>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】第24回

仕事も信頼も失う恐怖 元オリンピック選手による覚せい剤事件


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

516X28RR6CL.jpg
*イメージ画像:『オリンピック 栄光の軌跡』DVD

 9月にコカイン所持で逮捕された田代まさしが、覚せい剤取締法違反で再逮捕された。さらに19日には、田代まさしに覚せい剤を売り渡した罪で大阪府の男性(39)も逮捕。服役を経て、もう薬物とは縁を切っていただろうと思っていたが、そうではなかった。仕事も信頼も失い、これからどうするんだろう、と心配にすらなる。今回は、そんな著名人による覚せい剤裁判を紹介しよう。

 かつて「和製コマネチ」と呼ばれた元体操オリンピック選手、中島(旧姓:岡崎)聡子(49)。昨年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、同年5月に裁判が開かれた。なんと5度目の逮捕というから驚きだ。

 法廷に現れた彼女には、当時の屈託のない笑顔、健康的な肉体の面影は何も残っておらず、ガリガリの体にブカブカのカーディガン、目の下には大きなクマ。覚せい剤で裁かれる被告人特有の、異常な肌つやの悪さが際立っていた。

 「間違いありません」と、これまた覚せい剤の被告人にありがちな、何とも言えない気だるい語り口で、罪を認めた。

 覚せい剤8袋、合計約4.3グラムと、末端使用者にしては大量に所持して車を走行していたところ、ウィンカーを出さずに右折したために職務質問を受けた。挙動不審だったことから警察に連行され、車中から覚せい剤を発見されたという。また前日にも西川口の路上で車を停止させ、覚せい剤を吸引していたことが分かっている。

 前回、判決を受けたのは2006年。当日付き合っていた男性Aも一緒に逮捕された。08年8月に出所したが、ほどなくAと同棲を始め、12月からまたも覚せい剤に手を染めていったという。

 所持していた覚せい剤が大量な上、袋それぞれの量もバラバラ。自宅からは、小分けにする道具、秤、未使用の注射器などが押収されている。検察官は中島に売人の疑惑を感じているらしく、こう追求した。

検察官「なぜ、覚せい剤を8袋、重さバラバラに分けたんですか?」
中島「秤が家にあったので......面白くて......以前の、死別した主人が、覚せい剤を売る仕事をやっていて手伝っていたことがあるので......」
検察官「あなたも、覚せい剤売ろうとしていたんじゃないですか?」
中島「それは違います」

 限りなく怪しい。

 また、密売人とどうやって再会したかについてはこう述べた。

「たまたまです......亡くなった主人の知り合いで、向こうから新宿の路上で声をかけてきたので......」

 そんな都合のいい偶然、ホントにあるのかと聞きたくなるし、懲りもせず覚せい剤を注文しているところがすごい。過去の服役はなんだったのか......。

「やめようと思っていました。以前の彼氏とも別れようと思っていたけど、離れていた時間もあるし、もうちょっと話したいと思って......」

 覚せい剤裁判の被告人は、このように、よく分からない言い訳が多い。要するにシャブ仲間という側面もありそうだ。

 証人出廷した息子を前にして「一日も早く更正したい」と涙ながらに誓った中島。しかし、前刑の裁判のときも「子供に胸を張れる生き方がしたい」と更正を誓っていた......。

 判決は懲役3年。

「二度と、裁判所に現れないですむようにしてください。そうしないと、あなたは一生刑務所を出たり入ったりすることになりますよ」

 裁判長のまじめな説諭に強くうなずいていたが、果たして本当にヤメられるのだろうか?
(文=高橋ユキ)

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件
【第20回】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
【第21回】出会い系にご用心! カノジョの『告白』にキレた男が取った行動とは?
【第22回】川崎通り魔事件・被害女性が語る犯行時の恐怖
【第23回】「客として会うのは嫌。他の客と同じなのもイヤ」デリヘル嬢殺害・死体遺棄事件




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週