>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 第35回

「強烈なお金への執着心から無計画に繰り返された犯行」ピストル強盗殺人事件


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

514f2N5I8IL._SS500_.jpg
『奈落―ピストル強盗殺人犯の手記』
著:熊谷 徳久/構成:菅野 国春

 坊主頭に中肉中背。年齢の割に体格はしっかりしている。からし色のポロシャツにハイウエスト気味の紺色ズボン。眼光は鋭いが、茶目っ気もあり、おそらく、女性にもそこそこ可愛がられただろう。熊谷徳久(逮捕当時64)。見た目的にはその辺にいくらでもいるような気の良いおじいさんだが、やったことは、相当凶悪だった。

 2004年4月、窃盗罪で服役していた刑務所を出所するやいなや、何を思ったかディスコ開業資金を得るために強盗を計画する。同年5月、東京駅の地下にキヨスク集金事務所がある、と思い込み、拳銃で襲撃しようと赴くも、そんな集金所は当然ながら見つからなかった。腹いせに、東京駅地下の機械室に灯油をまいてライターで放火。ゴミとして置いてあったエアコンや缶などを焼いた。この火事で総武線快速・横須賀線ホームに煙が立ちこめ、乗客数百名が避難する大騒ぎになった。

 ディスコ開業への執念は凄まじく、この一件では終わらなかった。同月27日、金を奪うために横浜市内の警備会社事務所を襲撃。しかし、何も奪えず逃走。そして29日深夜、横浜中華街のレストラン経営者(当時77)を横浜市中区の自宅前で待ち伏せ。帰宅したところを見計らい、持参していた銃で頭を打ち、殺害。経営者の持っていた現金40数万円入りのバッグを奪い、逃走した。

 まだまだこれでも終わらず、さらなる犯罪に手を染める。6月23日の朝、東京メトロ渋谷駅構内で駅員(当時32)を拳銃で撃ち、持っていた紙袋を奪い逃走。駅員はこの事件で右足麻痺などの後遺症が残る重傷を負った。ちなみに紙袋の中身は洗面用具などで、金は一円も入っていなかったという。

 法廷での熊谷は一風変わった振る舞いが印象的だった。まずファッション。当初こそ、普通のおじいさん的装いだったものの、公判が進むにつれ、スーツ、革ジャン(下には赤いTシャツ!)、ジーンズなど、どんどん勝気なスタイルに。発言も、そのスタイルにふさわしく(?)、「戦争、宿命、男気、特攻隊」など連呼、裁判所に発言を制限される場面もよく見られた。

 調書には「チャカを手に入れた以上、相手が死ぬことは分かっていたが、やるしかない、いちかばちかの大勝負、戦争だ」と男気炸裂のセリフ。法廷で今の日本について尋ねられると、「今の日本は幼女を監禁したりする犯罪が増えたが、明治憲法を廃止したのが良くない! 明治憲法のままで男は軍隊に入ればまともになる! 女郎がいないのも男にストレスをためさせて犯罪につながる! それなのにアメリカ人の憲法なんかになっちゃって......(ここで発言を止められた)」と独自の見解を披露。「はっきり言って昭和53年の頃は本当に商売がうまくいっていた」と、過去にゲーム機賭博(コレ自体犯罪である)で成功を収めた時の話を、何にでも挟み込んでくるのだった。

弁護人 「当時は金あげて男上げようと思ってたわけ?」
熊谷 「はい!! 男気上げすぎちゃったッス」

 あっけらかんとしすぎている。反省について聞かれると、

「お詫びなんて、してもしてもしきれない、自分が死ぬのが一番いい、自分が一番ダメだ」

 そもそも熊谷は幼少期に戦災孤児になり、まともな教育を受けていない。昭和53年、強盗で5年服役後、中国茶販売事業、焼き鳥屋、中華料理店など次々事業を興すも失敗。平成元年に露天商を営み、一時は成功を収めるも、廃業する。しかし、このときの成功や、かつて本人が成功を収めたと語っているゲーム機賭博での大儲けが忘れられなかったようだ。町工場を営んで饅頭を製造したいとひらめき、資金捻出のための強盗を思いつく。再び強盗目的で人を襲い、服役。このとき刑務所内で"東京駅のキオスクには5億ある"という噂を聞きつけたようだ。出所してから襲撃することを心に誓ったらしい。出所後、下見のために軽自動車を盗み、またも服役。この出所から、先に書いた一連の事件を起こし、その後自首した。

 確かに熊谷には何かが欠落しているような印象を受けた。刹那的で、金への執着が強烈。本人の中では筋の通った行動であるらしい。反省の気持ちもあるようだがうまく言葉にできていない。一審で鑑定を行った医師も「教育を受けていないので自分の気持ちを表すことが難しい。愛情を受けたことがないので思いやりに欠けている」などの見解を示していた。

 一審では「駅員の男性は幸い命を取りとめている」と無期懲役。だが、二審では「死刑を回避するケースではない」と死刑。そして今年3月「死刑はやむを得ない」と最高裁が被告側の上告を棄却し、死刑が確定となった。

 日本における殺人裁判で死刑判決を宣告する場合は"永山基準"が参考とされることが多い。永山基準とは過去、最高裁が永山則夫連続射殺事件で示した死刑選択基準である。特に殺害された被害者の数がこれまで重要視されがちであったが(永山事件の被害者は4名)、この事件では被害者が1名である。

 これまでの永山基準が妥当であったと思うか、今回のように1人でも人を殺せば死刑にした方が良いと思うか、この辺りの考えは人によりさまざまだろう。

 個人的に一番問題だと思うのは、熊谷は服役を繰り返しているのに、犯罪傾向が弱まることがなかったことである。むしろ、獄中で現金強奪計画への思いを強くしている。服役とは一体何なのか、更生とは一体どのようになされるべきなのか。現在の日本の更生教育に、ただ疑問を感じるばかりである。
(文=高橋ユキ)

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

『奈落―ピストル強盗殺人犯の手記』


熊谷による獄中手記!

amazon_associate_logo.jpg

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件
【第20回】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
【第21回】出会い系にご用心! カノジョの『告白』にキレた男が取った行動とは?
【第22回】川崎通り魔事件・被害女性が語る犯行時の恐怖
【第23回】「客として会うのは嫌。他の客と同じなのもイヤ」デリヘル嬢殺害・死体遺棄事件
【第24回】仕事も信頼も失う恐怖 元オリンピック選手による覚せい剤事件
【第25回】憧れていた日本への落胆が殺害の動機に!? 中国美女による殺人未遂事件
【第26回】「ネコに話したことが世界に筒抜けだから、組織的な犯罪」精神鑑定の基準は?
【第27回】「総菜3点」万引きした女医 事実はAVよりも奇なり
【第28回】「パンツの中に手を入れた認識はない」電車で痴漢したイケメン
【第29回】「やってない」という証明は本当に難しい 明日は我が身、スリ未遂罪裁判
【第30回】"見た目が派手だからすぐヤレるだろう"イケメン双子による集団準強姦未遂事件
【第31回】不倫相手の出張中に他の男とセックス、一転レイプされた! 虚偽告訴罪で逮捕
【第32回】AV業界の深い闇 「バッキービジュアルプランニング」裁判
【第33回】ストーカー規制法違反の被告人に見る"勘違い"の度合い
【第34回】『大便させていただいたらお礼を!』前科25犯の艦船侵入おじいちゃん

<特別編>
【第1回】年金だけじゃない老人問題! 高齢者による無銭飲食犯罪の増加
【第2回】再犯率48.9%! 覚せい剤取締法違反者の共通点と司法の問題
【第3回】強姦事件の8割以上は屋内で発生!! 被害を未然に防ぐヒミツとは?
【第4回】知っておいて損はない 判例の少ないネットによる名誉毀損について
【第5回】犯罪者に魅かれるオンナたちの心理
【第6回】通り魔殺人事件に見る「漠然とした不安」の根源
【第7回】通り魔、犯罪、殺害予告etc 業務妨害罪で起訴される被告人の共通点




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週