>   >   > 

規制されると逆に燃えるよね

テレビで胸・ヘソの露出が禁止に!? 韓国が北朝鮮になる日


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

51DMx4iQ-gL._SS500_.jpg
*イメージ画像:「Genie(初回限定盤)」DVD付

 8月30日に、韓国の新聞社・中央日報が報じたところによると、韓国のテレビ局・SBSの番組「人気歌謡」の製作陣が、同番組に出演する女性グループの所属事務所と交渉し、「胸の谷間を見せない」「ヘソ出しルックはしない」などの合意に至っていたことが明らかになった。局の番組制作陣が衣装に関する放送コードを定めること自体はどの国でもよくあることだが、谷間やヘソまで規制するというのは韓国でも異例のこと。同番組にはセクシー系女性アーティストも出演しており、この合意による衣装の変更があったと考えられている。

 近年では露出度の高い服装も頻繁に見られるようになったものの、ほんの10年ほど前まで、男性歌手のイヤリングや染髪さえ禁止されていたという保守的な韓国の放送業界。関係者からは、「20世紀の基準に逆戻りか」との声も聞こえているという。韓国のような表現規制は、アジアの国では珍しいことではなく、露出度の高い服装の女性がブラウン管に頻繁に登場するのは、日本と台湾くらいのものである。

 とはいえ、中国やインドネシアなどの規制の強い国を商圏として、自由な風潮をウリに成長してきた韓国製コンテンツ。「谷間もヘソもナシ」という基準では、近年本格化しつつある韓流女性アイドルの国際展開にも、かげりが見えてくるものと予想される。国民皆兵の制度の影響もあってか、保守的な地盤の強い韓国の国民性。中高年以上の世代を中心に、ミニスカートへの反感もいまだに強いという。現在では韓国の学校でも日本同様にスカートの制服を採用しているが、日本から見たら不自然なほど丈は長い。

「古くから朝鮮半島では、民族衣装のチマチョゴリが愛されて来ました。欧米発祥のミニスカートは、チマチョゴリの対極のようなデザインなので、主に50代以上の世代から反感を買っているように思えます」(在韓雑誌記者)

 確かにチマチョゴリなら、谷間もヘソも見えることはない。だが、もし仮に韓国のテレビ番組をチマチョゴリが埋め尽くしたとしたら、それはさながら北朝鮮の朝鮮中央放送だ。
民主化以前の韓国で表現規制が厳しかった頃流行していたのは、日本製コンテンツの海賊版だった。自由な風潮によって輸出製品にまでなった韓流コンテンツから「お色気要素」が消滅することは、韓国芸能界の転換点にもなりかねない。

 そもそも韓国には、扇情的な大衆文化を、北緯38度線越しに、北に対して「武器」として利用してきた経緯がある。軍事境界線から、韓国アイドルの歌う流行歌謡を北に向けて放送し、自陣営の表現の自由を喧伝してきたのだ。その点でも今回の「ヘソ出し禁止」は、ジレンマを含んでいるといえるだろう。

「今年に入って日本では『少女時代』や『KARA』など、K-POPアイドルに注目が集まるようになりました。もっとも、広告業界のプッシュも相当激しかったようですけど。韓国で表現規制が強まるとしたら、韓国ではできないセクシー系ダンスの発表の場としても、日本のテレビ界が選ばれる可能性は高いでしょうね」(テレビ情報誌記者)

 韓流熱風に水を差すことともなりかねない、韓国メディアの表現規制の傾向。本国では観られないような過激なパフォーマンスを披露するために来日してくれるのだとしたら、韓流女子アイドルのファンとしては期待がもてるところかもしれないが......。
(文=タコ野パウル)

『少女時代-1st写真集 in Tokyo』(DVD付)


354ページの大ボリューム!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週