>   > 

「もう一緒に仕事をしたくない」女性タレントも!! CMギャラランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  ,  ,  

cm5000man.jpg
※画像左上から時計回りに、DVD『少年メリケンサック』、フォトエッセイ『夢の続き』、フォトブック『仲間由紀恵』、フォトエッセイ『カンタビ』

 16日発売の「FLASH」(光文社)が、大手広告代理店の作成したタレントCMギャラランキングを公開している。2010年度下半期の最新版だという同ランキング、上半期と比較して暴落したタレントもいれば、上昇傾向にあるタレントもいる。一方で、「一緒に仕事したい・したくない」タレントたちの名前も独自に調査したというのだが――。

 1位は同額5,000万円で7人。CM1本に出演するだけで5,000万......庶民の年収の十数倍を稼いでしまうというのだから、あらためて驚きである。その"価値"を持つ女性タレントは、篠原涼子、菅野美穂、仲間由紀恵、宮崎あおい、吉永小百合、黒木瞳、そして安室奈美恵の7名だ。安室はロンドンブーツ1号2号の田村淳と熱愛・破局報道で騒がしい一年だったが、広告業界における彼女の価値は変わらずに済んだようである。菅野や篠原、宮崎は「一緒に仕事をしたいタレント」にも名前が挙がっており、広告効果のみならず現場での人当たりの良さや真剣に仕事に取り組む姿勢が評価されている。

 以下、藤原紀香が4,500万円。小泉今日子、柴咲コウ、天海祐希が4,000万と続く。驚いたのが、同じく4,000万円のギャラがつけられている歌手の西野カナである。「ケータイ世代のカリスマ」として代理店からも崇められており、お買い得感を表す「キャスティングお勧め度」は★5つだそうだ。デビューからわずか2年、弱冠21歳でこの評価とは恐れ入った。その一方で、かつて歌姫として名声を得た浜崎あゆみは、5,000万円から3,000万円に大幅ダウン。この価格帯には、AKB48や堀北真希、新垣結衣、吉高由里子など若手アイドル・女優がひしめいている。CM女王の上戸彩も、ギャラは1本3,000万円だ。

 そんな数千万プレイヤーにこれから追い上げをかけようとしているのが、まだ1本数100万円の安値で出演交渉のできる売り出し中のタレントたち。先日、映画監督との結婚を発表した満島ひかり、アイドル声優・平野綾、"ハロプロの最終兵器"真野恵里菜らのギャラは500万円だ。逆に、長く芸能界にいるわりにはCM契約数が伸びず、ギャラも上昇しないのがグラビアアイドルの面々。安田美沙子、ほしのあきは前出の新人枠と同額の500万、原幹恵、磯山さやか、川村ゆきえなどグラドルとしてはベテランだがギャラは1本300万円に設定されているという。

「グラビアアイドルとしての活動が長いほど、CMには起用しづらくなります。綾瀬はるかのように、駆け出しの頃に水着グラビアをやっていたが今は清潔感のあるイメージで女優業を頑張っている、というのなら問題ないのですが......。やっぱりCMは男性だけでなく女性や年配の方にも好感度を持ってもらう必要があるので。逆にモデル出身のタレントは男女共に高い支持を得やすく、使いやすいですね。演技力に乏しく、女優として大成しないがためにギャラを下げられていったモデル出身タレントも多いですが」(CM制作現場関係者)

 タレントと一括りにしてもグラビアにバラエティー、ドラマや映画、歌手業など、さまざまな仕事内容があるが、所属芸能事務所として金銭的にもっとも"オイシイ"のはやはりCM契約。そのために、男女交際を禁止したり積極的なイメージ戦略を打ったり奮闘しているのだ。だが、苦労してCM契約にこぎつけても、その制作現場での態度が悪くスタッフに嫌われると、当然ながらいつしかお声がかからなくなってしまう。「FLASH」でも最後に「一緒に仕事をしたくないタレント」としてイニシャルとその理由を挙げている。そこには宗教色の強すぎる女性お笑いタレントHや、スキャンダル女優Sなど、業界内ではよく名前の挙がるお馴染みのメンツが多いが、最近評判を落としているのは若手女優に多い、と前出関係者は言う。

「テンションの浮き沈みが激しいことでスタッフに敬遠されがちなU、最近徐々にCMが増えてきたものの、関西時代の素行の悪さで未だに警戒されているTなんかは、大物女優気取りも甚だしい、という声が聞こえてきますね。三十路タレントになれば、多少の恋愛ネタではクライアントも動じませんが、まだ彼女たちは20代前半なので今後スキャンダルが噴出すればギャラ暴落もあり得る。食品関係や安全・安心をウリにする保険などの商品には、これからも安定株の4,000~5,000万クラスのタレントが起用されていくでしょう。高い女性人気を必要とする化粧品も同様ですね。その一方で、近頃爆発的に増加したケータイゲームなどの娯楽商品のCMには、新人や多少ヤンチャなイメージのあるタレントでも起用のチャンスがあるでしょう」(前同)

 長年、CMギャラでトップに近い位置(7,000万前後)をキープしていた松嶋菜々子も、現在は2,800万円にまでランクダウン。安定人気の菅野美穂や仲間由紀恵も、結婚や出産を機に露出を抑える可能性もある。来年にはCM業界での女優・タレント勢力図もガラッと変化しているかもしれない。

『NUDITY 菅野美穂写真集』


今も売れてます。見たことない? 嘘でしょ?

amazon_associate_logo.jpg

CM NOW (シーエム・ナウ) 2010年 11月号


川口春奈ちゃんは(所属事務所のゴリ押し込みで)キテますよね~

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週