>   > 

ママドル勢力図に小倉優子も宣戦布告!? 母たちの激烈攻防最前線


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

mamadolvs.jpg
※画像左上から時計回りに、辻希美「のんピース―辻ちゃんの日々スマイル」主婦と生活社、小倉優子「恋しくて」竹書房、藤本美貴「COEUR」ワニブックス、立花胡桃「ユダ(上)」祥伝社

 芸能界は今、まさに出産ラッシュ。昨年は瀬戸朝香、大沢あかね、木村カエラなど、そして最近ではオダギリジョーの妻・香椎由宇や、元キャバクラ嬢タレントで大手芸能プロの重鎮と結婚した立花胡桃が続々出産。ギャル系ファッション誌のモデルたちも続々デキ婚を発表し、出産している。また、辻希美や東原亜希など、第二子の出産も相次いだ。初夏には広末涼子も第二子の出産を予定している。

 こうした状況下で、特に女優や歌手でない「タレント」として活躍していた面々は、復帰のタイミングと方向性を見定めているという。ママドル・主婦ドルという枠はバラエティー界において大きな役割を占めており、辻や北斗晶などの売れっ子ママドルは子育てと並行してひっきりなしにテレビ出演をこなしている。主婦層から共感を得つつ多少の憧れを抱かせる......ママドルにはそんな役割が求められている。そんなママドル界の第一線に躍り出ようと誰もが必死だが、彼女たちはしばしば一部の既婚女性たちから痛烈なバッシングを受ける。最近では辻が首の座っていない新生児をおんぶした、として「非常識すぎる」と非難を浴び、同じく元モーニング娘。の市井紗耶香が公式ブログで扶養控除や子ども手当て問題についてボヤいてブログが炎上した。

「辻の場合は、これまでにもことあるごとにブログやテレビでの発言がきっかけで批判を受けています。中には"母親失格"の烙印を押しかねない勢いのアンチもいるほど。おんぶ事件の後には、大沢あかねに子どもが飲食店で障子を破るなどして暴れても放っておくという放任主義の子育てぶりを暴露されて再び盛り上がっています(苦笑)。対する市井は、ママドルとしては末席ですね。辻ぐらい恥も外聞もなく傍若無人なキャラクターを貫ければお茶の間ではウケるのですが、市井はオバカよりむしろ知的路線でのママドル枠を目指しているようです。しかしブログで経済や政治の問題に言及しても、中途半端にしか踏み込まない無難な内容で、主婦層の共感や尊敬につながらないのが難点」(芸能評論家)

 一方で、当然のことながらママドルたちの活躍の場は、バラエティーだけに限られない。最大の勢力は井川遥や竹内結子のような「美しすぎるママ」、いわゆる女優系であるが、次いで黒田知永子や三浦りさ子のような元モデル系の主婦ドルも依然として高い人気である。さらに、益若つばさのような読者モデル出身のギャル系は根強い支持を誇り、タレントではないが、勝間和代や池辺雪子のような、「金儲け指南」をしてくれる既婚女性の人気も確固たるものだという。

 今後は、主婦ドルとして活躍する藤本美貴や木下優樹菜もママドル路線への転向時期を控えている。元日に入籍した夏川純や、結婚間近の小倉優子など、アイドルカテゴリーの人材は非常に豊富。アイドル戦国時代はAKB48の天下だが、ママドル戦国時代は幕を開けたばかりだ。ただ、かつて愛したアイドルが一人の男のモノとなり母となってしまうのは、ファンにとって淋しいことではあるのだが......。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

淫乱ママドルDVD 2010年 08月号


こんなママドルもいいんですけどね

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週