>   > 

「小泉孝太郎スキャンダル潰し」に見る芸能界の闇 裏にK-POP利権!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

51-x7FuotLL._SS500_.jpg
画像:「ダイバー 2007年 12月号」ダイバーより

 小泉純一郎元首相の長男で俳優・小泉孝太郎が、銀座高級会員制クラブの常盤貴子似の美女とのお泊り愛を写真週刊誌「フライデー」(講談社)に撮られた。ここまではよくある話だが、業界を驚かせたのはこのニュースよりも、小泉孝太郎スキャンダル潰しに"芸能界のドン"バーニングプロダクションが動いたことだ。バーニングが動いたからこそ、この記事の後を深追いするメディアはほとんどなく、このスキャンダルはほどなく収束したのだった。

 このスキャンダルの裏では、業界的には興味深い出来事が起こっていた。こうした"スキャンダル潰し"はこれまでなら、孝太郎の所属する事務所「イザワオフィス」の井澤健会長が寵愛しているユニバーサルミュージック顧問のS氏が、マスコミ対策の裏部隊として汚れ役を務めてきたはず。そこにバーニングが食い込んでくるとは、一体何があったというのか?

「ユニバーサルはS氏とT氏の2人を、石坂敬一CEOがまるで水戸黄門の助さん角さんばりに使っている。違う点はSさんとTさんの仲が悪いことくらい」(音楽関係者)。

 正統路線を歩んできたT氏と違い、S氏の方はどちらかというと裏勢力の窓口や総会屋対策を担当してきたような人物。ユニバーサルの専売特許となりつつあるK-POPを日本で売り出す際も、韓国マフィアとやりあったという武勇伝があるほどだ。S氏は、地元横須賀では長者番付に名を連ねたことがあるほどの資産家でもあり、同じ地元である孝太郎と知り合い、結果的に彼の芸能界入りに尽力した人物でもある。そんなS氏は、いわばバーニンググループの一員だったのだが......。

「S氏は、バーニングのマスコミ担当のK氏とは表面上はうまくやるものの、裏ではお互い悪口を言うほどで、決して信頼関係は築けていない。だから孝太郎がデビューした時も、実際にマスコミの窓口はイザワオフィスとS氏がやっていた。それが今回のスキャンダル潰しには、まったく出てこない。代わって登場したのがKさんだった」(テレビ関係者)。

 これこそ昨年からくすぶっているK-POPを巡るトラブルが原因だ。ユニバーサールからCDをリリースしているKARAや少女時代の紅白出場をめぐって、バーニングの周防郁雄会長とS氏は大喧嘩し、今も関係は冷え切っている。そんな中では、さすがのイザワオフォスもS氏をこれまでのように前面に出すわけにもいかず、今回の孝太郎スキャンダル対策をバーニングに依頼したそうだ。これによりどの程度の利権が発生するかは不明だが、少なくとも当分、S氏はマスコミ対策の裏部隊からは外れるものと思われる。恐るべしバーニングの力。震災で自粛ムード一色だが芸能界にもM8級の激震がバーニングを襲わない限り、今年もまた周防さんの天下が続くことだろう。

『KARA BEST CLIPS(初回限定盤)』


KARAは可愛いんですがね

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週