>   > 

恫喝寸前シーンも!! 26時間テレビで浮き彫りになった紳助の独裁体制


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

shimadashinsuke0726.jpg

 毎年恒例のフジテレビ『FNSの日26時間テレビ2010超笑顔パレード 絆~爆笑!お台場合宿!!~』が、今年も放送された。7月24~25日にかけ、島田紳助の率いる「ヘキサゴンファミリー」が出ずっぱりで、クイズや三輪車レース、駅伝などの企画に挑んだ。

 日本テレビの『24時間テレビ 愛は地球を救う』と異なり、チャリティー色の薄い「お笑い要素メイン」の番組として人気を誇っていた同シリーズ。「面白くなければテレビじゃない」というフジテレビイズムを根幹に、当初は『24時間テレビ』へのアンチテーゼという意味合いも濃かった。だが、1987年の第1回放送から23年の時が経ち、番組はずいぶん様変わりしてしまったようだ。

 今回のテーマが"絆"ということもあり、メインはヘキサゴンファミリーから選抜された11名のメンバーが交代で「たすき」を繋いで211kmのマラソンを行う「24時間駅伝~絆~」。本番に先駆け、選抜メンバーは事前合宿などでトレーニングを積んできたという。この企画に、総合司会の島田紳助は並々ならぬ思い入れがあるようで、「210キロですよ! そんな走ったら感動するでしょ!」と熱弁、メンバーが走り終わるたびに涙ぐんでいたが、これではまるで、本家『24時間テレビ』のチャリティーマラソンそのもの。苦しみに耐えながらタレントが走り抜く姿は立派だが、その様子を延々中継して「どや! 感動するやろ!」と押しつけがましい態度を見せつけられれば、視聴者も辟易してしまうだろう。もはや、フジテレビは「面白さで笑わせる」ことを放棄してしまったのだろうか。

 それだけではない。昨年に引き続き目立ったのは、紳助の「裸の王様ぶり」である。

「『クイズ!ヘキサゴンⅡ』のレギュラーや芸人など、総勢50名を超えるタレントが出演しましたが、皆、番組を盛り上げようと必死というよりは、紳助さんを"ヨイショ"するのに必死になっていると感じました。特に、25日に行われた『番組対抗ヘキサゴン』のコーナーはそれが顕著でしたね。ドランクドラゴンの鈴木拓が、紳助さんに向かって暴言を吐いてしまったんですよ。一時は現場が凍りつき、"東京03恫喝事件"のようなことがまた起こるんじゃないかとヒヤヒヤしました」(番組関係者)

 件のコーナーは、『クイズ!ヘキサゴンⅡ』でも人気の「行列早抜け!リレークイズ」を、『ヘキサゴン』チーム、『はねるのトびら』チーム、『爆笑レッド』チーム(爆笑レッドカーペット、爆笑レッドシアターの出演者が合体)の3組で行ったもの。各チーム、予選ペーパーテストの上位から順に縦並し、クイズにリレー形式で答えるのだが、『はねるのトびら』チームのアンカーを務めたドランクドラゴン鈴木は、焦ってなかなか正答できない。おまけに、アンカー解答者は司会の紳助が「問題」とコールした後、問題が読み上げられる前に「ヘキサゴン!」と叫ばなければならないのだが、そのルールをよく理解していなかったため、紳助から注意を受ける。すると鈴木は、「そんなの(ちゃんと説明してくれないと)分からない」「底意地悪いな!」と発言。これに慌てたのは、すでに正答し、ひな壇に座っていた芸人たちである。今田耕治が真っ先に身を乗り出して「お前! 紳助さんやぞ!!」と大声を上げると、鈴木の相方である塚地武雅もひな壇を駆け下りて紳助に土下座。なんとか事無きを得たが、果たして土下座して謝るほどのことなのであろうか。

「昨年10月、『オールスター感謝祭』(TBS系)で、東京03が本番前に挨拶に来なかったことに紳助さんが腹を立てて、収録中に東京03のメンバーを恫喝した事件があって以降、若手~中堅芸人の間では、緊張感が張りつめていますよ。紳助さんに対して強い恐怖心を抱いている若手芸人も少なくない。いわゆるヘキサゴンファミリーのように、既に可愛がられているタレントならば大丈夫なのですが、まだ面識のない新人が紳助さんの番組に出演するときはスタッフの間にも緊張が走ります」(前同)

 その緊張感が番組をより良い方向に導いてくれれば良いのだが、一介の芸人が独裁体制を敷いていては、笑えるものも笑えない。出演者やスタッフのみならず、生放送ではお茶の間にまで緊張感が伝わってしまったというわけだろうか。


「走ることについて語るときに僕の語ること」


この人は走りたがり。

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週