>   >   > 

とばっちりか、それともタナボタか!? 「さくらんぼ小学校」事件の顛末


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

201009150800.jpg
私立さくらんぼ小学校制作『妹ペット』より

 ネットで話題騒然となっている、「さくらんぼ小学校事件」をご存知だろうか。事件といっても、小学生が被害に遭ったりしているわけではなく、開校予定の小学校の校名と、同人18禁美少女ゲームソフト制作サークルの名前とがかぶったことから発生している騒動である。

 「果樹王国」を自称する、山形県東根市。

 現在の国産桜桃の主要品種である「佐藤錦」がこの地で生まれ、また桜桃の生産量が全国1位であるため、「さくらんぼ」が市のシンボルである。市内に開業した新幹線の駅は「さくらんぼ東根」と命名され、市の図書館は「さくらんぼ図書館」、開催されるマラソン大会も「さくらんぼマラソン大会」と、さくらんぼという名産品にかなりこだわっている様子。市内の農家の暮らしを支える特産品を、ここぞとばかりにPRしている。スタジアムなどの公共施設の命名権が高値で売買されていることも勘案すれば、大きな経済効果があるものとみることができる。

 そんな東根市だったが、新規開校する小学校に「東根市立さくらんぼ小学校」の校名が内定したことから波乱が勃発。インターネットや即売会でゲームソフトを販売する同人サークル「私立さくらんぼ小学校」と、名前がかぶってしまうという事態と相成ったのだ。

 賢明な読者の方ならばそのサークル名から想像できることだろうが、「私立さくらんぼ小学校」は、小学生風の幼女が登場するアダルトゲームの製作を手がけるエロゲーメーカー。そこで、東根市側から、このことを問題とする声が起こった。

 当初、市長は「(校名を変えれば)アダルトを正当化することになる」と、校名の変更には消極的な姿勢を見せた。

 「さくらんぼにこだわったまちづくりを進めたい」(07年、ウェブサイト『ザ・選挙』上でのインタビューにて)と公言する、同士の土田正憲市長。東根が果樹王国だとすれば、差し詰め「果樹王」となる彼のさくらんぼへのこだわりがそうさせたのかもしれない。

 だが結局のところ、「マニアからのメールが来た」ことに恐れを抱いて、子どもの安全が第一と、校名の変更を決定。「交通事故で向こうからぶつかって来た感じだ」という、負け惜しみに近いコメントを残している。この対応に対し、インターネット上からは、土田市長を批判する声が相次いだ。

・もともと名称を利用していたのは同人サークル側で、ぶつかっていったのは東根市だろ
・学校名をつけるといったような重大な決定を下す際に、あらかじめネット検索すらしないというのは、リスク管理がずさんすぎる
・そもそも、学校名にさくらんぼという発想が幼稚

 一方の私立さくらんぼ小学校(エロゲー)側は、

先方様の学校のご意志が変わらぬようでございましたら、児童の安全を配慮し、サークル名の変更を視野に入れることも考慮しております。(子供や保護者の方々を不安にしてまで、名称を貫こうとは思っておりません)

 と、「大人の対応」。同騒動では、アクセス過多によってウェブサイトの縮小運営を余儀なくされるといった災難には遭ったようだが、数百万に及ぶと思われるサイト閲覧者に対しては、

追伸 私立さくらんぼ小学校のゲーム作品をお知りになりたいのでありましたら、もっとも評判が高かった以下のものをおすすめいたします。

 と、自作ゲームを推薦するような商魂もある様子だ。

 エロゲーを手掛ける同人サークルとしては前代未聞の事件に見舞われた、私立さくらんぼ小学校。同事件最大の被害者であると思われる同サークルだが、同人サークルのサイトに数百万規模のアクセスが集中するということは、あり得ない事態だという。

「サイト上でソフトを販売しているので、アクセス数は直接、売り上げにつながります。うちの場合では、時期にもよりますが、2,000~ 5,000アクセスごとに1本の売り上げにつながっていますが、1日のアクセス数は100未満の弱小サークルですよ。『さくらんぼ』騒動がうらやましいです」(同人ゲーム・シナリオライターの男性)

 今回の事件では、興味本位でのアクセスが中心であること、またサーバーダウンの影響もあり、「私立さくらんぼ小学校」製品を購入するのはごく一部であると推測される。それでも、アクセス数の母数があまりに大きいため、かなりの販促効果があったものと考えてよいだろう。怪我の功名ならぬ、「怪我の校名」というやつか。

 市内の名産品・さくらんぼのPRのために名付けた校名が、赤の他人のエロゲーサークルの売り上げに大きく貢献する結果になったという、何とも皮肉な結末に終わった「さくらんぼ事件」。ネット時代のいま、命名には、これまで以上の慎重さが必要になっているようだ。

『さくらんぼシンドローム 1―クピドの悪戯2』著:北崎拓


北崎さんの第二次絶頂期!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週