>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 特別編2

再犯率48.9%! 覚せい剤取締法違反者の共通点と司法の問題


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

519VHh3260L._SS500_.jpg
*イメージ画像:『覚醒剤大百科』 データ・ハウス

 数年前のこと、某フェスの喫煙所で、明らかにタバコじゃないものを吸ってる男がいた。気分が良くなっちゃってるのも手伝ってか、周りの人たちに「吸いますか~?」なんて、ワルっぷりアピールをしている。かっこ悪くてこっちが赤面しそう......。

 フロアに移動すれば、明らかに酒じゃないだろう、と疑うくらい、すさまじいテンションで踊りまくる男の子もいて、なんというか、違法薬物ってもうかなりカジュアルなモノなんだな、と思い知らされた。

 そんな気軽な存在に成り下がってることもあってか、薬物犯罪、なかでも覚せい剤取締法違反の再犯率はものすごく高い。チャンピオンの窃盗罪と僅差で堂々の2位である(平成19年犯罪白書より)。

 しかも再犯までの期間が短いのも特徴だ。実に48.9%、約半数が2年以内に再犯を犯しているという。見つかるまでが2年以内というのだから、裁判が終わって再び使用するまでの期間はもっと短いと思われる。

 覚せい剤取締法違反は初犯かつ単体で裁かれると、ほとんどが執行猶予となる。相場は懲役1年6カ月、執行猶予2~3年ぐらいだろうか。執行猶予期間中に別の罪で逮捕起訴され、懲役刑を受けると、猶予されていた懲役刑が加算される。この場合だと、1年6カ月、上乗せされるのだ。

 犯罪白書によれば約半数は2年以内に再犯を犯しているのだから、執行猶予が取り消され、初犯のときの懲役刑が上乗せされているのだろうと推測できる。

 東京地方裁判所でも開廷表(その日の時間割のようなモノ)を見れば、どんな季節であろうと覚せい剤取締法違反の裁判は行われている。しかも法廷に入ってみると、本当にかなりの確率で、再犯者だったりするから驚く。ところでこの覚せい剤裁判(再犯)の被告人というのは、見たところ、雰囲気が共通していることが多い。実年齢よりもかなり老けて見え、また、シャベリもトロい。「薬物とは今後縁を切ってぇ~」と、もはやそのセリフ何度目だ? と思われるような熱意のない供述を聞いて切ない気分になることもしばしばだ。

 ご存知の通り、覚せい剤は常習性がハンパない。裁判で被告人たちが語ってきた話によれば、頭がスーッとするし、寝なくてもすむようになる。ただその後、それまでのハイテンションのツケが一気にきて、そのためまた覚せい剤を使う......というサイクルになる。実際には使用によって一時的に中枢神経が麻痺し、痛みや疲れが取れると錯覚するだけのことである。副作用はかなり深刻で、使い続ける事により慢性の幻覚妄想状態、意欲低下、引きこもりなど、統合失調症の陰性症状のような症状を呈することもあれば、静脈注射により肝炎などのリスクが高まる。

 芸能界でも田代まさし、清水健太郎を筆頭に覚せい剤で逮捕される有名人は後を絶たない。社会的信用を失うと分かっていても手を出してしまうのだから、その中毒性はすごい。

 失うものは社会的信用だけではない。

 2008年4月、東京都江戸川区の女性(19)が行方不明となった。直前に知人女性に「亀戸で男の人に会う」と言い残しており、その後「覚せい剤を打たれた、助けて、殺される」と友人や家族に連絡が入っていた。この亀戸で落ち合い、一緒に覚せい剤を使ったとされるのが塩野直樹(逮捕当時26)だ。ネットの掲示板で「一緒に冷たいのを決めない?」と女性を誘い出した。この事件、ナゾが多いが塩野は「峠で休憩していたら急に暴れだして車を出て行き、捜したが見つからなかった」と述べている。

 結局、女性の行方不明事件では罪に問えず、塩野は覚せい剤取締法違反違反のみで裁かれ、執行猶予判決を受けた。女性の行方は今も分からない。

 また07年には、町田市の団地で女子中学生が重体で見つかる事件が発生。尿からは薬物反応が出ており、団地に住む男(39)は「自分が少女に薬物を打った」と供述。のち少女は死亡した。

 リアルに人間でなくなってしまうということを、カジュアル薬物利用者はもっと肝に銘じた方がいい。

 と使用者側についていろいろ言ってみたが、司法にも問題はあるだろう。先にも書いた通り、なぜか覚せい剤取締法違反の初犯はだいたい執行猶予。これはおそらく薬物使用者には常識となっているはずで、一度捕まっても大丈夫、というアタマがあるのだ。もう、一発目から実刑、とすれば少しは抑止力になるとは思うのだが......。
(文=高橋ユキ)

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

『刑務所で楽しく暮らす方法』


時代が時代なら発禁?

amazon_associate_logo.jpg

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件
【第20回】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
【第21回】出会い系にご用心! カノジョの『告白』にキレた男が取った行動とは?
【第22回】川崎通り魔事件・被害女性が語る犯行時の恐怖
【第23回】「客として会うのは嫌。他の客と同じなのもイヤ」デリヘル嬢殺害・死体遺棄事件
【第24回】仕事も信頼も失う恐怖 元オリンピック選手による覚せい剤事件
【第25回】憧れていた日本への落胆が殺害の動機に!? 中国美女による殺人未遂事件
【第26回】「ネコに話したことが世界に筒抜けだから、組織的な犯罪」精神鑑定の基準は?
【第27回】「総菜3点」万引きした女医 事実はAVよりも奇なり
【第28回】「パンツの中に手を入れた認識はない」電車で痴漢したイケメン
【第29回】「やってない」という証明は本当に難しい 明日は我が身、スリ未遂罪裁判
【第30回】"見た目が派手だからすぐヤレるだろう"イケメン双子による集団準強姦未遂事件
【第31回】不倫相手の出張中に他の男とセックス、一転レイプされた! 虚偽告訴罪で逮捕

<特別編>
【第1回】年金だけじゃない老人問題! 高齢者による無銭飲食犯罪の増加




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週