>   >   > 

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】第19回

【裁判傍聴】「あなたの子供なのに、どうして!」嫌悪感の極致 不同意堕胎事件


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010092010.jpg
*イメージ画像:『まんがグリム童話 出産と堕胎の歴史編』ぶんか社

「ボクが堕胎させたって言うんですか?」

 逮捕前、ニュースでさんざん流れた映像では、こう言っていたが......。

 東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)の医師だった小林達之助(36)は、2009年1月、妊娠した交際相手に子宮収縮剤を投与して流産させたとして、今年5月18日、不同意堕胎の疑いで逮捕。珍しい罪名であることも手伝って、7月の初公判には傍聴希望者が列を作った。

 で、法廷での小林は苦虫をかみつぶしたような渋い顔で、

「起訴状の通りです......」

 罪を認めた。もうウソは通らないと観念したのだろうか......。声も消えそう。情けないのを通り越してちょっと可哀想になってくる。逮捕前は、いかにもモテ系のちょっとチャラい医師といった風貌だったが、法廷ではその面影もなく、ビシッとスーツで決め、髪の毛も短く刈り揃えていた。

 この日提出された証拠によると、ざっくりした事件のあらましはこんなかんじだ。

 05年、医師として働いていた小林は、出向先の病院で現在の妻と知り合い、交際を始めた。その後慈恵医大に戻り、07年4月、今回の被害者となるAさんを食事に誘い、交際スタート。妻にもAさんにもお互いの存在を隠し、いわゆる二股交際を続けていた。

 08年春、Aさんには「結婚したいと思ってる人がいる、って両親に話したんだ」などと、その気にさせるようなことを言いながらも、同時期に別れ話を切り出された妻に対して結婚の意志を固め、8月にはマンションを購入。09年には入籍する予定でいた。

 かたや、Aさんがその気になると、「親に10億以上の借金があって結婚できない」と諦めさせようとしていた。しかし一度その気になったAさんの意志は固く、付き合いは継続。そんな折、08年の年末、Aさんから妊娠を告げられる。

 「妻との結婚が破談になる」と慌てた小林は、堕ろすようAさんに頼んだが拒否されたため、「認知はするし養育費は払う」と結婚はしない選択肢を告げた。しかし実際問題、彼女が子供を産めば噂が広まり、妻と別れることになってしまう。

 ここで小林は、彼女を流産させるための薬を調べ始めた。そして「担当患者に処方する」とウソをつき、子宮収縮作用のある薬を入手。

 予定通り、09年の元日、妻との入籍を済ませた直後から、Aさんへ「ビタミン剤だ」などとウソを告げ薬を飲ませたり、点滴を投与したりなどを繰り返し、流産させた。

「妊娠を伝えたら『認知はするがいますぐ結婚は無理』と言われ、『将来一緒になることは約束する』とも言われたので、産むことを決意しました。その後『点滴するから』と病院に呼び出されたり、『点滴にお邪魔してもいいかな』と誘いを受けました。シートの錠剤や粉薬も飲まされました。小林からは薬をちゃんと飲んだかしつこく聞かれ、会う度に、体調に変わりはないかとも聞かれました」

 とはAさんの調書。小林の執念が垣間見える。

 赤ちゃんに悪いものを飲ませるはずはない、と小林を信じて服用していたAさんの傷は深く、調書の最後にはこうあった。

「あなたの子供なのに、達之助、どうして......! 私はもう、人を信じられません......!」

 妻も、調書でこう語る。

「許されることではない。その場しのぎのウソをつき続けた生き方に問題がある。夫にも、弱いからこその優しさがあり、そこが好きでした。でも、今後信じていくのは難しい。どう反省するかを見てから決めたい」

 "妻と別れたくない"一心で起こした犯行。さらには世間の耳目に晒され、法廷でうなだれる小林を見ると、完全に道を誤ったな......と、なんとも言えない気分になる。

「人として最大に卑怯だったと思います。ありのままの自分に正直ではなく、逃げて対応していました......。被害者には一生残る傷を残して、申し訳ない......」

 被告人質問では相変わらずの小さな声で、謝罪する小林。

弁護人 「被害者に愛情はあったんですか?」
被告 「愛情とまでは言えるか分かりませんが、尊敬はしていました」
弁護人 「被害者に対して、どう思います?」
被告 「人格的な思いは以前と変わっておりません。ましてや、憎いことはありません。......自分は、これまでの生い立ちの中で、正直に、きちんと認めて行動していくことに、欠けていました。むしろ、そういうことに気づかせて頂いたと。被害者にご迷惑をかけないと気づけなかった。慚愧に堪えません」

 反省のうえに、感謝まで述べる小林。ここまで流暢だと、逆に違和感がある。

 調書によれば「妻との関係があるので、Aさんとは終わらせないと、と思っていたが、周りに言いふらされるのが怖くてずるずると付き合っていた」という。

 なんだかなぁ。じゃあ、その気にさせるようなことを言わなきゃよかったのに。尊敬の気持ちも、本当にあったのか? と聞きたくなるような調書だ。ホントに尊敬してたら、騙して流産させようなんて思いつくだろうか?

 判決は懲役3年、執行猶予5年。二股の結果、今後の人生までも棒に振ってしまった小林。これからどうやって生きていくのだろう......。
(文=高橋ユキ)

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
裁判所で出会った面々と、女だけの傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成し、ブログ「霞っ子クラブの裁判傍聴記」を開設(現在は閉鎖)。書籍は『霞っ子クラブ~娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)ほか、『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社新書)など。好きな食べ物は氷。

◆さすらいの傍聴人が見た【女のY字路】 バックナンバー
【第1回】ホームレスを手なずけ、大家を手にかけたA子のプライドとは
【第2回】動機の見えない放火殺人
【第3回】「呪い殺すぞ」「しっしっしー」二代目騒音オバさん 隣人との土地取引トラブル
【第4回】秋葉原17人殺傷事件:被告人が涙した、女性証人の心の叫び
【第5回】SMプレイの果てに彼氏が死んでしまった元レースクィーン
【第6回】男の奴隷となり、家族を手にかけた女の半生
【第7回】ミイラとりがミイラに!? 元警部補がトリコになったシャブと女
【第8回】SM、女装、シャブに暴力......元NHK集金人の奔放すぎるハーレム生活
【第9回】消火器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋
【第10回】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋
【第11回】遺体をノコギリで切断しコンクリート詰めに! 40代ブリッコ中国女の迷走ぶり
【第12回】「ブサイクな嫁とバカな子と一緒にいればいいじゃん」に激昂! 別れさせ屋事件
【第13回】11の偽名を持ち数年間逃亡した女 レズ殺人事件
【第14回】「合鍵を作って部屋に入ったら、強姦したくなった......」身勝手な殺人
【第15回】セレブ妻バラバラ殺人事件
【第16回】旧皇族・有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件
【第17回】ジャニオタ女の一途過ぎる一方的愛情
【第18回】芸能界に蔓延るMDMAの実態を垣間見る




Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週