>   > 

禁酒禁煙禁婚!? 志村化するナイナイ岡村が好調な理由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

okamura0502.jpg
※画像は『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.3』/ワニブックスより

 先月末、ナインティナインの岡村隆史が、新番組『ちょこっとイイコト 岡村ほんこん しあわせプロジェクト』(テレビ東京系)の番組PR会見に臨み、日本全国をめぐる番組内容にちなんで、各地で婚活をしていきたいと語った。実際の放送でも、番組冒頭に結婚への思いを語った岡村。相方である矢部浩之がTBSの青木裕子アナと交際報道される中で、自身の結婚願望も日に日に大きくなっていっているのだろうか。しかし、ある業界関係者は、そもそも岡村には結婚願望がないのではないかと指摘する。

「昔から芸人さんたちの間には、一般的な結婚というものを敬遠する風潮があります。芸人が結婚なんてしてどうするっていう考え方ですよね。先の見えない不安定な職業だということも大きいのかもしれませんが、そういう考え方が全体的な風潮としてあるのは間違いありません。そして、そんな考え方を後押ししているのが、今でも結婚していない志村けんさんや今田耕司さんなどの存在です。ダウンタウンの松本さんやさまぁ~ずの大竹さんが結婚して、多少そういった考え方も見直されている感もありますが、今でも根強いものがあると言っていいでしょう。そんな中で、ナイナイの岡村さんは"芸人とは何か"を突き詰める傾向の強い芸人さんですからね。自分の人生にとって大事なのは結婚より笑いだと考えているはずです。"結婚できない自分"とか"婚活中の自分"というのは、ギャグの一種なのではないでしょうか」(業界関係者)

 昨年、体調不良から5カ月余りの長期療養を余儀なくされた岡村。詳しい病名は明らかではないが、一部報道によると鬱的兆候の精神的な病だったという。映画に一人舞台に日々のバラエティー収録にと、多忙を極めた岡村は、前出の関係者が語るように"芸人とは何か"を突き詰めすぎ、混乱してしまったのかもしれない。

「いかに吉本が日本最大の芸人集団とはいえ、ダウンタウン以降、大物芸人が出ていないと言われています。そんな中でナインティナインといえば、唯一その候補に挙げられるコンビでした。しかしそれも松本の"ナイナイはダウンタウンのチンカスだ"という発言で、一気にトーンダウンしてしまいました。当時の松本は、お笑いにおいて絶対的な神様のような存在でしたからね。ただそうした発言などから一般の視聴者の間に、いわゆる『ナイナイVSダウンタウン』という構図が根付き、そのおかげでナイナイは、どうしても付いてしまう"吉本芸人の松本色"という呪縛から免れることができました。今の彼らが民放各局で冠番組をできるのは、ひとえにそうした印象のたまものとも言えます。賛否はあると思いますが、やはりダウンタウン以降の大物芸人といえばナイナイをほかにおいては居ないのではないでしょうか」(芸能ライター)

 昨年11月に芸能活動を再開した岡村は、長期休養などまるでなかったかのように、ハツラツとした表情で次々とバラエティー番組に出演した。ここ数年来なかった自身の冠の付いた新番組を2本スタートするなど、テレビバラエティーにまい進する岡村。前出のライターは、そんな彼を何か吹っ切れたようだと指摘する。

「実際の担当番組などから見ても、吉本芸人としてはダウンタウン以降の大物と目されるナイナイですが、それはきっと大きなプレッシャーでもあったはずです。昨年の長期リタイアの理由も、そうした重圧が重なってのことだったのではないでしょうか。しかし、復帰後の彼の活躍を見ると、見事にそのプレッシャーからは解放されたようです。ダウンタウン色の強い東野幸治やほんこんとのレギュラー番組を始めたというのは、まさにその象徴ではないでしょうか。自分にやれることは何でもやるって感じですよね」(前出)

 このライターは東野やほんこんをダウンタウン色の強い芸人と指摘し、彼らと新しく番組を始めた岡村が何か吹っ切れた様子だという。しかし、そもそも東野やほんこんは、確かにダウンタウンファミリーといえるが、その中でも異色の存在と言わざるを得ない。往年の名番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)などでの立ち位置やキャラ設定からも、それは容易に想像できる。東野やほんこんという芸人は、松本とプライベートでも仲の良いとされる千原ジュニアや木村祐一とは一線を画している。やはり、いかに吹っ切れたとはいえ、岡村は、ダウンタウンという色を拒んでいるのかもしれない。もちろん、局側が勝手に判断しての起用かもしれないが......。

 日本バラエティー界の大御所・志村けんは、「自身の後継者は?」という質問に対し岡村の名を挙げている。志村といえば、結婚をしない芸人の代表格でもある。その理由について明確に語った資料はないが、結婚というものを人生の一大事に考えていないだけなのだろう。きっとそれは彼が芸人だからだ。そして、志村への憧れや尊敬を公言する岡村は、長期リタイアしてしまうほど芸人たるものを突き詰めるタイプの芸人だ。前出の関係者が語るように、岡村の婚活宣言は一種のギャグととらえるのが妥当なのかもしれない。

 療養中、禁酒禁煙に成功したという岡村。そんな彼は、禁婚という、結婚に固執しない志村的覚悟を身に付け復帰した。だから彼は、婚活宣言というもの自体をギャグにできるようなった。そんな彼の第二の芸人人生は、きっと普通の結婚というものでは手に入れられないものになるだろう。

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』


自身の小さな愛はどこに?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週