>   > 

渡哲也、辞任! "一枚岩"だったはずの石原プロにささやかれる解散説


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

ishiharagundan0512.jpg
※画像は「石原プロモーション」公式HPより

 「石原プロモーション」の社長を23年余りにわたって務めてきた俳優、渡哲也が辞任した。11日に同プロで行われた会見では「一昨年の二十三回忌法要を節目に社長を辞任し、会長のまき子さんにお返しすることを、前々から決めておりました」と語っている。もちろんこの法要とは石原プロの設立者であり、俳優だった故・石原裕次郎の法要である。この時に辞任を決意し、翌年の命日直前、石原裕次郎の妻でもあり会長の石原まき子さんに辞表を提出していたという。また、"番頭"として支えてきた専務の小林正彦氏ほか5名の取締役も3月の任期満了に伴い退任。会見では自身の健康問題にも触れた渡。1992年に直腸がんであることを公表しており、現在も体調が万全ではない。小林専務も持病の糖尿病などで体調は思わしくないようだ。社長はしばらく不在となるが、経営にはまき子さんが全面的に携わり、渡をはじめ、舘ひろし、神田正輝など、同プロに所属している俳優はこれまでと同じように所属俳優として活動していくこととなる。

 だが、この記者会見は業界関係者に少なからず驚きを与えている。

「石原プロには3月あたりから、解散するのでは......という噂が流れていました。小林元専務は否定していましたが、まき子会長との関係が良好ではないという話や、他の社員との間で衝突があったという話もありました。解散の前段階として、俳優たちの次の受け入れ先となる芸能事務所の振り分けまで考えていた、なんていう話も耳に入りましたね」(芸能関係者)

 と、解散説がささやかれていた矢先の出来事だったからだ。会見では小林元専務が「経営危機とは違う。赤字会社ではない」と、金銭的に困窮している可能性は否定しており、解散の話も一切触れられていない。

 この噂が業界内に流れ始めてから発生した東日本大震災で、石原プロ所属の俳優らは、被災地への炊き出しを行っているが、これについても、

「炊き出しといえば、かつて阪神・淡路大震災でもやったように、石原軍団の"お家芸"。なのに、地震が発生してから一向に動く気配がない。やっぱり解散の話でもめているのかな、と思っていた矢先、大規模なのをやってくれた。ああ、一枚岩に戻ったんだな、と思っていたんですけどね」(芸能記者)

 炊き出しが始まったのは地震が発生して1カ月が過ぎた4月14日だった。石原プロは一度に3,000人分の米を炊ける釜を所有している。その釜や食材をトラックなど29台の車に載せ、宮城県石巻市に出向いた。渡哲也、舘ひろしなど所属俳優らが焼きそばやカレー、ぜんざいなどを調理し被災者に振る舞ったのは記憶に新しい。20日の炊き出し終了日までスタッフや俳優らが寝袋で寝泊まりしたことや、かつて渡とドラマ『結婚』(テレビ朝日系)で共演した女優、上戸彩が駆け付けたことも大きな話題になった。

 この恒例の大規模炊き出しが遅れた理由は、資金難のため費用捻出に時間がかかったから、という報道もあったが、これに加えて、解散話の影響があった可能性も否定できないだろう。

「次の社長は、順当に考えれば、これまで取締役を務めていた舘ひろしだと思いますが......」(同記者)

 故・石原裕次郎は「自分が死んだ後は映画を一本作ってほしい」という遺言を残し、永眠した。いまだその約束は果たされていない。次期社長就任の発表を待たずして、解散となってしまうのか。それとも"番頭"の退任を受け、石原プロが再び一枚岩となる日がくるのだろうか。

『西部警察スペシャル 豪華版』


もう一度大門さんが見たい!!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週