>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】第23回

「客として会うのは嫌。他の客と同じなのもイヤ」デリヘル嬢殺害・死体遺棄事件


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

51WdsH74dqLZ.jpg
*イメージ画像:『本番高級デリヘル嬢 5 西村あきほ』

 10月19日から、東京地裁でいわゆる「耳かき殺人」の公判がスタートする。昨年の8月3日、耳かき店の従業員だった江尻美保さん(21=当時)とその祖母、鈴木芳江さん(78=同)が、客であった林貢二(42)に刺し殺されたという事件だ。林は江尻さんの生前、たびたび店を訪れ指名を重ねており、交際を求めて断られ、果ては来店禁止にまでなっていたという。相手にされず殺意を抱いたというのが逮捕当時に報道されていた動機だが、公判では何を語るのか。

 店の女性に本気になってしまった......と言えば、2年前にもこんな裁判があった。

 被告人は代古勝之(42)。偶然にも先の林と同年だ。スーツに長身。見た目は普通の冴えない男。代古は2008年の3月、いつも指名していたデリヘル嬢・Kさん(24=当時)を殺害し、遺体を置き去りにしたまま逃走。偽名でホテルを転々とし、金が尽きたところで、交番に出頭し逮捕された。

「離婚してしばらくしてて、人肌恋しくて......」05年にデリヘルを利用したとき、来てもらったのがKさん。これが出会いとなった。代古はKさんを気に入り、以後、頻繁に指名するようになる。

「とても明るく、話し上手な子でした。多いときでは週1回来てもらってた」

 福祉関係の仕事をして貯めていた貯金もあっという間になくなり、アルバイトまで始めながら、指名し続けたという。店につぎ込んだ金額は137万円。そしてこの辺から勘違いが始まった。

「お客とデリバリー、そういう関係、それ以上の深い関係になりたいと考えるようになりました。客として会うのは嫌。他の客と同じなのが嫌だったので、付き合いたいと伝えました」

 このときだけでなく、代古はたびたびKさんに付き合いを申し込んでいるが、軽くかわされ、日々は過ぎた。ただ、他の客よりは親密だったのか、昼間もたまに会ったりしてはいたようだ。

 そして事件直前。「風呂が壊れたから入りたい」とやってきたKさんに代古は、「彼氏いるの?」と切り出す。何度も付き合いを申し込んでスルーされているんだから聞かなきゃいいのに、と思うが、当然ながらKさんの返事は「いる」。

「私としてはホントの気持ち知りたかったので、問い詰めました」が、曖昧な態度を取られ、ついにもう会わない方がいい、という話になってしまった。そして「他の男に触られるのが嫌だったら風俗店をやめる。でも昼の仕事に就くために40万円援助してほしい」と切り出された。

 Kさんはこれまでも代古から4度、計200万円ほど、金を借りていた。

「結構仲良くしてきたのに、金だけの存在だったのかと......。そのうち彼女は帰ると言い出しました。もう、二度と会えなくなる。離したくなかったし、他の男に触れられたくなかった......」

 と、ロープをKさんの首に巻き付け、殺害した。

検察官「つなぎ止めたいから、金を出したんですか?」
代古「助けたいから金を貸しました」
検察官「Kさん以外の風俗嬢を指名しているときもありますね。なぜ?」
代古「ケンカしてるときで......」
検察官「要求を満たしてくれれば、Kさん以外でもよかったんですか?」
代古「違います」

 本人はかなり本気だったらしい。しかしお店で働く女性との関係で「金だけの存在だったのか」と嘆くナンセンスぶり。それを分かってないのは、法廷の中で代古だけだっただろう。サービスを提供してもらう対価として金を支払っている、というそもそものシステムをすっかり忘れてるようだ。そして「他の人に触られたくない」と付き合いを申し込み、金まで貸してしまうなど、さらなる勘違いをしてしまったのだろう。

 サービス業には疑似恋愛がつきものだが、それを割り切って楽しめないと、とんでもないことになる。その辺を割り切れないところは耳かきの林と共通している。その歳になれば、相手が本気か、営業で言ってるのか、区別もつきそうだけど......。経験が少なすぎるのか?

 判決は懲役13年。林には、もっと重い刑が下されるだろう。
(文=高橋ユキ)

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

『世界の下半身経済が儲かる理由―セックス産業から見える世界経済のカラクリ』


風俗はウラ経済界?

amazon_associate_logo.jpg

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件
【第20回】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
【第21回】出会い系にご用心! カノジョの『告白』にキレた男が取った行動とは?
【第22回】川崎通り魔事件・被害女性が語る犯行時の恐怖




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週