>   >   > 

「はてなランド」即死に見るイマドキ小中学生のSNS事情


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

201010250800.jpg
サービス終了を知らせる、小中学生SNS「はてなランド」

 サービス開始から1週間で長期メンテナンスに突入、そしてその1週間後に閉鎖を迎えた小中学生SNS「はてなランド」。かつて、「周囲の男性を勝手に家畜として登録する」というプライバシー無視のスタイルで物議をかもしたSNS「男の子牧場」が、わずか5日間で運営を停止した事件があったが、それに次ぐ「早死に」ということになった。

 国内SNS最大手のmixiは、参加要件を18歳以上としており、学齢期の児童・生徒は利用できない(もっとも、この要件には有名無実化している部分もあり、現実には中高生のアカウントなども多数存在しているのだが)。そこで、新たなSNSビジネスの裾野として、「小中学生向け」を謳った「はてなランド」を開始したようである。パソコンからだけではなく、Wi- Fiネットワークを介してニンテンドーDSからでも閲覧や書き込みが可能な仕様となっており、そのインターフェースには独自の工夫を見て取ることができる。

 一方で、ネットワーク上でのコミュニケーションに未熟な子どもたちを導いていく上での指針には、充分に成立していたとは言いがたいものがある。たとえばヘルプには、「ともだちとケンカになってしまった場合は、おうちの人や先生など身近で信頼できる大人に相談しよう」といった文言が堂々と記載されており、事実上「丸投げ」の姿勢だった。

 また、規約に違反する投稿を放置していたことも問題視されている。運営中の「はてなランド」では、恋人募集は原則禁止とされていたものの、公然と出会い系のトピックが放置されていたといい、利用する生徒児童の親の立場からすれば、「安心して利用させられるSNS」と言えるものではなかったろう。さらには、年齢を偽って登録する成年のユーザーもいたという。成年から児童への淫行といった深刻な事件が生じる前に閉鎖したのは、次善の決断だったのかもしれない(最善はそもそもこのサービスを開始しないことであるのかもしれない)。

 なお、現在小中学生にもっとも広く利用されているのが「前略プロフィール」だが、こちらはmixiなどの閉鎖型SNSとは異なり、パスワードロックを施さない場合、すべての情報がインターネット上に公開されてしまう。にもかかわらず、この「プロフ」を多くの小中学生が利用しており、プロフが発端となった深刻な事件も何件か発生している。

 都内の中学校で教鞭をとる、40歳代の男性教諭に話を聞いてみた。

「ひところ『学校裏サイト』が問題になりましたが、それが『プロフ』に移行しただけ、というのが実情です。また、パスワードをかけないというのも防犯意識の上で問題ですが、逆にパスワードがかかっていたら、親や教師も立ち入れない空間になるというジレンマがありますね。原則として、『プロフ』のようなサイトは利用してほしくありません」

 今回の「はてなランド」の一件については、

「正直なところ、『子ども向けサービス』を子どもは好みません。ただ、子ども向けサービスだからといって、はらんでいる問題は一緒であり、生徒たちに推奨はできません」

 事件が発生した際に、責任が取りきれないとみてサービスを終了させたであろう「はてなランド」。しばしばニュースで報じられるように、女子中高生の参加するSNSが、世のロリコンたちの「釣り堀」と化している現実もある。「子ども」と「ネットビジネス」をうまく結びつけるのは、まだまだ難しいようだ。

『素人奥さんとヤリたい!4 ~淫乱スケベ妻の裏コミュニティ・SNS編~』

どんなSNSでもこういった一面はある

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週