>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 特別編4

知っておいて損はない 判例の少ないネットによる名誉毀損について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

41ErB2Ylo4L._SS500_.jpg
*イメージ画像:『名誉毀損の法律実務 第2版』 著:佃 克彦

 天気の良い休日。昼にのんびり起き出して、何気なくパソコンを起動する。いつものようにネットをチェック。もし、そこにあなたの悪口がびっしり書かれたホームページをいくつも発見したら、どうする?

 気持ちのよい休日が一転、地獄の始まりだ......。

 今回は名誉毀損、中でもまだ判例の少ないネットによる名誉毀損について取り上げることにする。

 名誉毀損罪は刑法第230条。「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。」とある。刑法をはじめとする法律用語はおおむね分かりづらく、これも読んだだけではなんのことやら、だ。解説すれば、まず事実とは人の社会的評価を害するに足りるモノであり、内容の真偽は問わない。また、公知の事実であるか非公知の事実であるかということも問わない。

 数年前に傍聴した名誉毀損裁判では、昔の勤め先を解雇されたことに立腹した男が、経営者を中傷するブログを100以上も立ち上げたとして裁かれていた。


 ただ、このように公判請求までされてしまう例はごく稀だ。東京地方検察庁への情報公開で入手した平成21年「被疑事件罪名別月表」によれば、東京地検における名誉毀損の受理数は年間702件。そのうち起訴(公判請求)はたったの6件。略式命令は同じく年間6件、不起訴は71件(理由は不明)。また、これらの数には当然ながらネットの名誉毀損でないものも含まれている。ということで、ネットを用いて他人の名誉を毀損してもなかなか起訴までいかないということが分かる。

 たとえば、あなたが駆け出しのライターをやっていたとする。あなたの記事が気に食わない、と思ったナゾの人物が、あなたに対してのあることないことを、ネット上で匿名で書きまくったとするとしよう。「あいつはネットで殺害予告をしている」「自分のウンコを食べている」「妖怪みたいな顔。地獄に堕ちろ」こんな類いの文言だ。ページ数は100程。著作についての評価であるならば、理解はできる。しかし、これは単なる誹謗だ。動機は色々推測できるも、判然としない。困ったことだ。しかし、これを名誉毀損として事件にしてもらうのは現在のところほとんど不可能。警察には被害届さえ受け取ってもらえないだろう。

 この手の輩は直接攻撃をしてこない。あくまでターゲットの評判を落とすことが楽しいのだ。また、下手に相手をすればもっと喜ぶ。ネット上では何もしないほうがよい。かといって、収まる気配もない。

 誹謗中傷に疲れたあなたが知恵を絞って、警視庁のハイテク犯罪対策総合センターに電話をかけて相談したとする。するとこう言われるだろう。「これは確かにひどいイヤがらせですが、あなたに毀損されるだけの名誉があるかどうかが問題になりますね」。有名人でなければ警察は動かないのである。

「とりあえず所轄の警察署に相談してみて下さい」こうハイテク犯罪対策総合センターの人に促され(いわゆるタライ回しだ)、近所の警察署に行ってみたとしよう。いかにもインターネットに明るくなさそうな刑事が相談に乗ってくれるだろう。あなたが相談した内容を、真剣にノートに書き写してくれている警察官。ノートを覗き込んでみたら"ブログ"を"プログ"と書き間違えている......。プログって何だよ。全然頼りになんないじゃん......。

 そして二カ月返事を待たされた挙げ句、警察に呼び出されて「あなたの件は名誉毀損に当たらないです」と言われて終了だ。

 冒頭に出した名誉毀損の刑事裁判のように、被疑者が逮捕され公判請求までいく例は、本当に稀なのだ。

 ただ、諦めるのはまだ早い。他にも方法はある。

 大手検索サイトを運営する会社に対して、あなたがアタマを悩ませているウェブページを検索結果に表示させないよう申し入れる方法もあるし、民事訴訟を起こす方法もある。ただ、民事訴訟を起こすためには、まず相手方の氏名と住所を特定しなければならない。そして、そのためには匿名の書き込みの発信者が誰かという事を問い合わせる(ブログ運営会社やウェブサービスを提供している企業に対して)必要がある。

 よし。問い合わせてみよう。

 希望を持って書面を送付。だが、そんなあなたには数カ月後にその企業から間違いなく「ユーザー(書き込みをしている人物)のプライバシー保護の必要性から、回答致しかねます」と素っ気ない返事がくる。発信者情報を開示してもらうのは一筋縄ではいかないのだ。あなたの名誉は守られないが、書き込みした人のプライバシーは大事にされるという不条理を味わうことになるだろう。

 ネットというメディアが普及、多機能化して、誰しも気軽に情報を発信できるという世の中になった。しかし、ネット上で守られているのはおおむね発信者の情報と、有名人や企業の名誉だ。中途半端な一般人が真偽不明な情報を匿名の第三者から流され、アタマを悩ませたり迷惑をこうむったとしても、今のところ泣き寝入りするしかない。警察はまだ、思っている程ネットに明るくない。また、何か大きな事件に発展しない限りは、手抜きをする。桶川ストーカー殺人事件が起きて初めて、ストーカー対策に本腰を入れ始めた過去からも分かるだろう。

 この例え話は実話だ。

 筆者は今、地獄の一丁目にいる......。

 その後の流れとしては、企業に対して発信者情報開示請求訴訟を起こし、勝訴して初めて、相手方の住所氏名が分かる。そして改めて、その相手方に対して民事訴訟を行う、という二段構えになるが、まだ、そこまでする元気と財力はない。

 SNSで知り合ったあの人、こないだの飲み会にいたあの人、アナタの周りの誰かが突然怒り狂ってネットに罵詈雑言を書き連ねるかもしれない。このようなことは誰にでも起こりうるし、ウェブがどんどん身近なものになるにつれ、増加していく可能性が高いだろう。
(文=高橋ユキ)

『名誉毀損の法律実務 第2版』 著:佃 克彦


ネット時代に則したものも今後出てくる?

amazon_associate_logo.jpg

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件
【第20回】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
【第21回】出会い系にご用心! カノジョの『告白』にキレた男が取った行動とは?
【第22回】川崎通り魔事件・被害女性が語る犯行時の恐怖
【第23回】「客として会うのは嫌。他の客と同じなのもイヤ」デリヘル嬢殺害・死体遺棄事件
【第24回】仕事も信頼も失う恐怖 元オリンピック選手による覚せい剤事件
【第25回】憧れていた日本への落胆が殺害の動機に!? 中国美女による殺人未遂事件
【第26回】「ネコに話したことが世界に筒抜けだから、組織的な犯罪」精神鑑定の基準は?
【第27回】「総菜3点」万引きした女医 事実はAVよりも奇なり
【第28回】「パンツの中に手を入れた認識はない」電車で痴漢したイケメン
【第29回】「やってない」という証明は本当に難しい 明日は我が身、スリ未遂罪裁判
【第30回】"見た目が派手だからすぐヤレるだろう"イケメン双子による集団準強姦未遂事件
【第31回】不倫相手の出張中に他の男とセックス、一転レイプされた! 虚偽告訴罪で逮捕

<特別編>
【第1回】年金だけじゃない老人問題! 高齢者による無銭飲食犯罪の増加
【第2回】再犯率48.9%! 覚せい剤取締法違反者の共通点と司法の問題
【第3回】強姦事件の8割以上は屋内で発生!! 被害を未然に防ぐヒミツとは?




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週