>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 特別編1

年金だけじゃない老人問題! 高齢者による無銭飲食犯罪の増加


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

51Bj50sSb2L.jpg
*イメージ画像:『瘋癲老人日記』 DVD

 さいたま地裁での傍聴のため、浦和に行ったときのことだ。午後からの審理にそなえて、腹ごしらえをしようと駅前のファミレスに立ち寄った。ランチタイムのため店は大混雑。席は若干空いているが、店員の数が足りないようだ。入り口前に何人かお客さんが並び、店員に案内されるのを待っていた。

 その後ろに並んでいると、店の奥から食事が終わったと思われるおじいさんが出てきて、会計のためレジ前へ。その後ろから、連れのような歳の近いおばあさんがノソノソと歩いてきて、筆者にぶつかり、店を出て行った。

 老夫婦が食事を済ませ、おじいさんが払うので先におばあさんが店を出たのかな? と思いきや、違った。2人は連れではなかったのだ。

 やっと店員に案内されテーブルにつくと、斜め前には、空になった食器と伝票が載っているテーブルが。トイレにでも行ってるのかと思いきや、いっこうにその席の主が戻って来る気配はない。店員もそわそわし始めた。

筆者 「もしかして、そこの席に白いダウンを着たおばあさん、座ってました?」
店員 「そうなんですよ」
筆者 「さっき店を出て行きましたよ。別の客の連れだと思ってたんですが」
店員 「あら! やられちゃったかしら......」

 結局、その席に座っていたおばあさんが戻って来ることはなかった。

 他の客が出るときに、連れを装って出るという手口。手慣れた感がある。このように、うまいことやって検挙を免れている高齢犯罪者を目の当たりにした驚きはデカかった。

 平成22年度版犯罪白書によれば、65歳未満の年齢層においては、一般刑法犯検挙人員は、最近になり減少傾向を示すようになったものの、65歳以上の高齢者の検挙人員は、上昇傾向が続いている。グラフを見れば、特にここ10年の増加が顕著だ。

 もともとの人口比率の影響もあるのだろうが、高齢者の一般刑法犯検挙人員の人口比は他の年齢層より相対的に低い。が、平成20年における高齢者の検挙人員人口比は、平成10年の30~49歳、50~65歳の検挙人員人口比よりも上回っており、平成元年と比較した場合は、約3.7倍に上昇している。特に近年の高齢犯罪者の増加の勢いは、高齢者人口の増加をはるかに上回っているという。

 確かに裁判所では、無銭飲食(無銭飲食は詐欺罪に該当する)や窃盗の被告人に高齢者が目につく。先日もふらっと法廷に入ってみたら、被告人は65歳、住所不定&無職のおじいさん。出所して一カ月経たないうちに、そば屋で天丼、瓶ビールなどをタダ食いして逮捕された。ちなみに出所時に手にしていた報奨金の3万円は、競輪やカプセルホテル、タクシーなどであっという間になくなり、事件当時の所持金は30円だった。

 動機については「おなか空いてたんで......歩いてたから」とシンプル。

 犯罪の抑止力となるはずの懲役さえも「刑務所は8回も入ってるんで、辛いと思わないね~」と余裕。実際、ホームレスにとっては、三度の食事と屋根のある刑務所が魅力的に映るようだ。

 前年の平成21年度版犯罪白書では、高齢者による犯罪の実態とその処遇について特集が組まれている。その中で高齢者窃盗事犯者の動機・原因について調査がなされており、そのトップ3は、男性で「生活困窮」「対象物所有の目的」「空腹」。食べるのに困っての犯行が主であるということだ。ところが女性では「対象物所有の目的」「お金を使うのがもったいない」「生活困窮」という順。節約のために金を払わずにモノを手に入れたい、という動機が主となる。とはいえ、そもそも検挙人員の男女比は2:1と男性の方が断然多いため、やはり主な動機は生活困窮であると言える。

 そろそろ団塊世代が退職する時期がやってくる。65歳以上の高齢者の増加に伴い「現在よりもはるかに多数の高齢新受刑者が生まれるおそれがある」と犯罪白書でも危惧されている。介護と年金ばかりが、老人問題ではないのだ。
(文=高橋ユキ)

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

『禁断介護 老人の加齢臭に興奮する変態嫁』


老人の性についても考えなきゃね

amazon_associate_logo.jpg

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件
【第20回】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
【第21回】出会い系にご用心! カノジョの『告白』にキレた男が取った行動とは?
【第22回】川崎通り魔事件・被害女性が語る犯行時の恐怖
【第23回】「客として会うのは嫌。他の客と同じなのもイヤ」デリヘル嬢殺害・死体遺棄事件
【第24回】仕事も信頼も失う恐怖 元オリンピック選手による覚せい剤事件
【第25回】憧れていた日本への落胆が殺害の動機に!? 中国美女による殺人未遂事件
【第26回】「ネコに話したことが世界に筒抜けだから、組織的な犯罪」精神鑑定の基準は?
【第27回】「総菜3点」万引きした女医 事実はAVよりも奇なり
【第28回】「パンツの中に手を入れた認識はない」電車で痴漢したイケメン
【第29回】「やってない」という証明は本当に難しい 明日は我が身、スリ未遂罪裁判
【第30回】"見た目が派手だからすぐヤレるだろう"イケメン双子による集団準強姦未遂事件
【第31回】不倫相手の出張中に他の男とセックス、一転レイプされた! 虚偽告訴罪で逮捕




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週