>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】第20回

【裁判傍聴】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

41xqazF9iPL._SS500_.jpg
*イメージ画像:『「権力」に操られる検察』 著:三井環

 厚生労働省の郵便不正事件で、無罪判決が下るまでの、元局長、村木厚子氏(54)の苦労は並大抵のものではなかっただろう。「やっていない」ということを証明するのは本当に難しい、と傍聴していて常々感じる。ただこの事件はこれで終わらなかった。証拠品であるフロッピーディスクのデータを改ざんしたとして、大阪地検特捜部の主任検事(43)が証拠隠滅の容疑で逮捕されたのである。検察の組み立てたストーリーに沿うよう、書類の最終更新日時を書き換えたという疑惑が持ち上がっている。

 確かに戦後直後には、国家権力が無理くりな捜査を行ったり証拠のでっち上げなどをして被告人を不利な立場に陥れた事件はままあるが、この21世紀に、しかも特捜が......。事実であればビックリを通り越して呆れてしまう。

 彼らも馬鹿ではないし、むしろエリートなのだから、そんなことがバレたらどうなるか分かっていただろう。自分たちの保身のためなら無実の被告人の人生がどうなってもいいと思っていたのだろうか。と、書いていて思わず怒り気味になってしまう、現職検察官の呆れた事件だが、実は3年前にもあった。

 東京地検刑事部に所属していた元検事(斎藤諭・当時40歳)が、強制わいせつの被害者に無断で告訴を取り下げる書類をねつ造し、有印私文書偽造・同行使などの罪で起訴されたのだ。

 裁判は3年前の10月、東京地裁にて行われた。起訴状や冒頭陳述によれば、当時、東京地検で担当していた強制わいせつの事件があったが、春には札幌地検への異動が決まっていた。また、告訴状の受理から半年経過していることもあり「なるべく処理して転勤したい」と考え、被害者に無断で、さも被害者が告訴を取り下げたかのような書類を作成し、事件を片付けてしまったのである。

 強制わいせつの加害者をそのまま見逃し、被害者の声を黙殺した責任は重いが、法廷の雰囲気は、他の刑事裁判とちょっと違っていた。

 まず情状証人は、斎藤と司法修習生時代の同期だった男性(現在は弁護士)。よく言われる<同期の絆>をいきなり見せつける。

「彼はまじめで曲がったことをする人ではない。他の人の、彼に対する評価も同じ。大変驚いた。
 こういうことが起きた以上、ますます私のような人間が支援していかないと......。同期も同じ気持ちです。
 最後に、友人として。彼は本来こんなことをする人じゃない。彼を支えていく仲間はたくさんいるんだということを分かってほしい」

 情状証人は通常、今後の被告人の更生を具体的にどう手助けしていくのかを述べることが多い。生活の支援だとか、監督だとか、そういったことだ。これが弱いと反対尋問で検察官に突っ込まれるし、刑にも影響する。この証人は「支援」と言うが抽象的だ。が、検察官は突っ込みもしなかった。

 続く被告人質問。こちらも普通の流れだと、まず被告人が弁護人からの質問に答え、その後、検察官が揚げ足を取るような質問をして、被告人がいかに悪い奴かをアピールするのだが、これも、いつもと違った。

 弁護人も悲しそうな顔で立ち上がり開口一番「この場で君に会うのは残念だ......」と感慨に耽り「学生時代、僕が勉強を見たこともあったね。あんなハツラツとした君が......」と昔を振り返る。どうも担当弁護士も、昔からの知り合いのようだ。

 そして検察官からの質問。ここで鋭く切り込むのかと思いきや、

「一言だけ。多くの検察官が悲しく、寂しいと思っていることだけ理解してください」

 とほんとに一言だけで終わった。こちらも弁護人と同じく沈痛な面持ちで、もはや質問でもない。なんだかな~。

「こんな大それた事件を起こしたことを考えると、心について勉強をしなおす必要があると思いました。
 自分は今まで人の心を見てこなかったので、心の勉強をしたい。心にストレス抱えてる人を助ける仕事がしたいです」

 事件を受け、懲戒免職処分となり、職を失った斎藤。今後はどうしていくか、と聞かれ、こう言っていたが、ずいぶんフワッとした話だ。「心」って。これ、普通じゃ具体性がなさすぎるのを理由に、本気の発言じゃないと疑われ、検察官の尋問でガチガチにいじめられるパターンだけど......。

 身内だからって、こんな甘い裁判、ナシだろう。他の被告人がこの様子を見たら、きっと怒るんじゃないか? というくらい、差のある裁判だった。

 冒頭に書いた特捜検事もおそらく、起訴されれば厳しい処分が待っている。そして身内の優しい裁判が待っている。そこで更生への道のりとして、何を語るのか。注目したい。
(文=高橋ユキ)

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

『誰が日本を支配するのか!? 検察と正義の巻』編集:佐藤優、魚住昭

今後検察の信頼が戻ることは...

amazon_associate_logo.jpg

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る
【第19回】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週