> 

プロデュースする"おバカタレント"が大ブームとなるなど、ここ数年絶好調だった島田紳助(54)の勢いに陰りが生じている。2004年に、所属先の吉本興業の女性社員に暴行を加え怪我をさせた事件が、今年9月にようやく決着。


枕投げって分かるよね? 修学旅行恒例のアレ。で、枕投げが枕での殴り合いに発展したことも経験したことあるよね? もし、その枕のひっぱたき合いを女の子がした...

続きを読む

月刊誌『Chuッスペシャル』(ワニマガジン社)2010年12月号(10月30日発売)に、興味深い特集が掲載されている。タイトルは「洗脳セックス」。脳機能...

続きを読む

2008年12月、自宅にて謎の死を遂げた飯島愛(享年36)。死後数日経ってからの発見だったこともあり、当時は死因について憶測が飛び交った。翌年2月になっ...

続きを読む

続きを読む

発売前から話題だった元ミスマ○ジンのほしのあすかちゃんの記念すべきデビュー作。「世界一の恥じらいアイドル」の二つ名を掲げてデビューしたあすかちゃん。自他...

続きを読む

11月25日未明、東京都港区の飲食店で暴行事件の被害にあったとされている市川海老蔵(32)。全身打撲に頬骨の骨折など大怪我を負った海老蔵は、28日、よう...

続きを読む

今月22日、小学6年生の女児に対して「裸の画像を(携帯電話にメールで)送れ。送らないと学校名をばらすぞ」と要求したとして大阪府の無職、中井良容疑者(23...

続きを読む

続きを読む

2010年の夏、勤労意欲溢れる19歳の少女と出会った。Rちゃんの書き込みを発見したのは筆者愛用サイトのアダルト掲示板内の「スグ会いたい」カテゴリー掲示板...

続きを読む

これは絶対反則。もうね、可愛すぎて反則。普通にしてても可愛い大沢美加ちゃんが、朝から半泣きで迫ってきて、「お兄ちゃん大変!! オチ●チンが腫れちゃってる...

続きを読む

続きを読む

グラビアアイドル時代には、今でこそ芸能人が話す定番となった都市伝説「小さいおっさん」や「妖精さんが見える」などおかしな発言を繰り返し、不思議キャラで一躍...

続きを読む

前回も少し触れた映画『それでもボクはやってない』は痴漢えん罪をテーマにした作品だ。世間的には〈痴漢はえん罪に巻き込まれる可能性がある〉という認識が生まれ...

続きを読む

緊急停止したエレベータの中で男はただ1人。四方八方どこを見てもギャル、ギャル、ギャル......。パッケージをご覧いただいただけでも、突き刺さるような視...

続きを読む

続きを読む

水着の種類はいろいろあれど、フェティッシュな気持ちをビンビン突っつくなら、競泳水着しかあるまいっ! ......異論は認めますけど、とりあえず脇に置いて...

続きを読む

32年振りのメダル獲得に日本中が沸いた2010女子世界バレーだったが、すでに恒例の感もあるオフィシャルサポーターへの非難や苦情は今回も健在だった。そして...

続きを読む

たった一度のあやまちが、数珠つなぎの不倫の連鎖を生んでしまった......。本作は、たった一度、義理の息子とのセックスを許したために、次々と不倫を重ねる...

続きを読む

続きを読む

2000年、第5回東宝シンデレラオーディションにて、35,153人の中からグランプリに選ばれた長澤まさみ(23)。グランプリ受賞当時は12歳(小学6年生...

続きを読む

AVのカテゴリーに「熟女もの」というジャンルが定着して久しいが、それでも、30代で単体女優の肩書きをゲットできる女優は、数多の女優の中でも、ごく一握り。...

続きを読む

2008年11月、レイフルからリリースされた『EIGHT』でデビューした南乃花。着エロアイドルの中ではトップクラスの可愛さでありながら、やることは非常に...

続きを読む

大晦日の「第61回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表されてみると、アイドル戦国時代枠どころかK-POP枠すら存在しなかった。本連載でも「『アイドル戦国...

続きを読む

人前に出ると、どうしてもあがってしまう。とくに見ず知らずの女性に話しかけられたら、うつむいて黙ることしかできない......。そんな対人恐怖症の方に朗報...

続きを読む

続きを読む

芸能人そっくりさんブーム真っ只中のAV界に、遂にネット界の国際的アイドル、ベッキー・クルー●ル似のブロンド美少女が降臨。サラサラの金髪につぶらな瞳、長い...

続きを読む

続きを読む

「やっぱり......」多くの関係者からため息が漏れた。今年7月、テレビ放映までした盛大な結婚披露宴を行った歌舞伎俳優の市川海老蔵(32)が、泥酔した挙...

続きを読む

中国四川省にある、攀枝花市第二人民医院の調査データから、「剃毛中の勃起を防ぐには、世間話をすることが有効」と発表された。16歳~60歳の正常な勃起機能を...

続きを読む

続きを読む

世の中というものは、バランスで成り立っています。仕事と私生活、支出と収入、本音と建前......などなど。でも一番重要なのは、女の子のボディのバランス!...

続きを読む

今年売れに売れた、話題の素人作品「美人すぎる~」シリーズに新展開が! なんと、AV出演を果たした美女たちのアフターを覗いてみようということで、再度出演交...

続きを読む

今年10月頃から「離婚間近」とウワサされ、11月に入り報道が過熱しているダルビッシュ有・紗栄子夫妻の夫婦問題。当初は「ダルビッシュの浮気が原因」という見...

続きを読む

若手実力派女優として頂点を極めている綾瀬はるか。実は彼女、04年頃まではグラビアアイドルとしても活躍しており、B88cm W61cm H91cmの均整の...

続きを読む

有名税、という言葉がある。テレビや映画の世界に身を置いて金を稼いでいる芸能人たちは、有名であるがゆえの損をしても、多少はしょうがない。税金みたいなもんだ...

続きを読む

80年代後半のアリスJAPANにおける最大の看板シリーズが「フラッシュバック」だった。  「フラッシュバック」シリーズは1987年6月に発売になった冴島...

続きを読む

憧れの小倉奈々ちゃんがここにいる!?  3DAVが発売されてわずか半年。その進化は凄まじいことになっていると聞き、MAX-Aさんにお邪魔して映像を見せて...

続きを読む

続きを読む

元モーニング娘。で、一番の出世頭と言えば辻希美だろう。杉浦太陽と突然のデキちゃった結婚にもかかわらず、仕事復帰後も出産前と変わらぬかわいさで「かわいいマ...

続きを読む

お高く止まったら、そこで試合終了ですよ――。そう言葉をかけたくなりました。NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』でヒロインを務め、女優の道を踏み出した九...

続きを読む

大卒者の就職率が遂に60%台になってしまったというニュースが流れている最中、偶然にも凄い作品を見つけてしまった。 なんとこの作品は、とある美容関連メーカ...

続きを読む

続きを読む

年末の風物詩である「日本レコード大賞」(以下、レコ大)。第52回目となる今年も、大賞候補となる優秀作品賞などがすでに発表されている。だが、かつては商業音...

続きを読む

動ナビブログ×メンズサイゾーの連動企画!日本最大級のエロ動画サイトから、メンズサイゾーが選んだ旬のエロ・おもしろネタをお届けします★

続きを読む

続きを読む

先日、「性行率100%」という言葉がネット上で話題になった。性行とはすなわちセックス(性交)のことを指すと思われ、また同時に「性交の成功」という二重の意...

続きを読む

続きを読む

「三高」という、いまいましい言葉がある。「高収入」「高身長」「高学歴」の3つがそれで、「女性が結婚相手に望むもの」として語られていた。対義語はというと「...

続きを読む

続きを読む

非日常を楽しむのがAVの醍醐味! これぞまさに日常ではありえないアンビリーバブルな作品だ。なんと今や国民的AVアイドルとなった麻美ゆまちゃんが、ヌーディ...

続きを読む

続きを読む

女子大生が深夜にちょっとエロいことをすると評判だった人気番組『キャンパスナイトフジ』(フジテレビ系)。その番組中の水着ファッションショーコーナーで、その...

続きを読む

日増しに夕暮れの訪れを早く感じる今日この頃、2010年も残すところ一月あまりとなった。「リーマンショック以降」というなんだか便利な言葉にほだされて、すで...

続きを読む

痴漢で裁かれる被告人には同種の前科がいくつもあることが多い。そして、そのような被告人に限って、過去ブレイクした映画『それでもボクはやってない』の主人公気...

続きを読む

AVに出演する素人娘のレベルが向上し、プロ顔負けの美しい女の子が当たり前のようにざくざくと登場する昨今。それはそれで嬉しいけれど、素人特有の"味"が損な...

続きを読む

続きを読む

上戸彩や米倉涼子などのタレントが所属する大手芸能事務所オスカープロモーション(以下、オスカー)が所属タレントのブログをアメーバブログなどのレンタルサービ...

続きを読む

お尻、脚、匂いなど世の中にはたくさんのフェチがあるけれど、やはり王道はおっぱいフェチであると僕は思うわけです。なぜならおっぱいが嫌いな人がいないと思うか...

続きを読む

「まぁまぁね......。もっと勉強なさい。母さんを満足させるためにね?」 かっこいい......。これが夫に先立たれ、わずか3カ月目の未亡人の台詞とは...

続きを読む

端正な顔立ちに小顔、華奢な身体に似合わぬ巨乳、そして確かな演技力で邦画界を席巻した真木よう子(28)。2008年に結婚、翌年5月に第一子を出産し、今年の...

続きを読む

第5回ポプラ社小説大賞受賞作、水嶋ヒロ(名義は齋藤智裕)の処女小説『KAGEROU』の発売日が12月15日に決定し、書店などでの購入予約も開始された。A...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週