>   >   > 

1万5,000人が集まった「4.10高円寺反原発デモ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

demo0412_01.jpg

 去る4月10日の日曜日、東京・高円寺で東日本大震災によって起きた福島の原発事故に対して、反原発をアピールするデモが実施された。呼びかけは、高円寺でリサイクルショップなどを経営する「素人の乱」

demo0412_02.jpg

 デモ隊出発予定は15時だったが、デモのスタート地点となった高円寺中央公園には、その1時間半以上前から参加希望者などが続々と集まり、14時前にはすでに公園内に入れないほどの混雑を見せた。警官隊が見守る中、路上パフォーマンスなども盛んに行われ、いつもは静かな公園も異様なほどに盛り上がっていた。

 その後、デモは定刻の15時にスタート。チンドン屋やクラウンなどのパフォーマンスや、バンドを乗せた車両によるサウンドデモなどのほか、労組関係に市民団体、学生有志や宗教家、さらに活動家とおぼしき一群など、実に多彩な参加者が集まった。

demo0412_03.jpg
demo0412_04.jpg

 デモは決められたコースを行進。先頭が出発した後も次々に参加者が増え、デモ隊の列は延びる一方だった。デモ解散地点のJR高円寺駅北口にすべてのデモ隊が到着し終えたのは、予定から3時間も過ぎた19時ごろ。すでに辺りは暗くなっていた。

 デモ参加者数は、当初は主催者発表で7,000人となっていたが、その後2度にわたって訂正され、最終的には1万5,000人と発表された。実際にデモを見た一人として、この数字は信用性が高いと考えられる。

 また、今回のデモで特に目立ったのは、一般市民の参加者が多かったことである。中でも20代から30代の若い世代と、女性や家族連れが目立っていた。

demo0412_05.jpg

 ある埼玉から来たという20代の女性は、「これまでは『電力はエコ』というCMをすっかり信じていたんですが、だまされたって気持ちで今日は来ました」と話した。都内の20代の夫婦も「水もダメ、野菜もダメって。どうしたらいいんだって毎日不安です」と憤る。

 一方、反原発というより被災地救済にウエイトを置く心情の人々もかなり見掛けた。ある30代の女性は、「水がないというのは、特に女性は不都合が多い」と話した。

「例えば生理の時、においも気になるし、かゆみなども出やすい。水が自由に使えないと、とても大変です。被災地の(女性の)人たちも、どんなに不自由しているかと思うと......」

 彼女は義援金などの協力をしてはいるが、それでも家でじっとしていられず、このデモに来てしまったという。

 さらに、たまたまデモで出会った知り合いの40代男性は、「小名浜のソープ街が心配」と話した。「反原発だの、エネルギー政策だのといった難しいことは分からん。オレらはただ、普通に食って、普通に寝て、たまに飲みにいったりフーゾクで遊んだりしたいだけ。そういう普通がしたいだけなのに、何が悪いんだ」。

 今後どのようになっていくのか、先行きの見えない震災後の状況に、不安を隠しきれないのが正直な市民感情というところなのではなかろうか。
(文=橋本玉泉)

『新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発』


比べると分かるかも

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週