>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 第39回

70歳過ぎて少女へのワイセツ行為に目覚めた男に妻は


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

saiban0517.jpg
※イメージ画像 photo by Horia Varlan from flickr

 老人でも、女子高生への痴漢や、同世代の老女へのわいせつ行為などで逮捕されることは、さほど珍しくはない。古いデータだが、警視庁によれば、痴漢等のわいせつ犯罪で検挙された70歳以上は、1998年の36人から2006年には129人に増えているという。また平成22年版の犯罪白書には、老人の犯罪率が増加していることが明記されており、軽微な犯罪のみならず、殺人などの重大事件のほか、性犯罪でも検挙人員と高齢者比が増加しているとある。

 こちらの被告人も73歳でありながら、10歳と7歳の女の子にわいせつ行為をして逮捕された。公園にいた少女に近づき「髪の毛キレイだね」などと言いながら髪をなで、さらに「けっこう胸でかいね」などと言って胸をもみ始めたという容疑で逮捕起訴された。しかも、同種の前科があり、執行猶予中だった。前回の裁判で"1人でうろつかない"という約束をしていたのに、それも破って事件を起こしたようだ。

「おじさんが気持ち悪くて無視してた。自分のズボンを引っ張って下げようとしました。変なおじさんからいろんなことされたので許せません」

 調書では少女もこのように、つたない言葉で被害感情を述べている。

 ところで、裁判所では時折「空気感染のおそれのある病気(例えば風邪など)」にかかっている被告人の裁判の場合、法廷の傍聴人にマスクが配られる。この裁判でもそうだった。通称"カラスマスク"と呼ばれる、くちばしの形に似たマスクだ。被告人をはじめ、弁護人も検察官も、そして裁判官までも、法廷の全員がマスクを着用していたのだが、被告人だけ、マスクの着け方が甘く、かなり口元がはみ出していた。感染源の被告人が口元をガードしきれていないありさまである......。

 そんな、ちょっと不安な状況で行われた裁判。被告人はヨボヨボのくたびれた老人で、よろよろしながら証言台の前に向かう。見た目、どこからどう見ても、気の弱そうなおじいちゃんなのに、本当に人は見かけによらない。

 少女だけでなく親も「犯人に死ぬまで刑務所から出てくるなと言いたい」といった様子で、並々ならぬ処罰感情の高さがうかがえる。しかし、前科も同種ということは、これまでわいせつ行為を働きまくる人生を送っていたのかと思いきや、そうではなかった。

弁護人「あなた、60歳まで会社勤めしてたんですよね。それまで事件起こしたことは一度もありませんね」
被告人「はい、70歳までもないです」
弁護人「前に裁判受けたのは70歳......なぜ、70代になってから、こんな破廉恥な事件を起こすようになったんですか? もともと、そういう性格じゃないでしょ?」
被告人「......入院して、車いす......散歩で公園に行くようになって......」

 何が犯罪のきっかけになるか分からないものである。これまでそういう嗜好はあったもののタイミングがなかっただけなのかもしれない。

 対する検察官からは、

検察官「どうして声かけたの?」
被告人「......なんとなく声かけました......」
検察官「女の子の陰部や胸を触りたい、そういう気持ち?」
被告人「ハイ......」

 また刑務所に入るのが怖かったけれど「そのときは頭になかった」という。かなり夢中だったようだ。

検察官「なぜ今回も、前回と同じ公園で事件起こしたの? 余計にまずいと考えなかった?」
被告人「考えました......」
検察官「じゃあどうして?」
被告人「......」
検察官「ほかにも事件、起こしてない?」
被告人「いや!!! ないです!!!」

 このときだけ必死になり抵抗する様子も若干怪しい。

 ところで、被告人には妻がいて、前回の裁判では証人として出廷し、今後の監督を約束してくれたというが、今回は出廷どころか、拘置所への面会も1度しか来てくれていないという。これについて触れると被告人は突然泣きだした。

検察官「面会のとき、何て言われた?」
被告人「.........『死になさいよ』って言われました(嗚咽)」
検察官「......長年連れ添ってきた妻に、そういうこと言わせちゃったんだね」
被告人「2人の子どもは一度も来なかった......妻から伝言で『もうウチに来ないでくれ』と息子が言ってると聞きました......私は、孫に会いたいんです!」

 このとき被告人のマスクは、ほとんど取れかかっていた......。

 前科のときの被害弁償に老後の金を使い切ってしまったらしく、今回の被害児童に弁償する金もなければ、夫婦で楽しく老後を過ごすための資金もないとのこと。被害少女も気の毒すぎるが、何より妻が浮かばれない。

 家族が誰一人傍聴席に居ないまま、被告人には懲役3年が宣告されていた。ちなみに、閉廷後に裁判所に問い合わせたところ、被告人の病気は結核だった。傍聴には、たまに危険も付いてくる。

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

『マスク☆ムスメ』


こんなマスクならOK!?

amazon_associate_logo.jpg


◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件
【第20回】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
【第21回】出会い系にご用心! カノジョの『告白』にキレた男が取った行動とは?
【第22回】川崎通り魔事件・被害女性が語る犯行時の恐怖
【第23回】「客として会うのは嫌。他の客と同じなのもイヤ」デリヘル嬢殺害・死体遺棄事件
【第24回】仕事も信頼も失う恐怖 元オリンピック選手による覚せい剤事件
【第25回】憧れていた日本への落胆が殺害の動機に!? 中国美女による殺人未遂事件
【第26回】「ネコに話したことが世界に筒抜けだから、組織的な犯罪」精神鑑定の基準は?
【第27回】「総菜3点」万引きした女医 事実はAVよりも奇なり
【第28回】「パンツの中に手を入れた認識はない」電車で痴漢したイケメン
【第29回】「やってない」という証明は本当に難しい 明日は我が身、スリ未遂罪裁判
【第30回】"見た目が派手だからすぐヤレるだろう"イケメン双子による集団準強姦未遂事件
【第31回】不倫相手の出張中に他の男とセックス、一転レイプされた! 虚偽告訴罪で逮捕
【第32回】AV業界の深い闇 「バッキービジュアルプランニング」裁判
【第33回】ストーカー規制法違反の被告人に見る"勘違い"の度合い
【第34回】『大便させていただいたらお礼を!』前科25犯の艦船侵入おじいちゃん
【第35回】「強烈なお金への執着心から無計画に繰り返された犯行」ピストル強盗殺人事件
【第36回】死んだ自分の妻を詐欺の道具にした男
【第37回】「余生ないので、スリを辞める心構えができた」前科18犯、79歳の常習累犯窃盗の男
【第38回】盗んだバイクで走り出し、警察官に手錠をかけた被告人

<特別編>
【第1回】年金だけじゃない老人問題! 高齢者による無銭飲食犯罪の増加
【第2回】再犯率48.9%! 覚せい剤取締法違反者の共通点と司法の問題
【第3回】強姦事件の8割以上は屋内で発生!! 被害を未然に防ぐヒミツとは?
【第4回】知っておいて損はない 判例の少ないネットによる名誉毀損について
【第5回】犯罪者に魅かれるオンナたちの心理
【第6回】通り魔殺人事件に見る「漠然とした不安」の根源
【第7回】通り魔、犯罪、殺害予告etc 業務妨害罪で起訴される被告人の共通点
【第8回】関西イズム丸出しな人間味溢れる名物裁判官
【第9回】合言葉は「ボディーを透明にする」 映画より怖い埼玉愛犬家連続殺人事件




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週