>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 特別編6

通り魔殺人事件に見る「漠然とした不安」の根源


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

51jvtOANhuL._SS500_.jpg
*イメージ画像:『アキバ通り魔事件をどう読むか!?』 洋泉社刊

 7名が死亡、10名が負傷した秋葉原通り魔殺人事件の公判もやっと終わりが見えてきた。1月25日、論告が行われ、検察側は死刑を求刑。3月下旬には判決が下される。論告でも「無差別通り魔殺人事件としては最大級の被害。日本犯罪史上まれに見る凶悪重大犯罪」と断罪されていた。

 逮捕当時に報道されていた動機は「たくさん人を殺せば死刑になれるから」。先日の論告で語られていた動機としては「悩みや苦しみを無視され、マトモに扱ってもらえないことに怒りを感じていた。自分の存在をアピールし認めさせよう、と、大きな事件を起こして、その原因が、自分を無視した者、掲示板の荒らしや成り済ましなどにあると思わせ、それらの者たちに復讐したいと思った」。頻繁に出入りしていたネット掲示板を荒らされたり、成り済ましが現れたことについて怒りを感じていたようだ。また被告人は公判で否定していたが、モテないことや、容姿についても気にしていたという。

 だが、たとえモテなかったり、ネット掲示板でトラブルが起こったとしても、ここまでの事件を起こすことなど、頭の片隅にも浮かばない人が大多数だ。彼らはどういう目的で犯行を犯すのか。

 警察庁は殺人事件(未遂を含む)のうち、
1:不特定の人たちが無差別に被害対象となる
2:誰もが自由に出入りできる場所
3:確固たる動機がない

 この3つの用件を満たす事件について「通り魔殺人」と認定しており、動機については「金銭や恨みが動機となる殺人事件と違い、社会への漠然とした不安だけで凶行に走るケースが多い」と指摘している。

 自分の境遇を不特定多数の他者=世間のせいにしている通り魔殺人の加害者は多い。先の加藤の例でも"荒らしや成り済ましに復讐"と検察の言う動機が本当だとすると、なぜ荒らされたか、と自分のこれまでの振る舞いを顧みることなく、他者に恨みをぶつけている。また公判では母親の育て方に責任を転嫁する発言も見られた。周りのいろいろな人に恨みを抱き、自分の不運をそれら全てのせいにしている。色々と不満はあったことは間違いないだろうが、いずれの理由も、警察庁の認定3の通り、これだ、という確固たる動機ではない。

 昨年6月に広島で発生したマツダ本社工場の連続殺傷事件でも、犯人の動機は「解雇されたことに恨みがあったから」「複数の社員から嫌がらせを受けていた」「けりをつけたかった」などと報道されている。複数の要因があったようだがハッキリしない。また捜査本部は、社員からの嫌がらせについて具体的な事実を確認できてはおらず、これは思い込みの可能性もある。

 同じく昨年末に発生した取手駅前通り魔事件についても犯人は「自分の人生を終わりにしたかった」と語っていたという報道があるが、依然として犯行動機ははっきりとしていない。こちらの犯人も期間工として働いていたが、昨年秋に契約更新が行われず事件当時は無職だったという。

 この手の確固とした動機のない通り魔殺人事件の犯人は、"死ぬために事件を起こした"と言うが、気持ちは強くないらしく、マツダの事件については「殺すつもりはなかった」などと既に述べており、秋葉原の事件についても公判では責任能力を争ったりと、往生際は悪い。あくまでも自分の"漠然とした不安"の解消のため不特定多数の者を傷つけたい、というだけである。

 警察庁が"漠然とした不安"と言ってるものは結局、金銭的な状況からくるものが大きいだろう。上記の例いずれの犯人も仕事がない状態か、非正規雇用者だ。「社会実情データ図録」ウェブサイトによれば、非正規雇用者の数は1990年から上昇を続けており、とくに、男女ともに15~24歳の若者の非正規比率が急激に高まっている。非正規雇用は収入が不安定で、将来の見通しが立てづらい。

 犯行の背景にはこのような世情もあるだろうが、これらの犯人は責任を他者に押し付ける傾向があるので"不況だから仕事がない"など、不況さえも犯行の理由にしてしまう。おそらくこれが漠然とした不安の根源だ。

 また、これらの犯人は先の秋葉原の例でも分かる通り"自分の苦労を他者に分からせたい"という漠然とした目的も持っている。なんだかんだで、事件を起こして自分の存在がメディアで大きく取り上げられることを強く意識しており、そこで目的が達成されている感もある。

 不況だとメディアが騒ぎ立てることで加害者は自分の境遇を不況のせいにする。秋葉原の事件発生後、裁判所では、殺害予告をして逮捕起訴される、プチ模倣犯の被告人も急増していた。通り魔逮捕時に事件のことだけでなく、加害者の生い立ちや境遇まで大々的に取り上げるメディアは実は、加害者を大いに満足させており、また次の加害者を増やすひとつの要因となっているのだ。
(文=高橋ユキ)

『せとぎわの護身術―あなたは大切な人だから』 著:藤田 市男


いつ何時、何が起こるか分からない時代

amazon_associate_logo.jpg

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件
【第20回】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
【第21回】出会い系にご用心! カノジョの『告白』にキレた男が取った行動とは?
【第22回】川崎通り魔事件・被害女性が語る犯行時の恐怖
【第23回】「客として会うのは嫌。他の客と同じなのもイヤ」デリヘル嬢殺害・死体遺棄事件
【第24回】仕事も信頼も失う恐怖 元オリンピック選手による覚せい剤事件
【第25回】憧れていた日本への落胆が殺害の動機に!? 中国美女による殺人未遂事件
【第26回】「ネコに話したことが世界に筒抜けだから、組織的な犯罪」精神鑑定の基準は?
【第27回】「総菜3点」万引きした女医 事実はAVよりも奇なり
【第28回】「パンツの中に手を入れた認識はない」電車で痴漢したイケメン
【第29回】「やってない」という証明は本当に難しい 明日は我が身、スリ未遂罪裁判
【第30回】"見た目が派手だからすぐヤレるだろう"イケメン双子による集団準強姦未遂事件
【第31回】不倫相手の出張中に他の男とセックス、一転レイプされた! 虚偽告訴罪で逮捕

<特別編>
【第1回】年金だけじゃない老人問題! 高齢者による無銭飲食犯罪の増加
【第2回】再犯率48.9%! 覚せい剤取締法違反者の共通点と司法の問題
【第3回】強姦事件の8割以上は屋内で発生!! 被害を未然に防ぐヒミツとは?
【第4回】知っておいて損はない 判例の少ないネットによる名誉毀損について
【第5回】犯罪者に魅かれるオンナたちの心理




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週