』(日本テレビ系)では、「2丁目に聞く 紅組でも白組でもない芸能人」という企画を放送していた。番組に出演していた有吉に対し、2丁目の住人は「あのアダ名のセンスはオカマにしかできない」と発言。そのVTRを見た有吉は、ただ笑うしかなかったようだ。同じ穴のムジナというには短絡すぎるだろうが、2丁目の住人が有吉に自分たちと同じようなにおいを感じているのは否定できないと言えるだろう。

 猿岩石の時代には絶頂期を味わい、人気低迷の折には食うにも困るほどの地獄を過ごした経験のある有吉は、誰よりも仕事のなくなる怖さを知っている。そんな彼が再起を果たしたのは、アダ名命名から端を発した毒舌キャラというものだった。そのことを承知している有吉は、決して自分のキャラを曲げようとはしない。

 例えば、同番組内でマツコが「(進行役の夏目三久アナと)付き合っちゃえば?」と有吉に冗談ぽく促しても、彼は絶対に無理だと断る。「こういうやつ(夏目のこと)をたたくからこそ、仕事をもらえてる」「付き合ったりなんかしたら一気に仕事がなくなるに決まってる」有吉は、そう本音を漏らした。

 また、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の名物企画マジックメール(グラビアアイドルから思わせぶりなメールが来るというドッキリ企画)では、グラドルからのメールに対して「おべっかメール来てますけど」と一蹴。かわいいアイドルからの誘いを事もなげに断っている。

 有吉にはそういった自分のキャラクターを貫き通すプロ根性がある。だからこそアイドルたちと番組を共にしているのだろう。しかし、そのプロ根性も度が過ぎると、やがて行き詰まって来るのではないだろうか。つまり、毒舌キャラに幸福は似合わない。そんなキャラを押し通す限り、人生を犠牲にしてしまうのではないかということだ。ただ、それでこそ芸人という見方もできるし、そんな芸人が有吉なのかもしれないとも言える。

 存在そのものがマイノリティーであるゲイの人々は、それゆえ多少の毒舌や突飛な行動を世間に容認させる。芸能界で活躍するゲイの人々に毒気の多い人物が多いのは、そのためと言える。だから有吉はゲイの人々から同じにおいを感じると思われるのかもしれない。女好きを高らかに宣言する有吉は確かにノーマルなのだろうが、もしかしたら、その芸人根性からいつの日かイチモツを切り落とす日が来るかもしれない。そしてその理由は、きっとゲイであるとかの前に、彼が芸人だからだ。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

『ニューハーフ in パタヤ 微笑み天使』


有吉さんもこうなってたかも!?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週