>   > 

前田敦子ソロデビューでAKB卒業計画進行中!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

maeda0422.jpg
※画像はDVD『無防備』/キングレコードより

 AKB48の前田敦子(19)のソロデビューが決定したとの情報が浮上している。

 情報の出どころは、意外にも中国のサイト。日本のエンタメ系サイトと契約しているサイトということだが、その流出情報によると、前田のソロCDは6月22日発売。「CD+DVD」という形態で「A」「B」「C」の三種類になるという。それぞれ価格は1,600円となっており、品番が「KIZM」となっていることからキングレコードからの発売になると推測される。

 まだ情報の真偽は確定できない状況だが、6月4日に前田の主演映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(田中誠監督)が全国公開、6月9日にはAKBの第3回選抜総選挙があり、この流れに前田のソロデビューが加わる可能性は十分にある。

 今年1月に板野友美(19)がAKB初となるソロデビューを果たしたが、続いてAKBトップの人気を誇る前田がソロデビューするという噂は以前から出ていた。

「前田は秋元康プロデューサーが最も目を掛けているメンバーであり、万が一にも失敗させるわけにはいかないということで、最初に板野をデビューさせました。しかし、前田のソロプロジェクトは板野よりも早い段階から進行していますから、並々ならぬ力が入っていることがうかがえます。レコード会社による争奪戦も激しかったと聞いていますが、前田サイドが出した契約条件がかなり強気だったため、最終的には条件をのめる1社だけが残ったようですね」(音楽関係者)

 板野のソロデビューは、真打ちである前田のソロデビューの成否を図る"実験"だったとも言えそうだが、板野のデビュー曲「Dear J」は初週に16万枚以上を売り上げる好セールスを記録。4月発売予定だったセカンドシングルは、震災の影響によって7月13日に発売延期となったが、メンバーのソロデビューの道筋を開く"切り込み隊長"の役目は十分に果たしたと言えるだろう。

 とはいえ、AKBはメディア選抜メンバーですら芸達者と呼べるメンバーが少なく、歌唱力についてもソロ活動に不安を感じさせる。無理にソロで活動させるより、ごまかしがきくユニット売りに専念した方がいいという声もファンから上がっているが......。

「AKBは上位メンバーと下位メンバーの格差が顕著になってきており、前田や板野、大島優子の年収は約2,000万円と言われていますが、あまりメディアに露出せず劇場要員となっている下位メンバーは、毎日のように劇場で働かされても月給10万円ほど。待遇への不満から下位メンバーの離脱が目立つようになり、上位が固定されて新たな人気メンが生まれにくい状況になっています。人気メンのギャラが高額になっていく問題もありますし、上位メンをソロデビューさせて無理なく卒業に向かわせることで、グループの新陳代謝を図る方針に移行したのでは」(芸能関係者)

 果たして、前田のソロデビューは卒業を視野に入れたものになるのだろうか。メンバーの卒業と新加入を繰り返したモーニング娘。は、新陳代謝を図るどころかファン離れを引き起こしてしまっただけに、AKBの今後の戦略が気になるところだ。

(文=ローリングクレイドル/Yellow Tear Drops

『【特典生写真付き】ここにいたこと』


グループにいるってことを忘れないで!!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週